「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年7月4日

 この記事は約 13 分で読めます。

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

伊藤です 教伝会参加報告を述べさせていただきます。

『豊受』とは水子の神であり、豊穣の神です。

実現出来なければ不作となり、
『豊受』を実現することにより
患者さんに豊穣の人生を後押しできることとなります。

第三螺旋の今、
精度を上げた後押しをし続けなければならないタイミングなのだと認識しています。

そして
『逆のベクトル』という
天位之活の方向性にも似た認識もあり、
「逆もまた然り」、「位相と逆位相」の関係性も含まれているように思いました。

縮めば伸び、伸びれば縮む。

これも自然な現象であり
自然であるからこそ気付きにくいのでしょう。

司家直々お待ちいただいたアイテムは
今回もとても驚きました。

水を通すと矢印は逆方向になり、
表裏にある時計の針を回転させると
「あら不思議!何故その方向を指すの!?」
という方向でした。

早速患者さんと子供に試したいと思いました。

とても深い内容の中にも
これまでの学びが散りばめられていて
第一、第二螺旋を学ばれた方々それぞれに
思う所があったのではないでしょうか。

まるで掛け算のように相乗効果を生み
広がりをもっていきます。

「いかにベクトルを合わせるか」

今回の教伝会の肝となる内容でした。

柔整師としては脱臼の整復方法は
とても大きな後押しとなる学びでした。

治す道筋を作ってこそ治療家です。

出来なければ…

ペンキを塗れないペンキ屋にだけはなりたくありません。

今回ご教導頂いたことを
毎回、毎日実直に行うのみです。

地道に、確実に治す道筋を作れる治療家になれるよう
反正の毎日ですね☆

千葉吉胤妙星司家
貴重なお時間の中
この度も教伝会という素晴らしい学びの場を提供してくださいまして
誠にありがとうございます。

授受還元の作法を忘れずに行動して参ります。

前野功妙経会長
開催にあたり様々な作業を尽力してくださいまして
ありがとうございます。

心より感謝致します。

由利はるな初日司家秘書
スムーズな司会進行、一門一統を
ありがとうございます。

神の声は司家のみならず、
私にも同じ様に聞こえていました。

いつもより神秘性が増して聞こえていたのは
私だけではなかったかと思います。

次回も楽しみにしております☆

参加されました皆様
ありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

そして
会場準備、後片付けを手伝ってくださいました有志の皆様
ありがとうございます。

お陰様でとてもスムーズな流れとなりました。

感謝致します。

前野会長第二秘書 伊藤良太一玄

☆津端雄大郎先生 東京都稲城市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

お世話になります。
稲城市の津端です。
7月1日の教伝会に参加させていただきました。
参加報告を投稿させていただきます。

今回の教伝は
『北辰豊受之活』ということで
受け授けのエネルギー療法化という
認識で臨みました。

そして、その術理は
『豊受の手の中での完全立体化』
であると捉えました。

「体一部ではなく体全体を受ける」
という段階の活法から
「体周囲の空気も受け取り、好転へ反転させる」
という活法にアップグレードされたように感じました。

北辰豊受之活は
第一螺旋の法道之活を
進化させる術理でもあると思いました。

同日帰宅後、
家人が不調でいましたので
早速お借りしてみました。

二手ほどで愁訴である頭痛が消失し
暑気と疲労で垂れ下がった顔が元に戻りました。

北辰豊受之活で★★を受け取れた感覚が
ハッキリと掴めればもっと精度が上がるように感じました。

操作法自体は本当にシンプルですので
組み合わせは過去の相伝に25乗されると思いました。

脳出血の後遺症の緩和などに
特に期待しています!

毎日活用させていただきます。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
活法協会会員の皆様

当日はありがとうございました。
お陰様です。

前野会長第一秘書 稲城市平尾 津端雄大郎

☆玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様
お疲れ様です
名古屋の玉川です。

7月1日に開催されました
「北辰豊受之活」
参加報告をされて頂きたいと思います。

先月の「北辰法道之活」からの
妙見活法 第三螺旋の次元の違いを
感じております。

点から線から面と次元が
変わるのを口頭での根拠のない
説明とは違い千葉先生は全て
目に見える世界で科学的や物理的に
説明して下さります。

今回は治療においていかに
普段からお門違いの治療を
していたか?

