正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年7月13日

 この記事は約 4 分で読めます。

最新整体セミナー 詳細御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからできます

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込できます

【整体セミナー活法1】

橋本泰造先生 京都府

千葉先生・前野会長・ハッピーさん・会員の皆様
こんにちは、京都市 橋本泰造です。

7月7日整体セミナー 教伝会に参加させていただきました。
感想を述べさせていただきます。

【整体セミナー活法2】

第四螺旋の天帝豊受之活の相伝でした。

授けとは、両方受けて余裕がある世界である。

半分・半分・半分
二分の一の世界で
全て与えてはダメ
こちらに余裕がなければダメなのである。

二分の一は、永久

ずっと ずっと続いている 意識でお借りすると・・・
よく千葉先生は言われています。

このあたりも 妙見の考えなのだなとおもいました。

終わりがないのは 戻りがないのも深い部分だと思います。

体温調節には、驚きました。
足の裏も影を意識するのも 光陰之活が入っているし脳活も入っていますね。

ダンスから体の動きを絶妙な答えで教えていただきました。

風呂敷袋で持つのと段ボール箱などを持つのでは、
体への負担が違うのは、バットスイングの動きでも体験 納得できる事ができました。

三船十段が、投げられないのもなるほどです。

以前より 千葉先生は、患者さんが押してもらうのを、
術者が実は、微妙に先に動かしているという所作を言われてます。

三船十段の乱取り画像でも、相手が投げようとしても
投げられません。 永遠に投げられない

そして二分の一・空気などの妙見の理合いで
虚になった相手が投げられる。

ほーとしか 言えませんが、
患者さんを投げなくても良いですが
虚に入れるお稽古はさらに必要です。

多分 三船十段に投げられた当時の柔道家たちは、

投げられたのに
治療を受けたみたいになって
体がスッキリしたんではないでしょうか・・・・

【整体セミナー活法3】

実技は、
二分の一の意識で
落ちない手 触れ方・離れ方も最後は卍が入っていたり
奥深い学びでした。

間接・関節の意識

いつも 思いますが 妙見の教えは
漢字・文字・音などから発展して心身・体への作用まで
及ぼすのは 不思議というか 深いです。

最後は、親指 一本で不具合が飛んでいく
でした。

臨床でもお借りすると
腰の動きなど変わります。
患者さんは、楽になり なんでと不思議がられます。

僕もなかなか 教伝会に参加できない事もあるのですが、
豊受之活は、第一螺旋から現場で学べることができ
何かの縁を感じます。

まだまだ 奥は、もっと凄いと思います。

千葉先生 徹夜あけなのに
貴重な相伝ありがとうございました。

前野会長・ハッピーさん 進行などありがとうございました。

スタッフの皆さん 事前準備や後かたずけ
撮影や録音など 参加会員の為に
陰で動いていただき誠にありがとうございます。

以上 参加報告でした。

【整体セミナー活法4】

松井孝之先生 大阪府

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
会員の皆様

いつもお世話になります。
大阪の松井です。

7月7日開催の天帝豊受之活の教伝会に参加させていただいたので報告させていただきます。

天帝の授けは遠心なり
天帝の受けは求心なり
天帝の与えは円満なり

この言葉の深い意味を教えていただき、気付きがたくさんありました。

授けると与えるは同じような意味と思っていましたが、

授けている人はその前に受け取っていて、それを授ける
与える人は余力、余りを与えるということであり、全てを与えるという自己犠牲ではない。

全て与えるという自己犠牲をしてしまうと最終的に力がなくなり人が去っていく、見向きもしないようになります。

ハッピーさんが幸せな王子の像の話でわかりやすく例えていただきました。

全て与えられる人は人間力がとんでもないですが、最終的にボロボロになってしまい人から忘れられたり、ありがたみがなくなってしまいます。すごく複雑な気分になりました。

ここで話が出た半分与えるという話、半分はまたさらに半分、その半分、その半分と一生続き終わりがありません。

実技も距離や圧、動きなど様々な考え方で半分の作法ができます。

また、なぜ伊勢神宮の外宮に豊受神が見守っているかについての話もあり、謙虚さが作法の重要な部分だと改めて認識しました。

体温の上げ方、冷やし方が出ましたが、不思議とその意識をするだけで体温が変わります。
それが三船十段も柔道で使っていたとは驚きです。

柔道現役の時に活法に出会えていたらもっと充実していたでしょう。

千葉司家今回も濃い教伝会ありがとうございます。
前野会長、ハッピーさん、スタッフの方々も準備、ビデオ撮影、進行などありがとうございました。

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。