「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年8月9日

 この記事は約 18 分で読めます。

津端雄大郎先生 東京都稲城市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

お世話になります。
稲城市の津端です。
8月5日開催の妙見活法教伝会に
参加させていただきました。
参加報告を投稿させていただきます。

今回は北辰天位之活を
相伝していただきました。

天位無相をテーマに
水袋のような構造の不調がある人体を(沈身を)
いかに持ち上げて治して行くか(浮身へ)
の理論体系を交えた具体的な操作法を
教伝していただきました。

その際の必須のコツとなる
球体と浮力による『無相』の真相は
掬い上げの結合力を下支えする
手遣いの妙でした。

手の形を変えるだけで
状態が変化し自動運動が発現する

極端に集約すると
このような一節になるのですが
正伝妙見活法協会は「不思議やね」で
終わらせない団体です。

なぜあの形が浮力を生むのか
結合力を強くするのか
という具体的な作用に関して
模型を使っての解説と
体験コーナーも設けてくださいました。

夏休みの自由研究に取り組む
小学生のような気持ちで
楽しく新鮮な実体験をさせていただきました。

仕組みを知らない状態でチャレンジすると
絶対こんなの無理でしょ
となるのですが
仕組みを知っていると案外すんなりできてしまいます。

妙見活法においてもこの現象は顕著で
仕組みを教わったらとりあえずやってみる
くらいの心持ちで臨むと意外とうまくいきます。

この不思議な手遣いを大いに活用して
本日も治療していきます。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
ご参加の皆様

素晴らしい教伝をありがとうございました。
お陰様です。

稲城市平尾
津端雄大郎

 

伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長

お世話様です。

8月5日開催の正伝妙見活法協会教伝会の参加報告をさせていただきます。

今回のテーマは『張力』

水は生命の源(水元)であり、皆んなの元でもあります。

水はどうなりたいのか?

私の考えは「空気中にいたいもの」と考えましたが
千葉司家の答えは『球体』でした。

重力の凝縮により球になり、
張力を皮膚にて再現することで
可動域はもちろん、痛みが無くなります。

妙見活法は自然現象を縦横無尽に網羅していて
その法則(現象)を身体にて再現してきます。

いつもただ驚くばかりです。

杉渕会員の自動運動もそうです。

額の皮膚を鍵手により張力を与えることで
本人にもわからない動作が始まり
落ち着いた身体の姿勢は…

痛くて出来なかった姿勢でした。

知らぬ間に…という言語が当てはまります。

自然に、勝手に、
という属性もあるかと思います。

妙見活法の極みの治り方である
「自動運動をいかに起こせるか、起きるか」
は治りの道作りにとって結果として大きな違いとなるでしょう。

しているわけでも、してもらっている感覚でもありません。

「果たして自分は出来ているのか?」と問うと…
研鑽あるのみです!

次元についてもとても大きな学びとなりました。

「次元が低い」とは
マイナスのイメージしかありませんでしたが、
『能力が下がるということではない』
という司家のお言葉に「はっ!」としました。

自然現象は全て使えるのが妙見活法。
(だと認識しています)

上がるも下がるも広がるも縮むも
全て身体にて作用すると考えています。

何故なら、
蒸気は上がり、雨は下がり(落ち)
雲は広がり、乾燥により木は縮む、というように
自然現象に存在しています。

今後も世の中に起きる自然現象を注視してみたいと
今回の教伝会で思うようになりました。

実技では
張力、鍵手、滅私、言行一致、
次元の高低が含まれていて、
上がらなかった肩が上がり
不安定な脚がスッ!と動くようになりました。

本日の内容に限らず、自分の身となり骨となるよう
現場にて色々と楽しみながら研鑽して参ります。

千葉吉胤妙星司家
この度も素晴らしい学びを賜りまして
誠にありがとうございます。

今後も真っ直ぐ妙見活法を学ばせていただきます。

宜しくお願い致します。

前野功妙経会長
開催にあたり様々な事務仕事をこなして下さいまして
ありがとうございます。

由利はるな初日司家秘書
司会、一門一統の進行をしていただきまして
ありがとうございます。

次回もよろしくお願い致します。

以上を参加報告とさせていただきます。

前野会長第二秘書
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

 

玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様
お疲れ様です
名古屋の玉川です。

昨日開催されました北辰天位之活
参加報告をさせて頂きたいと思います。

細かい手法はあえて書きません。

今回の北辰天位之活は
今後や今迄の活法をお借りする中
で大きな「カギ」になる相伝で
ありました。

カギと言えば家や車などが思い浮かびます。

家も車も今はオートロックという
自然にしまってしまう仕組みで
あります。

そのカギを今回妙見大菩薩様から
お借りする作法を学ばせて頂きました。

低次元→高次元→低次元→高次元
などを自然に出来る作法などは
目から鱗でありました。

DVD会員の皆様も含めて今回は
本当に大切な次元の真実という
キーワードという名の
カギが収録されております。

これを知ると知らないでは
治療どころか?人生においても
損失になります。

千葉先生 次元の御説明を時間を
割いてまで教えて頂き誠に
有難うございます。

参加された会員の皆様練習を
一緒にして頂き誠に有難うございます。

玉川有一妙蓮

梅原二郎妙順先生 東京都府中市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
ハッピーさん
正伝妙見活法協会の会員の皆さま

いつも大変お世話になっております。
東京都府中市の梅原二郎妙順です。

8月5日(日)に参加させていただいた教伝会の参加報告を送らせていただきます。

今回のテーマは

北辰の法 天位無相
~天の張力~

でした。

水はどんな形にも変化することが出来ますが、
本来、水はどんな形になりたがっているか。

応えは○体でした。

確かに瑞々しい水は○体です。

では、なぜ○体になってしまうのか?

これは重力の影響と水の分子結合による表面張力によるものでした。

水の表面に上手に乗せるとクリップや一円玉が浮かびます。

そして、クリップをある形にすると簡単に浮かせられるようになりました。

この形に意味がありました。

患者さんの身体に触れる時も手をこの形にすると
浮き上がってくるようになりました。

私は表面張力に興味を持っていたので、
この身体の表面張力を治療に使う具体的な手法を教えていただき
胸が躍りました。

今までご教授いただいた活法や操作法も身体の表面張力を意識すると
効果がさらにパワーアップします。

また、高次元エネルギーを使うコツを教えていただきました。

それは低次元になる、ベクトルを下げることでした。

特に戻し方が重要で、戻し方の作法を教えていただきました。

また、言行一致についても丁寧に教えていただき、
今回の教伝会は今までの総集編といっていいくらい
濃すぎる相伝でありました。

千葉司家
この度は、浮き上がらせる術理と術者の大事な作法を
分かりやすくご教授いただき、誠にありがとうございます。

前野会長
毎日、ご多忙の中の膨大な数のメルマガ編集・配信、セミナー準備、DVD作成、打ち
合わせ等いつも私たちのために身を粉にしてご尽力くださいまして誠にありがとうご
ざいます。

ハッピーさん
司会進行、多くの学びと笑いのある一門一統の進行をしていただきましてありがとう
ございます

スタッフの先生方、撮影、記録、会場準備、撤収作業等していただきましてありがと
うございます。

教伝会に参加された先生方、お陰さまで今回も楽しく深く学ぶことができました。
ありがとうございました。

東京都府中市紅葉丘2丁目
梅原二郎妙順

仲山竜一郎先生 京都市

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。

京都の仲山竜一郎です。

8/5の北辰天位之活教伝会に参加させて頂きました。

今回の教伝会もかなり内容の濃い相伝で、自然法則と実際お借りする活がピタッと一致し、さらには圧巻の治療効果を目の前で見させて頂きました。

北辰天位之活も次の日から即お借りし患者さんに喜んで頂ける相伝でした。

参考報告をさせてもらいます。

(水)
水の属性と性質を詳しく解説して頂きました。

水の本質に寄り添うことにより、その自然法則性から天位之活をお借りすることで、妙見活法の一瞬治療の世界が広がっていました。

人間の身体は、ほとんどが水で構成されているので、水との親和性が高いというのも自然でシンプルな考えです。

では、それをどのようにして活としてお借りし治療につながっていくのか?

そこを具体的にかつ分かりやすく相伝して頂き、目から鱗の連続となりました。

(次元)
次元の使い方を学べるところが他にあるでしょうか?

