「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年8月9日

 この記事は約 13 分で読めます。

久保田信一先生 静岡県静岡市

前野功妙経会長

お世話になります
静岡の久保田信一です。

北辰天位之活の教伝会に参加させて
いただきましたのでその報告をいたします。

テーマは天位無相。

無相は無我、滅私、そして絶対自由に
通じます。

北辰天位は源=水元のことで

水は球体になりたがる
というのがキモでした。

沈み込んだ不具合が浮き上がる
エネルギー療法「天の浮き舟」は

球体になる時の天の張りと
それを安定させる天の下支え
(北斗七星)がキーでした。

今回も小道具を使って体験させて
いただいたのでイメージしやすかったです。

千葉先生の術技を受けさせて
いただきましたが

さわられている感感がほぼほぼ
ありませんでした。

あるものがない驚きの世界でした。

早速、臨床でお借りしています。

完成度はまだ低いですが
これまでの活法ではすぐ戻っていた

しつこい首痛、肩痛、腕痛、握力ナシ、
指の接触痛が消滅または倍速改善しています。

大変喜んでいただいています。

だいぶ抜けていると思うので
DVDで見直します。

今回も貴重な場に参加させていただき
ありがとうございました。

静岡市駿河区 久保田信一

佐々木真吾先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

いつもお世話になります。

八月五日に開催されました
北辰天位之活教伝会に参加をさせていただきましたので参加報告をさせていただきたいと思います。

テーマは「北辰の法 天位無相」

北辰天位は水の元、源を意味しておりました。

この度は自然界における水の特性から天位における

水は本来無形であるが自然界においては
重力の影響下におかれると押し込まれるので
丸くなる性質を持っているという事でした。

そういえば里芋のような大きな葉の上では雨の雫が表面張力により綺麗な球形を形作ります。

人工的にはテフロン加工、
防水スプレーでコーティングした後の衣類、
撥水コーティングの車など
一定の重力下において水は球形を構築しておりました。

人体において球体を形成している場所は…
それは頭でした。

浮き上がるエネルギーを使い体の不具合を整える作法を御教導していただきました。

その名も秘術 ~天の浮き舟~

飛行機でもただ空を飛んでいるわけではなく流体におけるベルヌーイの定理などの物理法則を緻密に計算して飛行させているという事です。

さて、ここで不具合の人はどういう状態なのかという問がありました。

答えは…“沈んでいる人”

その落ち込んでいる人に対して天野浮き舟にて表裏方向ベクトルを整え質の転換を起こす、ということでした。

実技におきましては、
北辰天位之活における特殊な手により
頭部に張力ベクトルである
“丁力”を構築し瞬間的に質の転換を、
また水の再結合を起こし、ほんの僅かな振れで大きな変化を起こしておりました。

・この度も高次元エネルギーにおける正しい解釈をご説明していただきました。

高、低次元に対する正しい認識は次元を下げ戻せることであるという事でした。

印象では牛乳パックの空き箱を崩して折りたたみ小さくしまって行くような印象でした。

戸大之活においても妙見温泉へ神仏にお返しするときは小さくコンパクトにしてからお返しする作法でした。

妙見温泉のキメの細かいクラスター粒子のお湯につけるにはきれいに整えてから入浴するのが作法ですネッ!

ブラックホールなどの宇宙の法則性からしても螺旋状に回転する力、張力などは切手も切り離せない基本物理でありました。

また、律法や会議などでも同様、自然界の法則に従って三次元立体的の案件から結論へと次元を転換させ道引くことが基本的な物理でもあり真理でありました。
非常に高度ではありましたがとても理解しやすくなる程“合点”が行くことばかりの御教導でした。

そのほかにも妙見鍼灸における独自の世界の作用をご説明していただきました。

・一門一統では
患者さんとの対応の仕方、
十人十色の対応の仕方、
治療家としての本来の仕事。
妙見道と陰陽道の違いとは?
などなど
普段の認識とは全く違う対応の方法にとても楽しく学ばせていただきました。

優れた視力を持つ妙見法術ならではの対応方法だなと感じました。

以上で北辰天位之活教伝会の参加報告とさせていただきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
ハッピー秘書
スタッフの皆様

