「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月23日
最終更新日:2018年3月24日

 この記事は約 14 分で読めます。

秘伝会報告No1 東海関西地区 秘伝会会員

いつもお世話になります、☆☆です。

妙見十王之活秘伝会に参加をさせていただきましたので参加報告をさせていただきます。

先ずは会場をご提供していただいた〇〇会員、〇〇会員に御礼申し上げます。
街道に面していてとても活気のある街並みで、その中でも一際目立つ茶系統の整体院でした。

・・・・・・・

内容は妙見十王之活、四角から円筒形の世界への御教導、北斗の立体的回転による螺旋の世界でした。

その世界には縦と横を立体的に組み合わせる筒状の世界が存在し丁度その形は鳥居の世界を表しておりました。

この度も楽しい小道具を使い十王之世界からみた人体、さらに現世のあらゆる形が螺旋の形から成立している事を御教導していただきました。

ほんの僅かな虚実の錯覚なのですが人体に引っかかった痛みやコリなどは螺旋の並びの向きに合わないとたちまち絡まり始めてしまい理合いを知らなければ何をやっても外すことが出来ません。
また、・・・・口伝秘伝・・・・・・を合わせるとスルスルと引っかかりは取れて落ちついてしまいました。

そこには今まで御教導していただきました“戻りの大切”がありました。
行ったら少し戻る、反正の作法がここにもありました。

実技としては、“☆☆を変える”というのが十王之活における要点でした。

・・・口伝秘伝・・・・・・

を再構築すると劇的な変化を起こすということでした。正に縦横無尽!
・・・・口伝秘伝。。。。を操作しても自在に変化を起こせる作法でした。

また、この度はさらに深い御教導となり五月に行われる「天地之活」の空の作法を使いポンポンと十王を構築して質の転換をしていただきました。

さらにさらに、その後に北斗七星の立体構造からみた“北斗之手の螺旋”を御教導していただきました。

手の指を北斗にすると、勝手に螺旋構造体の作用が潜在的に起こり、瞬時にして堅い関節がフニャフニャになりました。

デモンストレーションにおいて私の股関節と足首の可動制限を、見ていただいたのですが。
ちょこっと北斗之手の螺旋体を作ると詰まっていた股関節と足首が劇的に向上しました。
この手を持って脳活、按腹。を行い瞬時に体の披露を回復する事が体感できました。

五体満足を円満具足にするには仁の作法が必要でありました。
仁の作法は人が二人、
そして五体に人が二人加わると北斗之作用が構築されました。
ここで重要な理合いは、五体が円満ではなく足りない時はどこかに“仁の心が少ない”からであると言うことでした。
そして、北斗之手の作用にて指を隠すのですが隠す物は…
「辛い・苦しい・悲しい」
の三苦でした。
北斗之作用は自分単体では使ってはならない!
相手がいて初めて作用が起こる!
という意味を秘伝書からのご説明を掛け算の御説明にて御教導していただきました。

厄災、災難、苦難の三苦を避けるには有り得ない事を有り得るにする有り難い作法によりお借りするのだから、当たり前ではいけない、無難な生き方をしては法術をお借りすることはままなりません、お陰様の作法を日々心がけなければなりません。

 

終盤は茅の輪くぐりを使った「十王北斗起承」を御教導していただきました。
今までの北斗之起承からさらに十王が入り手の中に北斗之手の螺旋体を構築してしまうと触れる瞬間から体がビコーーンと起き上がりスプリングのように体の中で弾け起きあがってしまいます。
春だけにスプリングですね、面白小道具もスプリングとリングを用いました。
とても驚きましたがしっかりと理合いがあり作法に沿うと皆様サクサクと起こすことが出来ていました。

実技の詳細な内容は割愛させていただきます、ご了承ください。

・・・・・・・

秘伝会後の会食では皆様と楽しい時間を過ごさせていただきました。

余談ではありますが、
お店のスタッフの岡○さんが配膳の時ミスってポロリと司家の天ぷらをお皿から落としてしまったのですが、
普通なら交換する物を、司家は何もなかったかの様に手で天ぷらをお皿に戻しモグモグ召し上がっていました。
別にこんなこと書く必要は無いのでしょうが以前のお話されていた妙見会で配膳の虫混入のお話をふと思い出しました。
千年前も今もその対応が現行が一致されているんだなー、と思いました。
相伝された各内容も細かいところではなく大体で理解してほしいんだ、とおっしゃっておりましたがこういうところを見ると大雑把な感じではない繊細な配慮を感じます。
今回の十王之活の御教導でも感じましたが、“繊細なんだけど微妙じゃない“理業の一致がしっかりしてるけど大らかで鷹揚な雰囲気を醸し出せるんだなーと感じた次第です。