目の当たりにしました。

特に→を使った説明では
特にリラクゼーションでの
筋肉の方向性を間違えて
アプローチをしていたか

それこそ180度の方向転換しないと
いけないか勉強になりました。

→の説明はここでは書けないし
これを書くと余所様が直ぐに
パクると思います。

本来なら奥伝会でも御披露されない
術理が教伝会で披露されております。

この事が当たり前化してくると
私達も勘違いをしてくると思います。

勘違いをした治療家が勘違いを
している患者様を治療すると
勘違いの増幅にて被害は患者様に
いくと思います。

全ては「当たり前」と思った
瞬間に当たり前は去っていきます。

本当にその事を考えさせられる
→でした。

千葉先生 前野会長 ハッピーさん
会員の皆様本当に何時も
ありがとうございます。

西日本センターSGM 玉川有一妙蓮

☆阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

7/1に第26回正伝妙見活法教伝会
が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

最初に重要なことをお伝え致します。

教伝会前日に行われました奥伝会につきまして
教伝会の中で千葉司家自ら過去で一番内容が濃くなっているので
購入することを勧められました。

千葉司家自ら購入を勧められたのは
過去に3回ほどしかありません。

過去のいずれも重要なポイントが収録されてあったのを
今でも覚えています。

今回は第3螺旋に突入してからのご紹介となっています。

前回が集大成の1つの形であったことを考慮しますと
かなり深くまで踏み込まれた内容になっていることを
察知することができるかと思います。

大事なことでしたので教伝会の内容の前に
お伝えさせていただきました。

では本題に移ります。

今回の教伝会は60名弱の会員が参加され
新規参加者を1名迎えて開催されました。

テーマは、

「北辰の法 表裏妙連」

相伝は、

『北辰豊受之活』

体表と体内でベクトルが逆だなんて…

【 北辰豊受は授受なり
  北辰豊受は還元なり
  北辰豊受は表裏なり 】
 〜北辰豊受之活秘伝書より〜

前回より遂に第3螺旋に突入しました。

第3螺旋は完全立体の世界です。

これまでの教導が前回で集大成の一つの形となり
今回は新たに「流転極めの秘術」を公開していただきました。

今回も目で見てわかるように
道具や用紙を用意してくださいました。

衝撃的でした。

あまりの衝撃に一部の会員は絶叫しておりました。

コップを並べて水が入っているだけで
ベクトルが逆になるなんて想像すらできませんでした。

まさか体表と体内におけるベクトルが逆になるだなんて
考えたこともありませんでした。

授けるものとうけとるものは方向ベクトルが逆…

つまり、「方向ベクトルが全て逆」
ということになります。

飛行機を例に流体力学について
解説をいただきました。

風を受けると体の体表を風は一周するようになっています。

水分が入っていると裏側を回っていくようになります。

「豊受」とは豊穣の神様のことであり
水の神様でもあります。

方向ベクトルは水分があると変わっていきました。

またベクトルの数が多くなるほど次元が多くなりました。

ここで数学と妙見活法についての違いを
解説してくださいました。

数学において「0次元」は「点」です。

妙見活法の元となっている妙見和算において
「点」は「0次元」ではありません。

なぜなら点を顕微鏡などで拡大すると
「面」になるからです。

よって妙見活法は「点」すなわち「0次元」は
何かが何かに変わる時の一瞬の世界
を表していました。

「点」から横に移動しますと「線」になります。

線を顕微鏡で見ると「長方形」になります。

三次元が極力小さくなっているのが「線」
と捉えることもできます。

日常生活においては2次元で判断しがちです。

しかし治療においては3次元でないと
治すことは不可能でした。

ここで当たらな道具を披露してくださいました。

時計の絵が描かれており
表には12時を示した針が
裏には3時を示した針がそれぞれ記載されていました。

