「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年7月4日

 この記事は約 11 分で読めます。

☆宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様、

千葉司家 前野会長 ハッピーさん、

いつもお世話になっています。
東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

7/1の第26回教伝会「北辰豊受之活」に参加させて頂きました感想です。

北辰豊受之活では表と裏では全く違う世界になっているという事を様々な形で教えて頂きました!

表と裏のベクトルの差が回転軸が変わる時に予想出来ないものであるという事を見せてもらい、身体の中も表に見えている状態と裏側で起こっている事は違う、そして予想出来ないという事を教わりました。

予想予測してはいけないという事を常々言われていますが、今回のコップや時計で見させて頂いた様に実際に目に見えない内部がどうなっているかというのは分からないという立場で患者さんに接するのが大切になるのだと思います。

実際上手くいかない時に反省すると、どっかでこうだと決めつけてしまっていた事が多いです。

◎指頭の支え

この活法はその場ですぐに変化も出せました。

まだまだ荒い状態であれだけの変化が出ましたので、作法をしっかり行えば更に効果が期待出来るなと今からワクワクしています。

患者さんからしたら何かしらのエネルギー療法としか思えないのではないでしょうか。

また個人的に一条之活をお借りする事が多いのですが、この指頭の支えは凄く似ているなと感じました。

豊受は五穀豊穣という事で、五本指を使いました。

東洋医学では五という数字は特別な意味を持っていますので、妙見活法では五という数字をどの様に考えているのかなというのが気になります。

◎全体を見る

ついつい痛みが出ている局所に意識が行きがちですが、全体を見る事によりどこが裏なのかを見極める事が大事でした。

肩を上げるだけでも全体で見ると様々な場所が動いているのが分かります。

患者さんは嘘をつくというのは、自分の身体をちゃんと認識している人はいないからだという事でしたが、たしかにそうだなと、嘘をつくつもりはないけど分からないんだなと納得しました。

不具合にとらわれてしまっているから抜け出せないだけであって術者は全体を見る事で患者さんが気づいていない裏にアプローチするのが仕事なのだと認識しました。

裏を止めて裏で動かすという活法を教えて頂きましたが、裏を止める事により痛みが出る体勢になれない為痛みが出ませんでした。

痛みが出る道を無くしてから裏で表を動かすと不思議と痛みが無くなってしまいました。

目の前の事象にとらわれず、全体を俯瞰して裏を認識し、治る道づくりをするという今までの教えがきれいに繋がっていました。

毎回思いますが新しい活法を学ぶと以前教わった事の理解が深まり飛躍的に毎回変わってしまいます。

本当に奥が深く毎回頬っぺたを引っ叩かれるような衝撃をくらっています。

◎表裏妙連

裏表がないという事はなく、どんな人でもどんな症状でも必ず表と裏があります。

次元のお話しで面(2次元)は一面に居つくという説明が分かりやすく、立体思考の必要性をまた違った角度から教えて頂いたのだと思います。

どうしても似たような症状だと同じ様な治療をしてしまいがちですが、同じ様に見えても裏側では全く違う事が起こっていると認識するだけでもまた治療の自由度が大幅に上がると思います。

◎授受還元

授受還元の認識がまた新たになりました。

シンプルにベクトルという考え方にすると、授けと受けが全体の中で同時に起こっているのが螺旋でした。

授けと受けが全体の中で同時に存在する事により新たな元に戻っていくのだと思います。

◎心臓止め

脈を診させて頂きましたが始めはかなり強い脈でした。

しばらくしていきなり脈が沈んでとれなくなり少ししてまた脈が浮いてきました。

脈の速さは変わらずいきなり消え、いきなり出てきましたので心臓を止めているというよりは脈を深く沈める事が出来るのかなと感じましたが、どちらにしてもあり得ない凄い事だと思います。

あれは何なんでしょうか?

今回も大変貴重な教えを有難うございました!

☆松本英司先生 静岡県浜松市

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

7月1日に開催された教伝会の感想を送らせて頂きます。

この度も、教伝会に参加させて頂きまして有難うございました。

正伝妙見活法協会教伝会
【妙見豊受之活】

テーマは、
〜北辰の法 表裏妙連〜

授受の関係は、
方向ベクトルはお互いに向き合い、
それは自然界の性質である事を知りました。

授ける→受け取る
授ける←受け取る

横方向に向けられた矢印を
水の入ったコップ越しに見ると反対向きに見えます。

右方向であるし左方向でもある。

視交叉の様に反転している世界。

見えているものが、
果たして真実なのか?

不具合のある所が、
果たして原因なのか?