自分も自宅では家内に「おいー、皿から落ちたよ!!」とかいわないでさっとさり気なく拾い直すような男のさり気なさを身につけたいものです。

宴席では右端席で会長と〇〇会員、〇〇会員が固めな話を、
真ん中では司家と△△会員と□□会員が
相伝書などの各治療院で使い方のお話しを、
左サイドでは☆☆会員を中心として女性の好みの下着の色で盛り上がりました。
ここにも左にゆけば行く程に色濃くなっていく下り坂の空気のコントラストが出来上がっていました。
懇親会もとても楽しく参加させていただき三欲満たされた食事会となりました。

・・・・・・・

千葉吉胤妙星司家
この度も縦横無尽、円満の秘訣を惜しみなく御教導していただき有り難う御座いました。
前野功妙経会長
カメラ撮影から運営、事務など有り難う御座いました。
ハッピー秘書
何時もお気遣い有り難う御座います、廃れた公家の再興を目論み一所懸命頑張ります。

スタッフの皆様
裏方でのお手伝いご苦労様です、この度も誠に有り難う御座います。

〇〇会員、〇〇会員
この度は会場提供していただき誠に有り難う御座いました。

以上で拙い報告ではありますが秘伝会の参加報告とさせていただきます。

秘伝会報告No2 関東地区秘伝会会員

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております

秘伝会会員です

18日に「秘伝会」が行われましたので報告をさせていただきます

会場提供していただきました秘伝会会員の方 この度は素晴らしい空間を学びの場に提供していただきましてありがとうございました

今回の秘伝会会場の治療院は外観が千葉司家にデザインしていただいた治療院です

茶を基調とした色調ですが 看板や施術家の画像のインパクトが強く

街の雰囲気になじみつつ でも目立つという千葉司家の色々な仕掛が散りばめられた凄いデザインの治療院でした

大通り沿いに色々なお店が立ち並ぶ中一際目立つ店構えとなっておりました

人通りが多い街並みで 院の前を通る人々は殆どがこちらの院内を覗きながら歩いておりました

如何に興味を引く作りであるかがお分かりいただけるかと思います

そんな治療院で秘伝会が行われました

内容は3月教伝会で相伝されました「妙見十王之活」の奥秘伝の内容となりました

我々はつい人の体を平面の四角形と見てしまいますが

実は円筒形であるという認識に変えないといけないことを3月の教伝会より学ばせていただいております

自然界を見渡しても植物は「木」「茎」「根」総てが円筒形です

人の体も外観だけでなく 神経・血管・筋繊維・脊柱。。。やはり円筒形の集合体です

これを意識して「妙見十王之活」を行うわけですが

不具合が消失するのか残るのか?

一瞬治療が戻らないのか戻ってしまうのか? 