表が12時の針の絵を横にクルッと回ると
裏は当然3時になります。

表が6時の針の絵を横にクルッと回すと
裏は9時になります。

では表が一時の針の絵を横にクルッと回してみますと…

「えーーー!!」

詳細はDVDをご参照ください。
おったまげるかと思います。

かなり脳疲労を起こしましたが
未だに100%理解していると言い難い状況です。

納得できるまで繰り返し反復しようと考えているのは内緒です。

このように方向ベクトルの数を
「実際にみせてください」
と言っても巷の似非治療家は説明することができません。

なぜなら高次元と称しスピリチュアルな曖昧な内容で
語っているだけなので当然の結果であると思います。

ここで大事なことをは
臨床の場において前回は治ったのに今回は治りが悪かった
というケースについてです。

これは方向のベクトルが違うことを表しています。

体内に水分があるものに通す場合は
表裏が逆転するようになっていました。

「豊受」とは宇宙からの色々な作用
例えば、太陽の光や雨などを示し、

これらのことを「流れ転じるエネルギー」
と呼ばれるとのことでした。

雨が降れが天の恵みになりますが
大雨で洪水にもなります。

その場合は地形を変えていく必要があります。

谷間でしか川は流れていきません。

山や丘があると低いところに水が集まってきます。

川は山や丘に沿って形成されていました。

川は波打つ形をしています。

「〜〜〜」と連なっていくとまるで波のようです。

自然界は常に新しく変わっています。
ずっと変わらなかったら朽ちていきます。

【 好転反転ベクトル 】

重要な図形が示されています。

詳しくはDVDをご参照ください。

【 高次元法力の解明 】
表裏流転の実証

重要な図形が示されています。

詳しくはDVDをご参照ください。

千葉司家が披露してくださった時計の道具は
わかりやすいように時計にしてくださいましたが
本当のところは北斗七星だったのですね。

ここで重要なことを述べられました。

表と裏のベクトルが同じになるところが治療点…

時計の道具においてもある一箇所だけ
表裏が同じになりました。

その表裏が同じところこそが
質が高くなる治療点ということでした。

ではその作法はどのように行うのかと言いますと
三次元を表せば良いとのことでした。

三次元=前〜横〜斜め

実技においては五指による作法を教導いただきました。

詳細は割愛しますが
ぎっくり腰の立ち上がりにも応用することができました。

脱臼においても「豊受」が非常に大切でした。

動かないものの反対は動くものになります。

ここで重要なことを仰られました。

「患者さんの言っていることは嘘」

なぜなら患者さんご自身が自分の体のことをよくわかっている…
という人はほどんどいません。

言ってることを間に受けてはいけない
ということでした。

【 高次元エネルギーとは 】

次元とは基底ベクトルの数である(方向の数)

0次元空間→点:方向がない世界
1次元空間→線:左右だけの世界
2次元空間→面:左右上下だけの世界
3次元空間→立体:左右上下前後の世界
4次元空間→立体+時間(時空):妙見活法

次元は
0次元→1次元→2次元→3次元→2次元→1次元→0次元
と進んでいくとのことでした。

【 方向ベクトルの流動 】

動かしたいときは反対を止めること。

止めても痛いんだったら反対を動かすこと。

大事はことは、「どうやって道づくりをするか」
ということでした。

治す点ではありません。
治す「道作り」を作ることが大切でした。

【 表裏は妙連する 】
還元エネルギーの真実

■見えるエネルギー
■感じるエネルギー


🌀

授受還元とは
・受けたら返す
・借りたら返す
ことです。

橋などに使用されている橋げたは
円筒形の形をしています。

なぜ円筒形の形をしているのかと言いますと
川の中、水の中で円筒形の形をしていますと
水が巻いていくので衝撃がないとのこと。

ちなみに高速道路の柱は四角形でした。

ここでお待ちかねの
「一門一統」が始まりました。

ーーー

(1)
リウマチの方はどのように対応すればよいでしょうか?

