「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年11月21日

 この記事は約 9 分で読めます。

伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会総本部
前野功妙経会長
お世話になります。

千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
会員の皆様 こんにちは。

11月18日開催の武伝会参加報告をさせていただきます。

毎回思うことですが
武伝会は本当に楽しいです!

司家よりキメて戴く痛い事も楽しいですし
練習で技が決まるとこれまた楽しいです。

教伝会、奥伝会とは
全く違った緊張感と体験が出来ます。

触れの一つ、数ミリの違いで相手が不動になり
身体が楽になるのを体感出来るのは
武伝会しかありません!

もう病みつきの楽しさです☆

今回は幸運にも司家の治療の風景を
見ることが出来ました。

時間にして感覚的には2-3分でしたが
司家としては「時間がかかった」と仰っていました。汗

参加者一同驚きの時間的感覚でした。

普通の治療家目線でいえば
あの短時間で、しかも無理なく
患者さんより「痛くない」という言語を引き出すのは
決して容易ではありません。

傍目で見ていて動きが良くなるのはわかるのですが、
その感覚を患者さん自身で感じることが出来るのは
司家の技術はもちろん
そのほかをなす全ての構成の巧さが隠されていると感じました。

治療家の理想の流れや仕草、
言語、動作を目の当たりにしました。

一言で言うと『無駄が無い』
というのでしょうか。

時間的余裕を持つのも
患者さんをその場で寝かす時間も
あえて持たさないのも
理由があったのです。

施術者(柔整師)の固定概念で残るのが
最後は暖めて(寝かして)終わる、ということは、
今の良い状態が悪い方へ変性してしまうことを
この日の学びで知ることが出来ました。

これまで司家の実際の治療の風景を
幸運にも見ることが出来ていますが
寝かす時間が少ない理由がわかりました。

逆に良い流れになる様に変性出来れば
効果を増大できるということでもあります。

そのような学びを司家より直接学び
現場で活かせることで
地域一番、繁盛店の近道だと考えています。

千葉吉胤妙星司家
この度の武伝会でも
手取り足取り触れていただき
丁寧にご教導くださいまして
誠にありがとうございます!

深く御礼申し上げますm(__)m

次回もよろしくお願い致します。

門下生の皆様
ありがとうございました!

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

11/18に開催されました武伝会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

千葉司家、前野会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

妙見活法と対となる表の武芸活法から
「適応無限」の一端を
垣間見させていただきました。

内容はノートを記載することができませんので
曖昧な表現になっている部分がありますことを
予めご容赦ください。

今回も驚きと感動の連続でした。

内容は『殺法における張力と縄抜けの術』でした。

今回の武伝会の内容は
奥伝会、妙見会の内容を
更に踏み込んだ教導となっておりました。

張力を駆使した作法をご教授いただいておりますが
武道における縄抜けの術について教導いただきました。

昔の罪人が連行される際に
手に縄を結んだ状態で連れて行かれます。

縄を抜ける術があったのを
目の前で披露してくださいました。

奥伝会のクリップ同様
日常生活では目にする機会がない
不思議な現象に驚きの連続でした。

張力を使うのは手技だけでなく
縄や紐を使っても再現することが可能でした。

実際に紐の張力を駆使して
体が不動になるのは新しい感覚でした。

しっかりと張力があれば
紐一本でも動くこととができません。

いかに張力が大事であるのか
体験することができたのは大きな財産です。

「羽衣之活」も張力が応用されていました。

どうしても持ち上げたくなってしまいますが
ただ張力にて引っ張るだけなのですが
これができそうでなかなかできませんでした。

千葉司家に触れていただくと
張力は決して力ではないことがわかります。

ギュッと握ることもなく
ギュッと押すこともなく
力は入っているのですが力を感じない
あるようでない、ないようである
生成化育が伝わってきます。

これを再現するには
作法を見て、聞いて、触れて学び
修練を重ねる必要があると思います。

体の使い方を体に刻み込む武伝会。

張力の活用の仕方を
様々な視点でご教授いただきました。

これまで教導いただいた要素を噛み合わることで
質が高まるように感じました。

修練を重ねるコツまで
細かくご教授いただいているので
臨床においても再現してまいります。

今回はそれだけではありませんでした。

幸運なことに千葉司家が患者様を
実際に治療する光景を拝見させていただきました。

患者さんはタクシーの運転をされており
右足が上がらなくなり病院では
手術を勧められて困っていました。

そこで千葉司家が
張力を用いた作法にて治療されました。

一手ずつみるみる動作が変わっていきました。

時計を見ていませんでしたが
時間にして5分もかかっていなかったと思います。

あっという間に痛みなく足が上がるようになり
歪んでいた骨盤が整っていきました。

本当の骨盤矯正を目の当たりにしました。

このように治療していけば
疲れることもなくポンポンと何人も治療できる…

そのように感じました。

患者様が帰られる際も
楽に靴が履けて喜んでいたのが印象的でした。

今回は大変貴重な機会をいただき
誠にありがとうございました。

今の治療のやり方を変えるタイミングに
さしかかっているのをヒシヒシと感じました。

手技の作法だけでなく言葉がけも
見直す必要があると伝わってきました。

全てに張力を出すべく
作法を磨いてまいります。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

お陰様で「適応無限」を
身にしみて感じることができました。

由利はるな司家秘書、

この度は一緒にお稽古してくださり
また適切なアドバイスをいただき、
誠にありがとうございました。

武伝会に参加された門下生の皆様、

一緒に実技の練習をしてくださり
誠にありがとうございました。

これからも妙見兵法桓武月辰流武芸活法を
しっかり学んでまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

