「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月7日

 この記事は約 5 分で読めます。

松本英司先生(静岡県浜松市)

正伝妙見活法協会  前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

4月1日に開催された武伝会の感想を送らせて頂きます。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

武伝会に参加させて頂き
誠に有難うございました。

今回の武伝会は自分にとって、
スーパーウルトラ武伝会でした。

はじめに、座礼の仕方、
武道の礼法と小笠原流礼法との座礼の違いを教えて下さりました。

武道では、座る時に左に半身になって座ります。

相手に一瞬の隙も見せてはならないのだと思います。
万が一襲われても刀を抜きやすく、対処できる作法です。

そして、三角形と四角形のお話がありました。

屋根は大体三角形をしています。

これには意味があり、
人の字のようにお互いにもたれ合って支え合うことで丈夫であり、

雨や雪などを流すような形としての役割があります。

矢印にも三角形の形の意味するものがありました。

形と言うのもちゃんとエネルギーの裏付けがあるのだと分かりました。

戦さについては、

ちゃんと戦略を持ってやらなくてはいけない。

最近の紛争のように相手の全てを壊してしまうと納まりがつかなくなる。

大事な部分はとっておいて、
納める大事のお話も勉強になりました。

日常生活のいざこざでも、相手をけちょんけちょんにするのではなく、

ちゃんと納めどころを作る事で綺麗にまとまるのだと思いました。

実技では、

手の台形を使った操作による羽交い締め、

十王之殺これは痛そうでした^^;

皮膚、筋、骨振動エネルギーによる症状改善

虚実を縦横無尽に使った活法

エネルギーを使っての妙見リラクゼーション

など、

非常に内容の濃い事を教えて下さいました。

妙見リラクゼーションを実際して下さいましたが、

起きたり寝たり勝手に自動運動するのですが疲れませんし、

四肢の存在感が薄れて関節がフリーになったのが良く分かりました。

最後はリラックスして、
数分の操作でしたが濃い分、
満足感がありました。

体感させて下さり有難うございました。

自分の今までの虚実の作法は
浅かったと認識できました。

今回、参加させて頂いて、
自分の中でかなり深い学びが出来たご相伝でした。

目の前で虚実の作法により、

前野会長や玉川会員、牛込会員など
体が硬い会員がグニャグニャと柔らかくなりました。

虚実の妙見的エネルギーをお借りする作法には、本当に驚きました。

早速治療にお借りしましたが、

頚部伸展痛もすぐに無くなりました。

新規の他の方も違いに驚き、
症状が無くても定期的にメンテナンスに来られるそうです。

スーパー奥伝会の肩凝り治療も、
今まで正直ムラがありましたが、
良い手応えを感じております。

今回の参加により、
かなり妙見道が楽に楽しくなりました。

千葉司家、本当に感謝致します!

一緒に学ばせて頂いた門下生の皆様、

大変お世話になりました。
誠に有難うございました。

•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸

栴檀芳之妙乗先生(千葉県浦安市)

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております

千葉県浦安市のせんだん妙見活法接骨院 栴檀芳之妙乗です

1日に開催されました武伝会の報告をいたします

教伝会から引き続き 妙見エネルギーのご教示がありました

「虚の手」で触れる大事は教伝会でも言われておりましたが

手のどの場所で触れるかでも 動きを出す触れなのか 動きを止める触れなのかを作ることが出来

武道の技で触れの違いによる体の動きを味わいました

そしてこれらの理合を使っての骨格関節リラクゼーションの公開がありました

実際 千葉司家の虚の手に自分の体が触れると何とも言えないフワフワした柔らかい心地のいい空間に包まれたようになります

これが実の手だとやはり強い存在となるので非常に硬さ感を感じます

この虚の手を使い 相手の四肢を動かすだけで一瞬で体を緩めるリラクゼーションとなりました

実際 現場においては今迄の牽引を使った

骨格関節リラクゼーションをこの虚の手にて治療いたしましたが

虚の手によって牽引した四肢は今まで以上に引かれた状態が無理なく戻らなくキープすることが出来ました

それによる肩こりによる筋肉のコリも肩癖之活を使わずとも今まで肩癖之活を使ったと同等の緩みを再現することが出来ました

それ以外では 
71歳 女性
胃の重さを訴えていた方ですが 虚の手でお腹付近を触れているだけでお腹全体が緩み
ご本人も「触られているとどんどん体の緊張が抜けていくみたい」と体感されておりました
終わった後は胃の重さもなくスッキリして帰られました

50歳 女性
右脚長座時・膝立て時に大腿~下腿に痺れ感ありということで どこでもいいと思ったのですが
症状のある所に虚の手で触れておりましたらいずれの動作も痺れが消失いたしました
腿内転部と坐骨部に粉瘤がありジーパンの上からでも硬さを触知出来たのですが
虚の手で触れておりましたら先程の硬さが無くなり本人も触ってもさっきより全然痛くなくなったとのことでした

56歳 女性
朝にぎっくり腰症状になり椅子からの立ち上がり 立位安静時痛 起床時痛 膝倒しでの腰の痛み 等がありましたが
総て虚の手の触れにて症状消失いたしました

以前も虚の手を教わっていながらいつの間にかおろそかにしておりました

改めまして虚の手を学ばせていただき虚の部分は虚の手で治すことで劇的な効果を上げることが出来ました

千葉吉胤妙星司家 前日からのエネルギーのお話しがとても分かり易くイメージし易く お陰様で良い治療をすることが出来ました

ご教示戴きましてありがとうございました

お稽古に参加された皆様ありがとうございました

千葉県浦安市 栴檀芳之妙乗

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!