この度も御教導誠に有り難う御座いました。

静岡市葵区 佐々木真吾

松井孝之先生 大阪市

前野会長

いつもお世話になります。

大阪の松井です。

教伝会の参加報告をさせていただきます。

今回は北辰天位之活を教導いただきました。

毎度思いますがスゴイ内容でした!毎回毎回驚きの連続です。

「北辰天位とは水元なり、北辰天位とは皆元なり」

今回のテーマは天位無相~天の張力~

ということで張力について具体的に理論で教えていただきました。

人の身体はほとんどが水でできている。水の作用や仕組みを知らないと治療ができません。

水は器に合わせて形が変わります。

しかし水自体なりたい形がある、それが球体ということでした。

重力の影響で球体になりたくなる。

そもそも自然界の物は水だけでなく野菜や果物、人も全て球体になりたい。

テフロンの鍋のように支えると張力ができ球体になる。

逆に球体にならないということは分子結合が弱く張力がなくなっているということ。

人間の身体も張力がなくなって沈み込んでいるために不具合が発生しているとのことです。

以前も人間の内臓も骨も活法では水に浮かんでいると説明がありましたが、つまり内臓も骨も沈み込んでいるから不具合が発生してしまう。

その沈み込んでいる状態を支えていき浮力を発生させて浮き上がらすことができれば不具合は消失します。

そのために重要なことが今回は張力、鍵手、滅私の3つに絞って説明いただきました。

その3つをクリップを水面に浮かすというもので練習しました。

最初は難しくなかなかできませんでしたが、コツをつかむと簡単にできるようになりました。

それに加えて今回教導いただいた内容で大きかったのは、

次元の操りでした。

高次元から低次元に自在に行き来する事。

これだけ身体が変わるのか!と驚きましたが、全て面白いように結果がでました。

しかも応用力が無限のどこでも使えそうな活だったので明日から臨床ですぐにお借りしていきたいと思います。

一門一統

ここではガングリオンの治し方の話や精神の治療の話、私たちの役割の話など聞かせていただきました。

しかも今回一門一統はどんな漢字ですか?というハッピーさんの質問に見事外れてしまいました!

いままでずっと「一問一答」だと思っていました!( ゚Д゚)

本当に申し訳ありません( ;∀;)

以上で教伝会の報告とさせていただきます。

千葉司家、前野会長、ハッピーさん、スタッフの方々、会員の皆様、今回も学ばせていただきありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

大阪  松井 孝之

宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様、

千葉司家 前野会長 ハッピーさん、

いつもお世話になっています。
東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

8/5の北辰天位之活の教伝会に参加させて頂きましたレポートです。

身体のほとんどを占める水の大事について内臓調整の極意など様々な事を教えて頂いていましたが、
今回また新たな面から水の理解が深まりました。

身体のほとんどは水である、という事を意識する様になり治療の質が変わってきているのを実感していますので、今回の水に対しての新しい認識はまた治療の質が変わるだろうなとワクワクしています。

天は無相であるとは、何もない、またどんな事にも対応出来るという意味だという事でした。

北辰天位とは水元であり皆元であるという事で、水の張力というものの理解が今回の鍵でした。

皆元はよく分かりませんが、全ての元というふうに理解しました。

全ての大元である水の張力を使い沈んだ相手を浮かす活法が北辰天位之活であるのだと理解しました。

表面張力は子供の頃にコップで遊んだ経験もあり身近な自然科学ですが、この張力について「水は潜在的には球体になろうとしている」というお話しは聞いてしまえば確かにそうだ!という毎回のパターンでしたがまさに目から鱗でした!

そしてこの水の球体と頭という形の属性からも水が天位であるというお話しでした。

水の球体になろうとする潜在的な欲求を張力のコントロールにより操作する事が今回の大事な教えでした。

所々で千葉先生から張力を使った触れの大事を教えて頂きましたが、今までと形は同じようでも、水の表面張力を出し球体に向かわせるというイメージは今まで全くありませんでしたので、また一段深まりが増して違うものになると思います。

肘や膝などが球になろうとしている事や肩なども天に向けると球になってくるなども目から鱗でした。
まだどの様に応用出来るか思いつきませんが、この認識を持っているだけでまた色々変わってくると思います。