薬は効かない

塩原会員のお母さんは一回の治療で治った
リウマチも水が問題、水の移動を良くしてあげればよい

動かない手を不動にするのもよい

今回のやり方で対応は可能

(2)
しゃっくりを止めるカツはありますか?

あります
しゃっくりは横隔膜の痙攣

詳しくはDVDをご参照ください

(3)
位置エネルギーを使用していますが
外部に振動が伝わってしまい内部に振動が
伝わっていなにのですが何かよい方法はありますか?

外側がゆれてしまうと利得が損失してしまう

壁に背中をつけて振動が逃げないようにするとさい

(4)
千葉司家が育児をしていたときに
男の子と女の子の育て方について
何か気をつけていたことはありますか?

忙しいので子供はいらないと思っていた

当時は30歳で高齢出産と言われていた

子供を作るのを機に児童心理学を学び出した
が、一切役に立たない

男親としてのポリシーは
社会に対応、適応、順応、応用していけるように
「自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取る」
ことを大事に考えていた

どんな時代でも仕事は変化していく

労働意欲さえあればどんな仕事でもできる

労働意欲を持たせるように
小さなころから仕事をさせるようにしていた

千葉司家自身も小さな頃から仕事をされていたとのこと。

男の子と女の子との育て方で大切にしていたことは
千葉司家は男の子しか育てていないので
由利司家秘書に聞いた方がよい

由利司家秘書

子供それぞれの個性に合わせた育て方が望ましいのではないか

いずれにしても腕を上げて患者さんに喜んでもらうことが大切

最後の質問は…ありませんでしたぁ!

ーーー

【 自然界からの豊受が
あなたの体内に
表裏妙連したのである 】

平成三十年七月一日
北辰豊受之活 相伝

表と裏を一致させることが大事であり
細かいところに捉われないようにすることが大事であり
全体を使うことが意識することがポイントでした。

【 総括 】

総括として、

今回は相伝いただいた「北辰豊受之活」は
エネルギー保存の法則から内蔵調法までの内容を
更に深く踏み込まれた内容になっていたように感じました。

今回も驚きと感動の連続であり
体表と体内でベクトルが逆になることには
ハンマーで殴られたかのようにガツンと衝撃を受けました。

前回から第3螺旋に突入し完全立体の世界となっています。

今回も0次元から3次元まで
詳しく解説をいただきました。

その中で数学と妙見和算との違いを解説頂いた時に
なんて深くまで考察されているのだと感動しました。

点を拡大しますと丸い面になり
線を拡大しますと長方形になります。

円と長方形… 円筒形の出来上がりです。

コップに水を入れるとベクトルが逆になり
時計を立体的に回転させることで同じベクトルになりました。

これらは普段なじみのなかったことでしたので
これからしっかり認識できるように目で見て手で触れて
見なくても感じられるようになるまで心がけていきたと思います。

昨年の「妙見豊受之活」では
空気と水により波動が生まれることを
ご教授いただきました。

空気の操りの作法であることから
空気に漂っている水の世界に
突入していたように感じました。

それも体表だけではなく体内にも踏み込まれており
治療において必要不可欠なベクトルの一致の作法を
教導いただきました。

本当にありがたいことですね。

5つの世界を五穀豊穣として捉え
実際に臨床における作法にまで昇華されている
妙見活法の深遠さは偉人の方々の察知能力がいかに
長けていたのかを物語っているように思いました。

どのように治す道作りを行なっていくのか…

表裏の実態を理解しないと好転反応は操れません。

裏には想像できないような連なりがあります。

自然界の姿に沿って自然な形に逆らわず
地元の方々に還元してまいります。

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、

今回も深い教導を賜り、
誠にありがとうございました。

由利はるな初日秘書、運営スタッフの皆様、

司会進行、一門一統、会場設営準備、ビデオ・カメラ撮影など
見えない部分で支えてくださり、
ありがとうございました。

正伝妙見活法協会会員の皆様

実技などで大変お世話になり、
ありがとうございました。

また写真撮影にご協力いただき
ありがとうございました。

次回の教伝会も楽しみにしております。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

正伝妙見活法協会会員 西日本センターGM 阪野祐介

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!