「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年12月5日

 この記事は約 8 分で読めます。

宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様

千葉司家 前野会長 ハッピーさん

いつもお世話になっています。東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

12/2の北辰光陰之活の武伝会に参加させて頂きましたレポートです。

◎妙見超し兜相伝

ウェンズデー武伝会にて相伝して頂いた「越し兜」ですが、その時も簡単な術理の説明があったのですが、今回とても詳しく成り立ちを教えて頂ける事が出来ました。

むち打ち症の時に身体に起こっている事もよく理解出来ました。

身体は繋がっていますので、痛みの出ているところが悪いという事は少ないのは分かっていましたが、今回の教えで更に身体全部の関係性で変化するという事がよく分かりました。

その中でも今回教えて頂いた妙見超し兜や兜抑えにて操作する場所は身体に大きく影響を与えているのだなと改めて思いました。

今回の術理を知る事で臨床でかなり応用が利かせられると思います。

首を前に倒す動きに突っ張りがありましたので、受けさせ頂きましたが頭が落っこちるのではないかというほど曲がりました。

首が楽になるだけでその後かなり身体がスッキリとしましたので、首の不調が全身に大きく影響を与える事がよく分かりました。

前回のウェンズデー武伝会とはちょっと違う形でしたが、その事によりまた深く理解する事が出来ました。

また、以前の天地之活のウェンズデー武伝会でヨリをかけるという方法を教えて頂きましたが、それともリンクしていて繋がっているのだなと感じました。

その日の帰宅後に義父がギックリ腰でしたので早速お借りしましたところ妙見越し兜だけでかなり楽になりました。

左腰の痛みで左足に体重を乗せられないという事で右に身体が傾いていました。

右に傾けると痛みを感じなくなるので、その体勢で越し兜をお借りして左に傾けてもらうとはじめより楽に傾けるとの事でしたので間隔をあけ三回同じようにしたところ、

かなり真っ直ぐ立てるようになりました。

右足に体重を乗せた状態のホールドを変えない様に意識して左に少しずつのせてもらいました。

また、天地の螺旋を入れた方が楽だと言われたので螺旋を入れながらの越し兜をお借りしました。

家族の中でも反応の悪い義父ですが、「何となく、、、凄く良くなった気がする」という訳の分からない言葉がぼそっと出ましたので、まだ痛みが残っていましたがこれで終わりにしました。

今回、詳しい術理の部分から教えて頂き誠に有難う御座いました!

お陰様でむち打ち症の患者さんに自信を持って対応出来ますし、首だけでなく様々な事にお借りする事になると思います。

大変貴重なお教えを有難うございました!

久保田信一先生 静岡県静岡市 

静岡市の久保田信一です。

12/2武伝会の参加報告を投稿します。

教伝会の内容の奥である陰の操り、
兜抑えに続き「妙見超し兜」の相伝がされました。

超し兜は全員がその場でマスターしました。

むち打ちだけではなく、上半身の
ほとんどの不具合に対応できます。

参加会員のめまいも解消しましたし
私も首の回旋がとても楽になりました。

これまで同様、サルでも出来そうなほど
簡単なので、下手にお借りすると
患者さんに自分で出来そうと思われて
しまいそうです。

また、合掌=滅私というのは驚きました。

言われればなるほどと思うのですが
物心ついた頃から何万回、何十万回と
繰り返してきた動作の中に極意があった
とは知る由もありませんでした。

滅私の作法がまた1つわかったので
現場でもっと活かす楽しみが増えました。

教伝会の奥秘伝および秘伝妙見超し兜の相伝
そしてブランド化のためのアドバイスと
今回も中身の濃いご指導をいただき
ありがとうございます。

静岡市駿河区 久保田信一

佐々木真吾先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

いつも御世話になります。

北辰光陰之活武伝会に
参加させていただきましたので
参加報告をさせていただきます。

この度は前回の水曜武伝会以上に詳しく
超兜を詳細に相伝していただきました。

光陰之活の陰を影を認識した影響力の体験をさせていただきましたが兜を一寸触れられただけなのに全体が硬直し身動きができなくなりました。
そして、超兜。
腰から上の問題をこれ一手により改善してしまう凄い内容でした。

今回の武伝会に参加をされた皆様はとても運の良い方々ばかりだったと思います。

すぐに臨床にてお借りしておりますが
前屈みの腰のそれないお年寄りや、
一日中下を向いている仕事の板前さんなど
前方に下がった首が瞬く間にそり上がり
真上を見れるようになりました。

