「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月29日

 この記事は約 3 分で読めます。

☆久保田勝弘先生 東京都台東区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長 
正伝妙見活法協会会員の皆様
何時もお世話様です。

千葉吉胤妙星司家
武伝会に参加許可を頂き
ありがとうございます。

久保田勝弘より
武伝会参加報告をさせて頂きます。

今回は肘を中心とした活法を教えて
頂きました。

肘の使い方にて
・両手首を持たれ、肘を使っての返し方
・脇固めにて肘への殺法
・肩を使い肘への殺法
・三角と直線の腕の使い方
・脱臼の整復法
・座位の人を立たせ方
・相手を持ち上げる
・身体の動きを柔らかくする

今回は肘にて殺法と活法を教えて頂きました。

教伝会、奥伝会、武伝会と参加させて頂き
龍の道引についての使い方で、
活法では緩める事を、
殺法では相手が全く抵抗が出来なくなる
凄さを見て、聞いて、体感し
理解を深める事が出来ました。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長
これから武伝会に参加し活法と殺法を
学ばせて頂きたいと思いますので
ご指導よろしくお願いします。
ありがとうございました。

参加された会員の皆様、
お相手して頂いた会員の方、
ありがとうございました。

東京都台東区東上野 久保田勝弘

☆冨田恵司先生 愛知県豊橋市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書 会員の皆様

お世話になっております

愛知のトミーこと冨田恵司です

6/24武伝会 参加報告を提出いたします

私は身体の使い方 仕組み はわかっているようで 思い込みもあり

深くはわかってないように思いました。

今回の武伝会で ある部位の意識と操作によって

「ここまで変わるのか」といった驚きの感想を持ちました。

それにより いろいろな体勢で身体を支える時にどこで支えているかや

中心を意識し脱力するにはどのような体勢が良いか など

色々考えることができました。

どこかを出すということは、どこかを引いているのか、

どこかを固めるとそれが身体全体にどう作用するか考えてみたり

ある体勢や動きでの重心はどこにあるのだろうとか

どこに力が入っているのかなど

体勢や動きの中ででの身体を細部まで冷静に見つめると

何かヒントが出てくると思いました。

身体は自然界から生まれているわけですから、

自然界の作用が入っている小自然です。

身体の中は見えませんが

自然界の摂理に沿って作法すれば作用が起こります。

もっと自ら踏み込んで身体の仕組みを探っていきたいと思いました。

相伝は○をクローズアップしたものでしたが

○の裏側 虚の部分まで多角的に立体思考で取り組みたいと思います。

武伝会での相伝 誠にありがとうございました

冨田恵司

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。