◎手の作法

浮力を出す為の大切な手の作法の意味を深く教えて頂きました。

千葉先生が人差し指を立てている事の意味もまた一つ理解出来ました。

大切な作法としてお借りしていきたいです。

沈み込んだものを浮かすのは、上から引っ張り上げるのではなく下からの支えがポイントなのだと思いました。

天なのに下からというのが大切な事なのだと思います。

◎結

起承転結の展開からの結びを次元の高低に例え、高次元エネルギーの新しい意味を教えて頂きましたが今回はまた度肝を抜かれました。

次元を上げるだけが高次元エネルギー療法ではない、というのは何となく頭で分かっていましたが、「次元を下げる事が高次元エネルギーだ」というお話しを聞いてどういう事かと思いましたが、実技での高次元で行って低次元で戻るという事を体験して一瞬で可動域が変わってしまったのはびっくりしました。

また会議の例えなど日常での高次元からの低次元化という話しも分かりやすく、全身がバラバラに分かれてしまっている事で起こる不具合をまとめて全、一、にしていくという妙見活法の治療が低次元化を行なっていたのだと、次元の面から新たな理解をする事が出来ました。

治療はバラバラになったものを結ぶ事であり、実際に点に向かう事が大切でした。

手の作法や結びのムが北斗七星の形など本当に奥が深い教えでした。

治療の起こりは相手からであり、自分と相手を結ばない事には治療にならない事なども意識してやっていきたいと思います。

そして、杉渕会員のギックリ腰の自動運動にはたまげました。

ふざけているのかという感じの自動運動でしたが、曲がっていた腰が真っ直ぐになっていて、既存の治療方法では有り得ない事が起こっていました。

作法を整え深みが増すと、人触れであの様な事が起こるというのを見れたのはとてもラッキーでした。

今回も大変貴重な教えを有難うございました!

後藤ひろみ先生 東京都杉並区

千葉司家 前野会長
ハッピーさん 会員の皆様
いつも大変お世話に成っております。
杉並区梅里の後藤ひろみです。

8/5開催されました第27回正伝妙見活法教伝会
「北辰天位之活」に参加させて頂きましたので
参加報告を送らせて頂きます。

『北辰天位は水元なり
北辰天位は皆元なり』
人間の身体は、薄い皮袋の中にある水
どんな形にもなる 身体の約70%は水分です

テーマ 「北辰の法 天位無相」
~天の張力~
天は何も無いが、どんな事にも対応出来る
<水と言うのは無形なり>
どんな形でもなると言う特性を持っている
水の大元は球になろうとしている
物理的に球になろうとするのが張力

球体になろうとするのは宇宙からの重力で
四方八方から押されていて、凝縮されて
球になると言う事です。

人間は頭だけは球体です
その頭を天と捉えて、頭で水を調整する
~浮き上がるエネルギー~
不具合を持っている人は沈んでいます
沈んでいる人を一瞬で浮き上がらせるには
浮かす力、浮かすエネルギー、水の世界を
理解しなければ一瞬で浮かす、
ベクトルを逆転させる事は出来ないとの事。

~張力ベクトルを生む無相~
張力は水の分子結合が強くなっている
結合した水が合っていないのが不具合
分子結合が一番強いのが赤ちゃん

実技ではフックの手で触れるのが基本
宇宙の鍵(北斗七星) フックの手でなければ
浮いて来ない 鍵手が鍵と言う事です。

高次元エネルギー
三次元~0次元に戻せる事を高次元と言う
立体~面~線~点に折り畳んで行くように次元を下げる

実技の作法での動作が流れるように途切れない事、
言行一致の大事を再確認する事か出来ました。
縦に伸ばしたければ、横を縮める
横を広げるのなら、縦を縮める、
風船での例えで理解する事が出来ました。

