「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月27日

 この記事は約 9 分で読めます。

☆津端雄大郎先生 東京都稲城市

正伝妙見活法協会
前野功妙経 会長

お世話になります。
稲城市の津端です。

二十四日に開催されました
武伝会に参加させていただきました。
参加報告を投稿させていただきます。

今回の武伝会では
妙見会で公開された術理を
殺法の観点という側面から
相伝していただきました。

四十肩五十肩の治療法の
術理の中の操作法のコツが明らかにされました。

こちらのコツに注意して
今朝の施術から
バンバンお借りしているのですが
とても効きますね。

急性腰痛+頚椎ヘルニアの新患さんに
お借りしたところ
痛みがあっという間に引きました。

今回の武伝会ではありがたくも
千葉司家の殺法体験を
させていただきました。

普段は某栴檀芳之妙乗会員が
モデル役で受けることが多いのですが
公式動画でお姿を拝見するたび

心のどこかで

(この人、ギャグはペラッペラなのにリアクションはいいよな……)

などと思っていたのですが

実際に体験してみますと
ガチのガチで痛いということがよくわかりました。

千葉司家の独特な身のこなしで
体の上に乗られますと
誇張抜きで息ができなくなります。
息を吸おうとしても肋骨が開きませんでした。

殺法を体験させていただき
苛烈な圧迫から肋骨が解放されると
一気に肺に空気が流れ込んで
かえって体が元気になってきました。

活殺一如の世界を体験することができて
大変勉強になりました。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
桓武月辰流 門下生の皆様

当日はありがとうございました。
お陰様です。

稲城市平尾
津端雄大郎

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長

お世話になっております。

6月24日の武伝会参加報告をさせていただきます。

縮みと伸びにより
身体はこんなにも簡単に変化してしまうものなのか!?
を目の当たりにした武伝会でした。

相手を動けなくするのも、
反対に身体を柔らかくするにも
肘の動作にてその場で直ぐに変化があり
治療家としては知らなくてはならないと感じました。

柏手に含まれる肘の意味を聞いた時は
目から鱗と同時に感動でした。

動作の一つ一つに意味があるのですが
表面的なことしか出来ていないことに
反正しなければと思いました。

肩脱臼の整復方法はとても大きな学びでした。

今シーズン、スキー場勤務中
転倒し肩脱臼した方を整復出来ない経験があり
とても悔しい思いをしたので
今後は縮みと伸びの性質にて整復を試みたいと思います。

動作も全く大きくなく
患者さんへの負担とかなり減ることで
緊張も少なくなり、より整復が簡単になることと思います。

今までの整復方法は真逆の動作にて行っており、
どれほどの負担を患者さんにかけていたのだろうかと
頭の中で過去を振り返っていたのは秘密です。

今回は多く司家より実技を受けることが出来、
実際の動作程の深さではありませんでしたが
「関節をキメる」とは本当に動けなくなり
かつ、とても激痛を伴うものだと身をもって体感しました。

関節技は形がハマると
いとも簡単に骨は折れ、関節も外れるものだとも
想像に難しくありませんでした。

『殺法』とは本当に凄いものです。

武伝会を堪能させていただき、あっという間の時間でした。

千葉吉胤妙星司家
この度も素晴らしい学びをご教導、
体験させていただきまして誠にありがとうございます。

殺法の凄みを垣間見た武伝会でした。

本当に楽しい時間を共有させていただきまして
ありがとうございます。

次回もよろしくお願い致します。

参加されました皆様
ありがとうございました。

以上を武伝会参加報告とさせていただきます。

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

☆久保田信一先生 静岡県静岡市

前野功妙経会長

お世話になります。静岡の久保田信一です。

6/24の武伝会に参加させていただきましたので
報告させていただきます。

「ちょっとなのに沢山」変わることを
身体のある部位を使って活殺自在を
学ばせていただきました。

ちょっとは「一寸」と書きます
身体を表すのは「月」です

その部位とは肘になります

実技の詳細はいつものように書けませんが

肘の操作法次第で、相手を痛めつけたり不自由にする
ことができますし、楽にしたり自由にすることができました

セルフでも身体が柔らかくなります。

そして、妙見太一之活の肘の使い方にも
繋がっていました。

また術者の潜在能力を導き出すこともできました

妙見的礼の作法にも意味があることを
知ることができました

肘に関して、まさしく、ちょっとなのに沢山のオンパレードでした

教伝会でも脇を閉めて肘を身体につける場合があります。

安定させるだけでなく、相手を楽にする作法でも
あるのではないか、と今思いました

しかし身体についているようでついてないことが
コツなのかなぁと感じます。

臨床で試してみようと思います

参加された会員の皆様、相手をしていただいた会員の皆様
ありがとうございます

静岡市駿河区 久保田信一

☆佐々木真吾先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家

いつもお世話になります。

柏オフィスで開催されました武伝会に参加させていただきましたので参加報告をさせていただきたいと思います。

・正式の礼拝の中にも立体化の場面を構築をするよう作法が出来ていたことはとても驚きました。
ただ手を合わせたり拳を重ねるだけではなく合掌の意味合い、能力を引き出す為の条件付けが自然と出来るように所作が内在されてました。