今回、治療における見立てを学ぶことが出来たと思います。

一門一統では、

千葉司家の子育て方の一部を知りました。

社会に適応する、順応する為に
また、自分で考え応用できる様に、
とにかく労働意欲を持たせる様にさせたとの事でした。

確かに、学生時代からアルバイトをした方が社会に出た時に、
仕事に対して自信が持てると思いました。

自分は、小遣いは中学生までと言われていたので、
中3の夏休みと高校時代、専門学校の頃に、
鳶職、建設現場、ガソリンスタンド、工場、回転寿司などでアルバイトをしていましたが、

どれも、とても良い経験になったと思います。

IT関係や事務の仕事意外は、
どんな仕事でもやっていける自信がつきました。

やりたい仕事に出会えるチャンスも増えると思います。

今、千葉司家から治療を学ばせて頂いて、
やっと治療家の仕事が楽しくなりました。

アルバイトしていて思ったのは、
楽しそうに仕事をしている人がほとんどいない。
ということでした。

皆さん仕事以外の趣味などで楽しい時間を過ごされていると思いますが、

自分は、仕事に楽しみを見いだしたかったので、
楽しそうな仕事を探しました。

その中で、パン職人を選び、
そして現在治療家になりました。

いろいろ波などあったと思いますが、
鈍感なので気付かずにきてしまいましたが、

結果的に自然の流れで治療家になりました。

お陰様で楽しい仕事を生業に出来たので、
とてもラッキーだと思っています。

これも、妙見様の作用に、たまたま運良く乗っかったからだと思います。

不自然な事をしないで、
自然にやって行けばこの先も大丈夫だと不確かな自信があります。

内容からソレましたが、

あまり剃らさないように気を付けたいです。

千葉吉胤妙星司家、

いつも会員の為に
分かりやすくご相伝して下さり有難うございます。
今回も楽しく参加させて頂きました。

前野功妙経会長
いつも会員の為に相伝会開催、運営等、
ご尽力頂き有難うございます。

由利はるな初日司家秘書
教伝会のご準備、進行等
いつも誠に有難うございます。

会員の皆様
この度もご一緒に学ばせて頂き有難うございます。

今後ともよろしくお願い致します。

星伝会統括局長•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸

☆栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

正伝妙見活法協会総本部 D蜜こと栴檀芳之妙乗です。

7月1日に、千葉県船橋市高根木戸駅のライツホールにて、千葉吉胤妙星司家教導されました

第26回正伝妙見活法教伝会 北辰豊受之活 「テーマ~北辰の法 表裏妙連~」でした

表で起こっていることと裏で起こっていることは実は反対のことが起こっているという事実を知りました

円筒形の水の入ったコップで向こうを見ると普通に見えていた状況と反対に写ります

裏表に時計の絵が書いてあるものでは完全に固定概念が間違った予想予測をしておりました

見ているだけでは全く分からず自分で動かしてみてようやく少し頭で処理できるようになりました

それでもっても不思議な現象です

今迄の予想予測はご法度という言葉通り 内部の状態をスケルトン状態でライブ的に見えないし・見たことがないのですから

事実は分からないなかで どれだけ見当違いなことをしているのだろうと思いました

しかしその表裏のベクトルを同一方向に合わせられるのが 北辰豊受之活 でした

体の五気・五行を一瞬で整える法力の相伝でした 勿論内臓治療にも使わない手はないと思いました

また表裏が逆ベクトルという法則を逆手に取った術の相伝も公開されました

どうしても相手の不具合個所・若しくはその周辺しか見ない傾向があるなかで全部を見る大切さを学びました

人間という円筒形の立体物を扱うにはまだまだ無知であることを再確認いたしました

そして物理的な側面からも予想予測の無駄なことを痛感することが出来ました

千葉吉胤妙星司家 このたびも目で見て体感出来る高次元エネルギーの世界の御教示をありがとうございました

前野功妙経会長 開催に先立ちまして諸々のお手配をいただきましてお陰様で無事開催することが出来ました ありがとうございました

由利はるな初日司家秘書 この度も司会進行を務めていただきまして 予定通りに教伝会を

終えることが出来ました ありがとうございました 

会場の準備・撤収作業を手伝っていただきました有志の会員の皆様ありがとうございました 

参加された皆様お疲れ様でした

前野会長補佐 研鑽会統括局長 栴檀芳之妙乗

☆梅原二郎妙順先生 東京都府中市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピーさん
正伝妙見活法協会の会員の皆さまいつも大変お世話になっております。
東京都府中市の梅原二郎妙順です。

7月1日(日)に参加させていただいた教伝会の参加報告を送らせていただきます。

今回のテーマは

北辰の法 表裏妙連
~龍道実証~

でした。

体表と内側はベクトルが逆であることを
今回もアイテムを使って目で見せていただきました。

驚いたのは水に満たされているのといないのとでは
ベクトルの方向が真逆だった、ということです。

体表と内側はベクトルが逆であるということで
私は痛い経験があります。

あるアスリートが皮膚の動きが悪いので
全身の皮膚の動きをよくしてあげたことがあります。

その場では、「凄く動きがよくなった!」と感動していただいたのですが、
その後、「翌日から身体がきつくなった!」と連絡がありました。

そうなのです。

私は体表だけを柔らかくしたから内側は逆に収縮してしまったのです。

こういう痛い経験があったので、
今回の教伝会の教えは衝撃でありました。

では、内側の動きを良くするにはどうしたらいいのか?