愛知県大府市共和町
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 阪野祐介*¨*•.¸¸♪

小林努先生 神奈川県相模原市

前野功妙経会長
いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

11月18日に開催された武伝会に運良く参加することが出来ましたのでそのご報告です。

今回は、バネ指や腰の不具合を一瞬で改善させてしまう壁を使わない蜷局引きをご教授頂きました。

どちらも相手の手指を完全に殺の状態にする事が肝になり、

そのためには、張力をキチンと使い熟せる手にする事が大切でした。

千葉司家は、張力とただの引っ張りとの違いを紐を使って教えて下さり、今回その違いを感覚的に掴む事が出来ました。

その他にも張力を使った肘を不動にする練習や手を胸から離れなくする羽衣之活を使った練習なども重ね、だいぶ自然に張力を使えるようになりました。

そして、今日一番の収穫は、千葉司家の治療をライブで見られた事でした。

その方は、右の股関節に不具合を抱えた女性のタクシードライバーで、

痛みと可動域制限で、歩行もままならず、医者に手術を勧められ、その日程もほぼ決まっていたような状況でした。

藁をも掴む思いで千葉司家の治療を受けに来たその重度の症状の患者さんを

張力を使った治療でアッと言う間に全く何の問題もない状態にまで仕上げてしまいました。

ほんの数分の一手二手の治療でしたが、千葉司家は、ちょっと時間を掛け過ぎてしまったと反省されておりました。

今回千葉司家の治療を間近で見る幸運に恵まれ、妙見活法によりどんな重度の症状でも瞬時に治す自分の理想の未来像をイメージする事が出来ました。

今回の武伝会も濃密などこを切り取っても収穫だらけの時間で、参加する事が出来て本当に良かったです。

今回手に入れる事が出来た授けを早速、周りの縁ある人に役立てていきます。

千葉司家
前野会長
ハッピーさん
参加された皆様

この度も様々な気付きをありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。
お陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

佐々木真吾先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

いつも御世話になります。

北辰太一之活武伝会に参加させていただきましたので参加報告をさせていただきます。

・・・・・・・
ヒモを使った太一の張りの練習と捕縛の方法。
拮抗を使った殺の不動化蜷局引きの要点など内容の濃い部伝会となりました。

拮抗と不動の殺に入れるお稽古はなかなかの難しくこれは訓練が必要であると思います。

聴力を効かせる練習、張力の特性とその作用は瞬間的質の転換を行うにおいて必ず修得してゆかなければならないものであると改めて感じた部伝会でした。

そしてこの度は運良く千葉司家の治療を見せていただける事が出来ました。

詳細は患者さん事もありますので控えさせていただきますが、主訴の痛みがあっと言う間に無くなり正常化されていったのは毎度の事ながら驚きました。

でも、千葉司家は、
「これでも長くかかりすぎた方」
と言うことでした…。

治る結果的がそこにあるという事はとても励みとなり、
何とか掴みたいと思いますので皆様と一緒に張り切って頑張りたいと思います!

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
ハッピー秘書
会員の皆様
この度も有り難う御座いました。

以上で武伝会参加報告とさせていただきます。

静岡市 佐々木真吾

久保田勝弘先生 東京都台東区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、
何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より
11月18日の武伝会の参加報告をさせて
頂きます。

今回は武伝会は紐を使い殺法について
体感し学ばせて頂きました。
紐の殺法が入ると全く動けなくなる

・手錠からの抜け道
・親指絞り
・紐にて腕が動かせ無くなる

蜷局引きについてもご教授して頂き、
・蜷局引きでバネ指を
・腕が曲げれず動かせ無くなる
・蜷局引きにて痛み、不具合の技の使い方を
・羽衣にて動けなく
武伝会にて物凄い技のオンパレードを
ご指導して頂きありがとうございました。

今回は武伝会の途中で千葉先生の治療を
拝見する事が出来るチャンスに恵まれました。

整形外科で股関節を手術する事が決まっていた患者さんに対して
千葉先生が足に触れ思いっきり上げてと
言われ
3回、膝を上げさせると足が上がり出し
回数毎に高く上がり痛みもなくなられて
ました。

その後屈曲させて膝の位置の調整をされ
自分で動作確認をし痛みが無いとご本人も
驚かれてました。

私も今回の一瞬治療の仕方を目の前で拝見出来、目に焼きつけました。

千葉先生
武伝会にてご指導頂きありがとうございました。蜷局引き凄かったです。
今回、手術直前の股関節の患者さんに
一瞬治療を拝見出来
妙見活法の凄さに驚きと感動をしました。
ありがとうございました。

参加された一門の方々
ありがとうございました。

東京都台東区 久保田勝弘

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。