「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年8月11日

 この記事は約 2 分で読めます。

冨田恵司先生 愛知県豊橋市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書

会員の皆様お世話になっております

愛知のトミーこと冨田恵司です

8/5 教伝会 参加報告を提出いたします

北辰天位之活

それは源でした。

みなもとは

川や水の流れ出る元

物事の起こり 始まり

の意味があります。

源といえば千葉常胤公が支えた源頼朝公の姓ですね。

テーマは

「北辰の法 天位無双」でした。

無形である天と水

しかしそこに秘められた潜在は球体でした

条件が揃えば球になる

地球や他の星々も球体です。

下流の河原や海辺には多くの丸石があります。

揉まれて時間を経て球体になる石や

水など条件で球体になるものがあると思います。

身体でタマの名称がついている箇所は

目玉

☆玉

があります。

しかし頭以外は触れにくいです。

精神でも肝っ玉 という言葉があります。

タイ古式マッサージの中にタイ政府公認の☆丸マッサージがありますが、

未だ嘗て受けたことはないです。(興味はあります)

ミクロで見ても 球体は多くあります

この世界の大元は球体

核となるものは球体と思います。

コップの中に水をギリギリまで入れると膨らみます。

これは外面が内に引っ張られることで起きます。

球体になるということは表面張力が強く働いている

ということだと思います。

沈みから引き上げ浮かせる鍵は天の下支えでした。

さりげなく支える北斗七星

浮いている時は色んなお陰様で浮かせてもらっているんだと思いました。

今回の教伝会の中でも見て触って体感する時間があり

内容は違うのですが何故か金魚掬いをしているような感覚でした。

会員皆さんが童心に還って あれやこれやと楽しんでいるのが印象的でした。

今回の相伝

誠にありがとうございました。

冨田恵司

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。