これは円の「☆☆☆☆」というのがとても重大な要素となっておりました

今回も千葉司家は「妙見十王之活」にちなんだ小道具を用いて目で見て分かる「妙見十王之活」の

エネルギー療法を分かり易くご教示いただきました

それは知恵の輪のようなものなのですが通常の固定概念だと絡んだものを取ることが出来ませんが

発想を変えると簡単に絡んだものを外すことが出来ます

いつもここの発想のなさに反正です

そして絡んだものがスムーズに抜けていく方向性。。。

そこに「妙見神形」が現れ不具合が消失するのだと思いました

これを色々な場所で練習していきました

兎に角イメージは今回の小道具でした

また痛みの動作に色んな方向性が絡んでいる場合の裏技というのもご教示いただきました

私個人は1か月くらい前から腰痛で悩まされており常時の鈍痛と方向による刺すような痛みがあったのですが

この円筒の法則をつかった腰背部の調整で嘘のように鈍痛や動作痛が消失致しました

また北斗七星を意識した手にするだけで北斗七星の螺旋作用が降りてきて

瞬間的に関節の可動域が劇的に変わる触れ方のご教示がありました

何も考えずただそうするだけでの変化なので度肝を抜かれる活法でした

これにより「辛い」「苦しい」「悲しい」の三苦がなくなり円満具足になるのだということです

今迄のあらゆる活法もこの北斗七星を意識した手にするだけでまた違うステージへ昇華していきました

「妙見十王之活」を使った北斗起承の公開もしていただき

もはや床に手を入れることなく自動的に起き上がらせる方法へと変化していきました

また茅の輪くぐりも今回の方向性をつかった方法をご教示いただき

茅の輪くぐりの更に細かなコツの内容が明らかになりました

それとともに「茅の輪起こし」というこれも茅の輪で自動的に体が起きてくる秘術の公開がありました

術を受けると非常に頭がスッキリし目の前が明るくなります

ただしなかなか自動運動を起こせなく今後練習が必要だと痛感いたしました

今回も千葉司家のお持ちいただいた小道具が「妙見十王之活」の仕組みをとても分かり易くしていただきました

どういう輪を作るのか?漠然と輪を作るのではなく更に深い認識をもってこれからの臨床に生かしていきます

千葉吉胤妙星司家 この度も奥秘伝のご教示を賜りましてありがとうございました

前野功妙経会長 この度も貴重な映像を撮影から編集・DVD制作とありがとうございました

由利はるな初日司家秘書 この度もセミナーの様子の撮影をしていただきましてありがとうございました

秘伝会参加報告No3 関東地区秘伝会会員

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、何時もお世話様です。

〇〇より秘伝会の参加報告をさせて頂きます。

今回の秘伝会会場は、
〇〇街道沿いに新規にオープンされた治療院で人通りの多さにビックリしました。

外装は茶色にてとても落ち着く感じで
前面のガラス面は、施術風景の写真をガラス一面に貼られていてとても目立ち、

内装は白にて清潔感のある綺麗な治療院だと思いました。
懇親会の帰りに駅に行く為に
治療院の前を通るとライトアップされて辺りのお店よりとても輝き目立ってました。

今回は十王之活の縦横の世界を教伝会、奥伝会より更に深くを
秘伝会にて千葉吉胤妙星司家よりご教授して頂きました。

十王之活に通ずる、
ある道具を見せて触れさせて頂きとても分かりやすく痛みや不具合が楽になる事をイメージできました。

☆☆が持つ不思議な力を見て、聴いて、
千葉先生に触れて頂き、体感させて頂きました。

今回秘伝会に参加させて頂き
この世の中全てが円筒形の属性による物のため、
患者さんの痛みや不具合を平面的に
見るのでは無く円筒形に見て、
今までの四角の世界の見方から
円筒形の世界の見方にする事の大切さを学ばせて頂きました。

秘伝会の翌日に右肩が半年前から、
左肩が1年前から上がらず痛いという患者さんが来院し
秘伝会で早速教わった五十肩の技を
お借りして施術をさせて頂きました。

来院時に着替えた服のハンガーを
カーテンレールに掛ける事が腕が痛く上がらずに出来ない為に
私が掛けてましたが、
秘伝会での五十肩の技をお借りした所
施術後はご自身でカーテンレールからハンガーを取っても痛く無く不思議だと、とても喜ばれ笑顔で帰られました。

千葉先生
秘伝会に参加させて頂き
十王之活をお借りするに当たり
道具にてイメージが出来た為にとても使い易くなりました。
これからどんどん患者さんに使い
更に精度を高めて行きたいと思います。

前野会長
何時もメールの配信から管理、DVDの撮影から編集をありがとうございます。
DVDにて再度内容を確認が出来る事に毎回有り難く思っております。

ハッピーさん
懇親会では楽しいトークありがとうございます。
忍者屋敷にいる人見たいと言われ
これから更に法術を極めたいと思いました。

秘伝会にて会場を提供から懇親会の準備をありがとうございました。
個室にてとても美味しい料理をありがとうございました。

参加された会員の方々ありがとうございます。

ありがとうございました。

秘伝会参加報告No4 東海関西地区 秘伝会会員

〇〇です。

この度は秘伝会に参加させて頂き誠に有難うございます。

千葉先生デザインの新規開業の秘伝会会員の治療院にて

開催されましたが駅から院のアクセスも良く

近くにはアーケードもあり

地域密着の院のイメージでした。

院の前には大きい車の通りもあり

本当に目立っています。

そんな中開催されました。

秘伝会私の詳細報告では無く

感想を書かせて頂きたいと思います。

 