今回もたくさん学ばせて頂きました、しっかりと練磨し
患者さんに還元させて頂きます。

千葉司家 前野会長 ハッピーさん
参加された会員の皆様
大変お世話になりました
有り難うございました。

杉並区梅里 後藤ひろみ

杉山尚秋先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡の杉山尚秋です。

教伝会「北辰天位之活」に参加させていただきましたので、その感想をご報告いたします。

天位は無相であり、その無相の性質を持ち合わせるものが水でした。

今回の教伝会で水のもつ本質を知ることが出来ました。

水はその時々の状況により色々な形に変化させますが、結局のところ球になりたがるとのことです。

例えば車のワックスコーティングが効いたボディに落ちる水滴はどれもきれいな球体になっています。

このような綺麗な球体になる理由は、水の表面張力によるものだということです。

そして我々人間の体に満たされている水を理想的な状態にするためのカギは、北斗七星の形にありました。

今回、衝撃的だったのはこの術理をもちいたギックリ腰の公開治療でした。

ちょうど杉渕会員がギックリ腰になってしまったということで、幸運なことに間近で司家の治療を拝見できました。

司家が頭にカギによる表面張力をつくると、杉渕会員がとても奇妙な動きをしだし、とても不思議で可笑しな光景でした。

水が理想的な形になるために、内部で水が動き、自動運動を起こしたのではないかと推測いたします。

結果、数十秒足らずで歪んでいた姿勢も良くなり、歩く姿も見違えて変わったのを見て、驚きました。

ギックリ腰になってくれた杉渕会員に感謝です。

また今回はさらに次元について深く教導がありました。

前回までは高次元化することで通れないものも通すといった、体の次元をあげることで不具合を改善させましたが、今回は次元を下げることで、点
へと不具合を終結させる作法でした。

これで次元上げることも下げることもできる、まさに妙見活法は次元を自由自在に操れる整体法です。

今回の教伝で妙見活法の重要な要点である水と次元の認識が高まりました。

この度も奥深い教えを賜り千葉先生に感謝申し上げます。

また開催にあたりご尽力くださいました前野会長、ハッピーさん、スタッフの方々、ありがとうございました。

静岡市清水区 杉山尚秋
☆彡 尚秋.。.:*・☆

川上哲寛妙真先生 大阪市

前野会長

いつも御陰様です。
大阪天満の川上哲寛妙真です。

第27回教伝会 「北辰天位之活」の参加報告をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「北辰天位は水元なり 北辰天位は皆元なり」
<テーマ>北辰の法 天位無相 ~天の張力

ということで、
第3螺旋の「北辰天位之活」では、
水の球状になりたがる性質を利用する術が公開されました。

人体において球状の性質を著しく呈している部位は、頭です。
従って、「北辰天位之活」にて、
頭を通じて水の調整が可能になります。

水が球状になろうとする際に、張力が働きます。
実際には、目標とする箇所に張力を作用せることで、
球状化が促されます。

実技披露では、
教伝会前日に発症した、杉渕会員のギックリ腰を、
頭部への張力調整を施されました。

幸いなことに、
調整中、杉渕会員の体の各部位が、いい位置を探すかのように、
自動運動していく様子を拝見出来ました。

その様子は、まさに「THE 自動運動」とも言え、
今後、DVDで何度も復習することになるシーンでした。

その他、肘や膝、あるいは腰に直接、
張力を介在させた実技が公開されました。

今回の「北辰天位之活」にて、
改めて高次元療法の意味を丁寧に解説していただきました。

高次元の意味は、3次元を3次元のまま扱うことです。
しかし、治療における高次元の操りは、
体として3次元に扱いながらも、
不具合を小さくする、無くす、消滅させるといった意味で、
「0次元までに、次元を減らす」ことを意味します。

この解説によって、より次元に対する理解が深まりました。

この次元減少の工程は、
会議で参加者の意見を集め、結論としてまとめるまでの流れと一致します。

詳しい解説は、DVDをご確認ください。

また、今回の教伝会の一つの山として、
言語や動作による、術者と患者さんの結び付くことの大事
についての解説、実技がありました。

私は運がいいことに、
術者と受け手の結びの有る無しによって、
治療の質が大いに変わることを体感させていただきました。

今回の「張力」と「結び」の要素を、
これまで公開された活に取り入れるだけで、
質が高まるとのことなので、
大阪研鑽会でも深めていこうと思います。

千葉司家
高次元の世界の実相は極めてシンプルであることを、
実例を示しながら分かりやすく解説してくださり、
誠にありがとうございます。

前野会長 ハッピーさん司家秘書、スタッフの皆さま
会の運営にご尽力してくださり、誠にありがとうございます。
お陰で、今回も会員の皆様と楽しく学ぶことができました。
来月は所用で参加できませんが、
また再来月、宜しくお願い致します。

大阪天満 川上哲寛妙真拝

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。