「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月3日

 この記事は約 7 分で読めます。

愛知県大府市 阪野祐介先生 参加報告

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

2/25に開催されました武伝会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

千葉司家、前野会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

妙見活法と対となる表の武芸活法から
「適応無限」の一端を
垣間見させていただきました。

内容はノートを記載することができませんので
曖昧な表現になっている部分がありますことを
予めご容赦ください。

今回も驚きと感動の連続でした。

内容は『周波数と微振動』でした。

最初に振動の原理をご教授いただきました。

口頭だけでなく目に見えるように
お伝えしてくださいましたので
振動をどのように応用していけばいいのか
より認識が深まりました。

振動は伝わっていくものなので
途切れてしまっては効果がなくなってしまいます。

お稽古として手首を掴む練習を行いましたが
意識が途切れてしまうとうまくいきませんでした。

小手先で捉えてしまうと力が入ってしまいますが
全体を一手に集約するようにできるかどうかが大切でした。

周波数と微振動の世界には錯覚の要素も
散りばめられていました。

自然に振舞っているので解説をしていただかないと
全く気付きません。

さけげなさの一端を垣間見させていただきました。

他にも相手を不動にする操作法では
術者の力が伝わってしまうと動けるようになってしまいます。

虚実・錯覚をうまくお借りすることで
力が抜けた状態で保持することが可能となりました。

振動に同調するお稽古は
頭でわかっていても体現することは
容易ではありませんでした。

自分の思い込みがあった場合
同調することは難しくなります。

いかに自我と力みを捨てることができるかどうか…
武道には力は必要ないことを改めて感じました。

個人的に印象的だったことは
音の観点から振動が「神道」に
繋がっていたということです。

除夜の鐘、柏手のお話は
目から鱗の内容でした。

穢れを祓う際に振動を活用されていました。

昔から振動を扱っていたことに
先人の方々の洞察力に思いを馳せていました。

他にもゼロ磁場のことや大涌谷のことを例に挙げられ
自然科学に基づいて自ら観察して考えることの
大切さをご教授いただきました。

最近はエネルギー療法の世界に踏み込んでおりますが
巷ではびこっているエネルギーと称した似非治療家に
ついて触れられました。

ブレスレットやネックレスなどに神様が宿り
霊感商法を行っている金の亡者がいます。

こともあろうことか働いていない学生にまで
高額な品を購入を勧めるなど極悪非道なことをしていました。

あなたには悪霊が取り憑いています…

その学生は治療が恐ろしくなってしまい
登校拒否になってしまったとのこと。

治療家としてあるまじき行為ではないでしょうか。

同じバスケットをやっていた者として
悲しさと怒りを覚えました。

原理原則も知らないでスピリチュアルなことをして
適当なことをほのめかす輩には近づかないほうが
懸命であると改めて感じました。

最後に波長を同調させて触れる大事について
ご教授いただきました。

カルマの受け流しについても詳細に
ご説明いただきました。

動作だけでなく言掛けも大切も
よくよく認識することができました。

周波数と微振動、奥深い世界でした。

 

妙見大菩薩様、
千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

お陰様で「適応無限」を
身にしみて感じることができました。

由利はるな初日司家秘書、

いつもお気遣いくださり、
誠にありがとうございました。

武伝会に参加された門下生の皆様、

一緒に実技の練習をしてくださり
誠にありがとうございました。

これからも妙見兵法桓武月辰流武芸活法を
しっかり学んでまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

愛知県大府市共和町
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 阪野祐介*¨*•.¸¸♪

静岡県静岡市 久保田信一先生 参加報告

2月25日の武伝会に参加させて頂きましたのでその報告を提出いたします。

周波数の振動、共鳴を武道と活法の両面から教えて頂きました。

コツは振動が抜けないようにすることでした

この原理を肩の治療で使うと、可動域が広がります。

その際、気づかれないように新たな軌道
(シンドウ)をつくるのがミソでした。

また、特別に自分で振動をつくり自分自身の
不具合を落としてしまう活を教えていただきました。

立場があっという間に整えられるので
面白いように楽になります。

これは患者さんに知られてはまずいです。

しかも、セルフケアだけでなく応用が効きます。
早速試していますが、いい反応がでます。

振動の奥深さと自由さを認識しました。

音といえば、BGMも何でもいい訳ではなかったです。

施術が良くてもBGMのせいで
だるいまま帰してしまっては元も子もありません。

元気にして帰さなければいけないです。

振動を扱えるようになったのですから
どういう曲がいいのか
音量はどの程度がいいのか

細かな教え、納得の教えがございました。

ゼロ地場やパワースポットは意味がないというお話。

闇雲に信じてしまうおバカちゃんが多いですが
そういう私も判断基準がありませんでした。
自然現象で判断すればいいというのは納得です。

植物などが他の土地に比べて異常に繁殖してたり
すごく成長している様子があるかないか、一目瞭然です。
何も変わりはありませんね。

最後に、相手の動きに同調することによって
肩や腰の痛みが抜けてしまう活を教えていただきました。

テンコ盛りで濃厚で楽しい学びの場でした。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日秘書

参加された会員の皆様
相手をしていただいた会員の皆さま

ありがとうございました。

静岡市駿河区 久保田信一

京都市 仲山竜一郎先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。京都の仲山竜一郎です。

2/25の武伝会に参加させてもらうことができました。

ありがとうございました。

参加報告をさせてもらいます。

武伝会では、振動エネルギーを使って相手が動けなくなる殺や手が抜けなくなる殺

それを活法としてお借りするなど、活殺自在の相伝をいただきました。

また、電話などで遠隔治療として応用できる振動エネルギーも相伝頂き、

遠隔治療の幅が広がりました。

振動エネルギーをお借りする作法として〇〇を変えるということがありました。

これは、他の活をお借りする際も非常に重要になってくる思いました。

この2日間で相伝をしていただいて思ったことは

国宝級の相伝を頂いていても、自分がどう活かすかで大きく違うということでした。

せっかく凄い相伝を頂戴しても、自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取る

という作法が無いと回転性が生まれないと思いました。

この基本作法については、はじめからずっと教えて頂いていることですが、

あらためて自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取るという作法の重要さを感じております。

今年は、この基本作法を自分の中に徹底的に叩き込んでいきます。

2日間ありがとうございました。

京都 仲山竜一郎

愛知県名古屋市 玉川有一妙蓮先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書 会員の皆様お疲れ様です

名古屋の玉川です。

この度の武伝会では「微振動」
による奥を学ばせて頂きましたが
全ては物理的に説明が出来ますので
患者様に対しても本当に説明がしやすいです。

エネルギー療法は好きな患者様
嫌いな患者様とはっきりしてます。

目に見えない世界が治療ならば
目に見える世界での理解が大切だと実感しております。

今回の武伝会では院のBGMをどうしたら良いか?

活発にしすぎてもダメ
暗すぎてもダメ

丁度よく元気になるくらいの
音楽のお話が今後約立たせたいと思いました

千葉先生前野会長ハッピーさん
武伝会参加の稽古仲間の会員の皆様稽古つけて頂き誠に有難うございます。

錯覚親方こと玉川有一妙蓮

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。