その答えが、「末端を豊受する」でした。

武術では末端の初動が全身の動きを導く、
というのが理想の身体操作ですが、
末端を豊受することにより、
内側の連動をよくするという、
目から鱗の発想でありました。

太極拳でも足の指先を地中深く真下に向けますが、
そうすることで体内の動きをよくしているのだと理解することが出来ました。

また、何かの動きをすると痛い、固い、という場合も
その動作をする際の初動で動く部分を把握し、
その部分を豊受することにより
動きの悪い部分を改善させてしまう、
というのも驚きの発想でありました。

千葉司家
この度は、体表と内側はベクトルが逆であるという盲点を
分かりやすくご教授いただき、誠にありがとうございます。

前野会長
毎日、ご多忙の中の膨大な数のメルマガ編集・配信、セミナー準備、DVD作成、
打ち合わせ等いつも私たちのために身を粉にしてご尽力くださいまして
誠にありがとうございます。

ハッピーさん
司会進行、多くの学びと笑いのある一門一統の進行を
していただきましてありがとうございます

スタッフの先生方、撮影、記録、会場準備、撤収作業等していただきまして
ありがとうございます。

教伝会に参加された先生方、お陰さまで今回も楽しく深く学ぶことができました。
ありがとうございました。

研鑽会局長補佐 スーパー奥伝会統括局長

東京都府中市紅葉丘2丁目 梅原二郎妙順

☆川上哲寛妙真先生 大阪市天満

前野会長いつも御陰様です。
大阪天満の川上哲寛妙真です。

7/1教伝会「北辰豊受之活」の参加報告をさせていただきます。

この度の 「北辰豊受之活」にて、
「流れ転じるエネルギー~流転極めの秘術」をご指導いただきました。

そこで、
過去2年ご指導いただいた「豊受之活」を振り返りながら、
今回の学びを深めたいと思います。

1年目は、授受還元が成立するには、
まず「受け」が大事であることを、
学びました。

「受け」の存在があって、はじめて「授け」ることができます。

そして、
「受けたまわり・受け入れ・受け流し」
3段階の受けの作法を学びました。

最初の、「受けたまわり」は「承り」とも書き表せます。
つまり、「受け」には「了承」、そして「了解」の意があります。

私たちは、患者さんの前では、
その患者さんの不具合を受け流す役割が与えられています。

それには、勝手な予想・予測無しに、
不具合を不具合として、そのまま了承しなければ、
受け流すことはできません。

十分な「受けたまわり」そして「受け入れ」があって、
「受け流す」例えとして、
”源泉かけ流し”の話をしていただきました。

2年目は、
身体の不具合は「迷い」の構築であり、
「迷い」は統合性の欠如した状態といった視点が、
ご紹介されました。

そこで、「迷い」を解消するために「自在への豊受」として、
自然界からの治癒の承りを再分配する作法をご指導いただきました。

自然界に豊かにあるものの代表である、
空気と水のうち、とりわけ「空気」の操作に絞って、
実技が展開していきました。

3年目は、妙見エネルギー療法の流れを受け、
「水」の観点から「豊受」の世界観が公開されました。

生体の大半は、水で出来ていることは周知の事実です。
ある作用が、生体に及ぶとき、そのベクトルは、
表裏で逆転することを、ある道具を通じて確認しました。

患者さんの不具合は、ある側面では、
体内の水の停滞(淀み)としてみることができます。
水の流れのベクトルが不一致になると、
水は淀みやすくなります。

そこで、実技では、
体の表裏で不一致となったベクトルを一致させることで、
不具合の流れを転じる操作をご指導いただきました。

ここまでの学びによって、
「豊受」の世界観は、自然界の授受還元の姿を表現したものであり、
人体においては、新陳代謝や体液循環に相当することが、
理解できました。

千葉司家
様々な事象の「豊受」が成立するためには、
1年目にご指導していただいた「受け」、とりわけ「承り」がその初動
となります。

その意味で、改めて「滅私」の大事を認識しました。

どんな状況でも質の高い「豊受」関係が成立できるよう、
修練続けて参ります。

今後とも、ご指導のほど宜しくお願い致します。

前野会長 ハッピーさん司家秘書、スタッフの皆様
この度も、教伝会開催の運営にご尽力くださりまして、
誠にありがとうございます。

大阪天満 川上哲寛妙真拝

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!