いつものではありますが翌日からそく現場で使える作法を惜しみなく公開していただきまして感謝いたします。

以上で武伝会参加報告とさせていただきます。

静岡市葵区佐々木真吾

栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

千葉県浦安市の栴檀芳之妙乗です。

2日に行われました武伝会の報告をいたします。

当日は以前よりお話しのありました 妙見超し兜 の相伝がありました。

そして、北辰光陰之活殺に入り、陰の作用を解明していきました。

陰を意識した作法にはいると、くっつく手になったり、滅私の触れになったりすることがわかりました。

体に陰を浸透させると、眉間に軽く触れられているだけで、座位から立ち上がれなくなります。

また新たな陰の作用を学ぶことができました。

そして、 妙見超し兜の相伝がありました。

昔の千葉一族のご先祖様が、試行錯誤の中で、ある体の特性を発見し、それが術となったものです。

むちうち症は、一発と言われるように、

頚関係の症状は特に著名に変化しますが、それ以外でも頭痛、ふらつき、側弯症、背部痛のような上半身関連の症状に著名な効果をもたらすということでした。

参加者全員でやり合いましたが、全員術を使うことができました。

玉川会員の場合は、立ちくらみの症状を訴えておりましたが、それも一回で症状が出なくなりました。

頚の痛いかたは、頚周辺をいじられるのが怖いものですが、

妙見超し兜は、頚周辺を一切触れず、全く関係ないところを触れるだけなので、全く恐怖感を与えず治っていく秘術です。

参加されていない会員の方は映像に殆ど残すことのない大変貴重な武伝会のDVDを是非見て頂きたいと思います。

妙見大菩薩様 千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書

この度の武伝会のご指導と貴重な映像を収録していただきまして誠にありがとうございました。

お稽古に参加されました皆様ありがとうございました。

千葉県浦安市  栴檀芳之妙乗

川上哲広妙真先生 大阪市天満

前野会長

いつも御陰様です。
大阪天満の川上哲広妙真です。

12月2日武伝会の参加報告をさせていただきます。

〇水切り
教伝会で公開された「水切り」の奥をご指導いただきました。

「水切り」をした後の統一感を導くための、
手の潜らせ方にコツがありました。

〇滅私の作法
光と陰が合わさったところが滅私。
その顕著な作法が合掌。
合掌により滅私となれば神仏との繋がりが生じる。

〇兜押さえ
頭を押さえれば全体を押さえたことになる。
額に陰を当て不動状態にして、全を導く

〇陰とついていく手
陰を巧みに操れるとついていく手となる

〇【妙見超し兜】公開
この日のメインとして、
【妙見超し兜】が相伝されました。

【妙見超し兜】は、
むち打ちをはじめとする、
あらゆる首の不具合に対応可能な活です。

そのことを、
立位・座位・仰向け・うつ伏せ、
いずれの体勢でも実証できることを、
稽古参加者全員で確認しました。

操作は極めて簡単です。

本来なら司家から直接相伝していただくの筋かと思いますが、
DVDをご覧になられただけでも、
作法に則れば、司家の案内文にもあったように、
百発百中で、即効の効果が出ることでしょう。

では、実際に、【妙見超し兜】をお借りした症例報告をさせていただきます。

主訴:めまい 50代女性
11月初旬より、フワフワするめまいを発症
同時期より首肩背中のこりと共に左耳の閉塞

昨年5月も同様のめまいがあった。

その他の症状:腰がだる痛い、耳鳴、のぼせ、倦怠感

初回
11月30日 蜻蛉之活を2回、首の動作痛軽減
頭の重さは取り切れなかったので、一活引にて改善
(鍼は右内くるぶしの下に一本)

2回目
12月4日 来院
めまいは月曜まで無かった。

土日に泊りで出掛けて、疲れた。
月曜の夕方から左首~肩が重くなった。
火曜朝から、やや頭が重くなってきた。

立位にて妙見越し兜をお借りすると、
肩⇒首⇒頭
と段階的に症状が緩和(約10秒×3回お借りする)。

(鍼は左内くるぶし下に一本)

〇妙見越し兜をお借りした感想
妙見越し兜によって、
上半身、肩・首・頭にかけての症状が、
まるで薄皮を剥ぐかのように緩和していきました。

【妙見超し兜】を実際にお借りして、
突発的な衝撃による「むち打ち症」に限らず、
日頃の疲れの積み重ねから起きた、めまい・片頭痛・耳鳴・頚椎系の上半身症状などにも
極めて効果的な活だと実感しました。

なので、
もっともっと、それらの症状を「解消して~~~!」
です。

その機会を増やせるよう、
更なる研鑽と実績を積み重ねて参ります。

千葉司家
この度は、「妙見超し兜」の大変貴重なる相伝をしてくださり、
誠にありがとうございました。

明日、初めてWednesday武伝会に参加させていただきますので、
 ご指導のほど、宜しくお願い致します。

大阪天満 川上哲広妙真拝

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。