0次元~四次元を具体的に、どのように捉え使うのかを体現して頂き、その効果に驚きを隠しきれませんでした。

この次元を使って治療するのとしないのとでは、動作的には見ていても分からないくらいですが全く効果が違います。

似て非なるものになってしまいます。

なんとも有難い相伝を頂きました。

(方向合わせ)
外と中のベクトルのことは、前回の教伝会~奥伝会~妙見会~武伝会などで相伝して頂きました。

そこに天位之活へのつながりの機微があり、妙見星物語の凄さを実感しました。

実際の活は勿論のこと、治療する前に患者さんとの結びをつくってしまう作法の相伝まで飛び出しました。

何気なく自然に相伝して頂きましたが、これは凄いことを学ばせてもらいました。

日常生活でも様々な場面で応用し効果を発揮するのが妙見活法の楽しいところです。

色々とお借りしていきます(笑)

(一門一統)
・精神療法での会話の作法
・臨床で言語をもらう
・ガングリオンへの対応
・陰陽師と妙見信仰
・治療者の役割と患者さんへの対応の仕方

などなど、今回の教伝会もかなり高密度な相伝を頂戴しました。

今までの相伝して頂いた活が更なる質の転換をおこし切れ味が増す相伝をありがとうございました。

奥伝会、妙見会、武伝会に参加させて頂き更に患者さんに喜んで頂けるように磨かせてもらいます。

ありがとうございました。

京都 仲山竜一郎

松本英司先生 静岡県浜松市

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

8月5日に開催された教伝会の感想を送らせて頂きます。

この度も、教伝会に参加させて頂きまして有難うございました。

正伝妙見活法協会教伝会
【北辰天位之活】

テーマは、
〜北辰の法 天位無相〜

今回も、本当に素晴らしい学びになりました。

治療は不具合一つ一つを限定するのではなく、水全体で治す。

人体は薄い皮に入った水のようになもので
水は重力により、球体になりたがっています。

その性質を利用して、

球である頭を操作すると、あら不思議、体が整ってしまいました。

治療において水の性質を知ることが大切だなんて、世間一般の治療は考えもつかない事だと思います。

フックの鍵手を使い、表面張力で水分子を結合させると、体はみるみる変わってしまいました。

本当に驚きでしたが、

さらに、今回ギックリ腰になった会員の治療には凄すぎてひっくり返りそうでした。

頭部の水を操作しただけで、体は自動運動を起こして、くの字の体が整ってしまいました。

水分子が離れていると不具合になるとの事でした。

この時期は正に水分代謝に異常が起きやすいので、北辰天位之活でお役に立てそうです。

今回高次元エネルギーの意味も分かりやすくご説明して下さいました。

0次元へ次元を下げることで痛みも小さくなります。

また、治療完了の仕舞い方を細かくお聞き出来たのも良かったです。

体に近づける動作の意味がわからなかったのですが、
ようやくわかりました。

次元を小さくする意味でした。

全ての活法に張力を意識してやってみます。

一門一統では、

妙見整心之術の際の大切なところが分かったのがとても大きな収穫でした。

ご質問された会員の方も有難うございました。

治療家は治すのが仕事というのを心得て治療していきます。

千葉吉胤妙星司家

いつも会員の為に
分かりやすくご相伝して下さり有難うございます。
今回も楽しく参加させて頂きました。

前野功妙経会長
いつも会員の為に相伝会開催、運営等、
ご尽力頂き有難うございます。

由利はるな初日司家秘書
教伝会のご準備、進行等
いつも誠に有難うございます。

会員の皆様
この度もご一緒に学ばせて頂き有難うございます。

今後ともよろしくお願い致します。
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸

 

阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

8/5に第27回正伝妙見活法教伝会
が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

今回の教伝会は60名強の会員が参加され
新規参加者を1名迎えて開催されました。

テーマは、

「北辰の法 天位無相」
~天の張力~
高次元エネルギー療法

相伝は、

『北辰天位之活』

基底ベクトルを減らしていくだなんて…

【 北辰天位は水元
  北辰天位は皆元なり 】
 ~北辰天位之活秘伝書より~

前々回より遂に第3螺旋に突入しました。

第3螺旋は完全立体の世界です。

これまでの教導が前回で集大成の一つの形となり
今回は新たに「秘術 天の浮き舟」を公開していただきました。

最初に妙見問答がありました。

「水は潜在的にどんな形になりたいのか?」

答えは、「球」でした。

宇宙で水を広げると丸い球になります。

重力の関係に水は丸くなっています。

これは水だけに限らず
野菜においても丸いものが多いことがわかります。

ただ丸いものだけではなく
長細いものもあったり形は様々です。

ちなみにバナナのように長細いものは
球が伸びた状態ということでした。

では人間においても球はあるのでしょうか。

ありました、頭です。

頭の水を調整するのが「天位之活」となります。

【 浮き上がるエネルギー】
~秘術 天の浮き船~

空気は浮き上がります。

飛行機も空気に合致して浮き上がります。

不具合を持っている人は沈んでいる状態です。

なので浮き上がらせる必要があります。

一週間ほど前に由利司家秘書が咳が出て偏頭痛が出て
大変な思いをされておりました。

そこで千葉司家が「北辰天位之活」にて触れると
だいたい5秒くらいでしょうか、偏頭痛が無くなりました。

【張力ベクトルを生む無相】

分子結合の強化→張力→フック→鍵手

重要な図がスライドで掲載されておりました。

詳しくはDVDをご参照ください。

テフロン加工の道具は
下で水の粒を支えているので
水が球になる原理となっていました。

分子結合が弱いと張力が弱まり
分子結合が強いと張力も強くなります。

表面張力を扱うにはフックが大事でした。

水が再結合しないと不具合は治りません。

小道具のフックを使うと
水に浮きやすくなりました。

フックで水の球を支える時には
キレイに支えられています。

潜在的に球になろうとする原理を
応用する発想が求められると思いました。

【高次元法力の解明】

浮力張力の実証
不具合は沈みなり

重要な図がスライドで示されていました。

詳しくはDVDをご参照ください。

いかにして支えるのかが示されておりました。

【高次元エネルギーとは】

基底ベクトルの引き下げである(方向の数の減少)

0次元空間→点:方向がない世界
1次元空間→線:左右だけの世界
2次元空間→面:左右上下だけの世界
3次元空間→立体:左右上下前後の世界
4次元空間→立体+時間(時空):妙見活法

現実的に使う場合は次元を下げる必要があります。

現実的には3次元であり5次元、6次元は存在しません。

3次元の世界を扱うポイントは
次元を下げていく必要がありました。

例えば、人間のベクトルで考えますと
「幅・厚さ・高さ」が存在します。

「高次元エネルギー」とは
次元を下げながら痛みを取る作法でした。

3次元の円筒形のものであっても
面にしてどんどん折っていきますと
最終的に点に近づいていきます。

したがって、ベクトルを引き下げることが重要でした。

【浮力張力は天の下支えより】

下支えが鍵なり

重要な図がスライドで示されていました。

詳しくはDVDをご参照ください。

北斗七星は宇宙の鍵と呼ばれてきました。

肉体・心、霊は北斗七星が支えていました。

【浮力は天の下支え】

落下エネルギーの逆転
■見えるエネルギー
■感じるエネルギー

重要な図がスライドで示されていました。

詳しくはDVDをご参照ください。

【天の浮き船】

高次元は低次元の操りより
低次元は高次元への基礎也
次元妙連が天位無相である
天位は浮力の下支えである

平成三十年 八月五日
北辰豊受之活相伝

ここでお待ちかねの
「一門一統」が始まりました。

ーーー

(1)
「整心之術」では何かのせいにするということでしたが
頚椎以外のせいにしてもよいのでしょうか?

巷にある精神療法は全て治せないものばかり

唯一治せるのが「整心之術」

無理なこと、難しいことはやらないことが大事

楽しいことをする

全て頚椎のせいにしてしまう

(2)
「内臓調整」においてなんとなく不具合がある場合はどうしたらよいでしょうか?

まず結びをつけないと治療が始まらない

「なんとなく」を使ったら「なんとなく」をもらってしまう

相手が言った言葉は何度でも使っても良い

「わかんないんだけど」と言ったら
こちらも「わかんないんだけど」という言葉を使うようにすると良い

(3)
ガングリオンの治療は水の移動で行っていますが
なくなるまでやったほうが良いのでしょうか?

ある程度少なくなったらやめても良い

連日続けるよりは一週間くらい感覚を空けたほうが良い

張力を使うと効果的

(4)
妙見道と陰陽道の違いはありますか?

陰陽道は星信仰から来ている

妙見道は現代のシステムに合わせているが
陰陽道は現代のシステムに合わさず昔のままになっている

(5)
がん患者さんの中で奥様に勧められて来院したけど本人はやる気がなく
状態が良くなっても「まだ…」といってくる人に対する対応の仕方で
良い方法はありますか?