・実技においてはこのたび北辰法道之において相手を不動にさせる方法を何手もご教授していただきました。
腕三角など色々な方法で締めて下さりましたがどれも強烈でチョコッと腕を絞られても悶絶するイタさでした。
痛すぎで前後の記憶が飛びました。

ちょっとなのに沢山痛い…。

まさに漢字の如く、
“躰”の要点を一寸“ちょっと”操作するだけで質が全く変わってしまいました、痛い、凄い。

武芸をされていた人達は毎回痛みや理術を体に染み込ませて自然と作法に沿って技が決まるようになるのかなと、そう思いまして、
手を取ってもらわなければ分からないことも沢山あるのだということに気がついた武伝会でした。

その他脱臼の治し方や、腰痛の緊張改善など幅広く御教導していただきました。

少々短い報告となりますが以上で参加報告とさせていただきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
参加された皆様

このたびも有り難う御座いました。

静岡市葵区 佐々木真吾

☆松本英司先生 静岡県浜松市

正伝妙見活法協会  前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

6月24日に開催された武伝会の感想を送らせて頂きます。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長

武伝会に参加させて頂き、誠に有難うございました。

この度も、高度な内容をご指導して下さり、
有難うございます。

今回も内容が盛りだくさんでした。

肘を使った術理を学びました。

肘を使い動作をすると、

握られた腕の抜き。
羽交い締めをしやすくする。
腕固め。
可動域の改善、
脱臼の治し方など、
驚く程体に作用していきます。

人の動作により体に起きる変化を実感出来るのは、

武道の動きを学べる武伝会ならではだと思いました。

まだまだ知らない人体の仕組みは不思議で面白いと思いました。

また、礼法についてのお話もありました。

龍の通り道を作ります。

すると力が引き出されるように、
体幹がしっかりします。

礼法の形を鏡で自分の姿を見ると、

三角形が体にいくつも出来て、
上矢印⇧にも見えます。
四角形ありますし、
自然と調和している形になっているのだと思います。

礼法の形も奥が深そうです。

千葉吉胤妙星司家
この度も貴重なご指導を誠に有難うございました。

前野功妙経会長
門下生の皆様

この度もお相手して下さり、
いろいろと学ばせて頂き、
誠に有難うございました。

今後ともよろしくお願い致します。
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸♪

☆阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

6/24に開催されました武伝会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

千葉司家、前野会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

妙見活法と対となる表の武芸活法から
「適応無限」の一端を
垣間見させていただきました。

内容はノートを記載することができませんので
曖昧な表現になっている部分がありますことを
予めご容赦ください。

今回も驚きと感動の連続でした。

内容は『龍の道引きと肘の操作法』でした。

今回も濃厚な内容で頭がパンクしてしまうほどの
ボリュームでした。

「龍の道引き」という作法によって
とてつもない結果が出るようになります。

これは天から与えられるというよりも
自らの潜在能力が出てくると考えたほうが良い
ということでした。

最初に武道において相手を動けなくする作法で
三角形と一線引きの違いをお稽古しました。

一線引きができると力が強くなります
というよりも力の入れ方がわからなくなる
という感覚のほうが近いように思いました。

千葉司家に技をかけていただきますと
途中で「来た」という感じがわかります。

一つ一つの作法の大切さを実感しました。

今回は肘の扱いによって体が変化していくことを
ご教授いただきました。

圧巻でした。

まさかここまで変化が出るなんて
想像の域を遥かに超えていました。

軽々と持ち上げられるようになったり
岩のように体重が重たくなったり
少しの触れで骨がきしんだり
腕が刃物のように感じたり
身をもって体感させていただきました。

施術においても武道の時のように
余裕を持って一つひとつの作法を大事にすることで
とんでもない作用が生じるのだと感じました。

武道においても体の動作は
自然界のなかにおける物理現象に
当てはまっていることがよくわかりました。

見て聞いて学ぶだけでなく身をもって
体感することでわかることは沢山あります。

門下生同士のお稽古だけでなく
千葉司家に直接触れていただける
貴重な有り難い機会をいただけていることに感謝し
これからも体感を経て修得してまいります。

妙見大菩薩様、
千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、

この度は武伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

お陰様で「適応無限」を
身にしみて感じることができました。

武伝会に参加された門下生の皆様、

一緒に実技の練習をしてくださり
誠にありがとうございました。

これからも妙見兵法桓武月辰流武芸活法を
しっかり学んでまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

愛知県大府市共和町
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 阪野祐介*¨*•.¸¸♪

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!