治療家は患者さんを幸せにすることなどできない

治療家は痛みを無くすことだけが仕事

HPで全方位の体に不具合を持っている人に向けて
ベクトルを出しているので変な人が来てしまうのは仕方ない

患者さんをこちらでジャッジしてはいけない

本人が納得していなくても痛みが取れていればOK

こちらはある程度強気でいたほうが良い

ーーー

【 総括 】

総括として、

今回は相伝いただいた「北辰天位之活」は
「北辰豊受之活」の表裏妙連のベクトルの
更に踏み込まれた内容となっておりました。

今回も驚きと感動の連続であり
ギックリ腰になった杉渕会員のLIVEの治療は
自動運動が起きてその場で良くなっていく様子を
目の前で見ることができて幸運でした。

「北辰天位之活」…とんでもない相伝でした。

水の上にクリップや一円玉を浮かべる体験は
想像通り難しかったです。

ただフックを使うと簡単に浮かべることができました。

この当たり前の現象を応用したのが「北辰天位之活」の作法でした。

当たり前に存在する自然界の法則を応用した作法…

これはスピリチュアルな不思議なものではなく
物理現象としてわかりやすく解説をいただきました。

妙見活法は自然界の法則を現実世界で
治療で応用してしまう作法を見出されているところに
毎回驚愕しています。

今回は基底ベクトルを下げていくことで
質の転換が生じることをご教授いただきました。

ただ単に基底ベクトルだけを下げていけばいいか
というわけではありません。

最初に結びを構築しなければ
治療は始まることはありませんでした。

方向ベクトルをどのようにして下げていくのか
これから色々とチャレンジしながら地元の方々に
還元してまいります。

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、

今回も深い教導を賜り、
誠にありがとうございました。

由利はるな初日秘書、運営スタッフの皆様、

司会進行、一門一統、会場設営準備、ビデオ・カメラ撮影など
見えない部分で支えてくださり、
ありがとうございました。

正伝妙見活法協会会員の皆様

実技などで大変お世話になり、
ありがとうございました。

また写真撮影にご協力いただき
ありがとうございました。

次回の教伝会も楽しみにしております。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

正伝妙見活法協会会員 西日本センターGM  阪野祐介

栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

正伝妙見活法協会総本部 D蜜こと栴檀芳之妙乗です。

8月5日に、千葉県船橋市高根木戸駅のライツホールにて、千葉吉胤妙星司家教導されました

第27回正伝妙見活法教伝会 北辰天位之活 「テーマ~北辰の法 天位無相~」でした。

今回のエネルギー療法は、浮力と張力を使った妙見エネルギー療法でした。

今回も、実際に見て触れる物理現象として、クリップや1円玉を水面に浮かべる実験をしました。

手でも浮かべることが可能ですが、ゆっくり丁寧に水面に対して平行に持っていく必要があり、

その角度が少しでも違うと、沈んでしまいました。

ところがクリップで作った鍵状のものに乗せて水面に向かうと、

あれこれ難しく考えていたことは一切関係なく、水面に平行云々より、

乗せたクリップが落ちないようにとそれだけ考えて水面に向かうと、

意図も容易く浮かべることが可能となりました。

そして、水とは本来球体になろうとする全方向に均等圧のかかった性質をもったもので、

分子の強い結束力の力で球体になろうとする性質があるとのお話しでした。

この水の性質と北斗七星の下支えを使った今回の北辰天位之活でした。

この水の表面張力とクリップの実験を家でまた行った所、

最初は浮かべる事だけを考えて行っていたのですが、

水面に何個も浮かべることにより、それらが磁石のように引き寄せ合い、くっつきたがっている現象が見られました。

最初の1個も実はよく見ていると、微妙に動き今の位置の不安定から逃れようとしてました。

コップや容器で行えば、縁にくっつこうとしてました。

そのあと、クリップや1円玉を増やしていくと、近くにくっつくものがあるとそこに何とか動こうとしてました。

当然それは水がそういう結束力を求めた結果の状態ですから、

体も、北辰天位之活を行うと、このようにして内部で強力な分子の再結合を起こしている、

もしくは能動的に再結合したがっているのだと、とてもイメージし易い現象でした。

実際現場で使わせていただくと、額で行うと即効性よりは徐々に変化していくという感じが見受けられます。

私の操作の未熟もありますが、徐々にお互いが結合し合う様子を見た中でその時間差なのかと、

都合よく解釈したりも致しました。

体全体の水を一で全の水の分子構造を再構築する、天の張力の高次元エネルギー療法の相伝でした。

千葉吉胤妙星司家 このたびも目で見て体感出来る高次元エネルギーの世界の御教示をありがとうございました

前野功妙経会長 開催に先立ちまして諸々のお手配をいただきましてお陰様で無事開催することが出来ました ありがとうございました

由利はるな初日司家秘書 この度も司会進行を務めていただきまして 予定通りに教伝会を

終えることが出来ました ありがとうございました 

会場の準備・撤収作業を手伝っていただきました有志の会員の皆様ありがとうございました 

参加された皆様お疲れ様でした

前野会長補佐 栴檀芳之妙乗

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!