テーマは「DNAと螺旋」

十という数字数字は苦=九に

一つ足して十になりますが

縦と横の二つの世界で十にもなります。

しかしながらこれは平面的な感じであります。

この度千葉先生がわかりやすく

秘伝会員に説明して頂く小道具が痛みの原因をきちんと視覚として解り易く説明して下さりました。

人間のDNAは二重螺旋

二重螺旋自体は永遠に続く

円筒形として感じますと

いかに普段から平面的な考えで治療していたか思い知らされました。

今回の秘伝会で妙見活法は人間のDNAを含めて本当に自然療法という事をあえて

千葉先生が小道具を使って説明して下さった事で本当に理解出来ました。

いかに普段は目の前の錯覚に惑わされているか

小道具を探したり、作ったりして

頂いて更に現象を目の当たりにする事が

本当に自分の治療院に戻った時に

患者様に説明し易いか本当に有難いです。

目の当たりに出来る事を当たり前にしてないか?

このところ千葉先生から様々な活を本当に現象として説明して頂ける事を当たり前になってないか?

反省したいと思います。

十という数字は回転するとXというアルファベットの最終文字になります。

しかし使い方を間違えてしまうとバツにもなります。

秘伝会参加報告No5  関東地区秘伝会会員

 

3月18日(日)に開催していただいた秘伝会の参加報告です。

今回は某所で新規オープンされた治療院で行われました。

うらやましいくらい人通りが多く、そして千葉司家デザインの看板がインパクトがあ
りました。

今回の秘伝会では、十王之活の奥義をご教授いただきました。

十王之活の奥義を視覚で、そして体感出来るよう千葉司家はある小道具を用意してく
ださいました。

詳細は書けませんが、何をしても全く外れなかった知恵の輪のようなものが

・・・口伝秘伝・・・・・・ことにより、意図も簡単に外れるようになりました。

・・・・口伝秘伝・・・・・いうが、十王之活の奥義です。

実際、それを意識するだけで体の痛みも可動域もあっという間に改善されました。

そして、北斗七星の「☆☆」を意識するだけで変わる世界を教えていただきました。

実際、「☆☆」を使わせていただくと内臓がみるみる柔らかくなり、活発に動き出したのには驚きました。

最後に「茅の輪起こし」をご教授いただきました。

茅の輪の作用ですっと体が起きます。

ちょうど私は頭が痛かったのですが、この「茅の輪起こし」を千葉司家にしていただき、

頭が爽快となり、その後の懇親会でも最高にお酒がおいしくいただけました。

千葉司家
この度は、螺旋の奥義をわかりやすくご教授くださいまして誠にありがとうございま
す。

前野会長
ご準備、動画撮影など私たちのために陰でご尽力くださいまして誠にありがとうござ
いました。

ハッピーさん
写真撮影、ハッピー理論をご教授くださいましてありがとうございます。

最後に、場所の提供、ご準備、懇親会の手配、後かたずけなどをしてくださった○○
さん、●●さんにお礼申し上げます。

参加された会員の会員の皆様方、お相手くださいましてありがとうございました。

お陰さまです。

秘伝会参加報告No6 東海関西地区秘伝会会員

いつもお世話になります。〇〇 です。

3月18日に〇〇整体院で行われました秘伝会に参加させていただきましたので、報告します。

会場を提供していただいた◯◯会員、○○会員に御礼を申し上げます。

〇〇街道沿いに治療院が面していていました。人通りが多くて、

治療院前を通る人は必ず、治療院を見ていたのが印象的でした。

もうすでに、たくさんの患者さんが来院されている様子です。

妙見十王之活の十王とは縦横、天地を表します。縦横は円筒形の縦横であり、

宇宙の根源は円筒形です。よって、宇宙から発生した物の形は、円筒形をしている。

草木、人間のDNAの螺旋も円筒形です。

今回もある小道具で、それを身体の不具合を表すもの準備していただいて、

説明をしていただけました。

十王之活が一瞬にして不具合を解消するシステムを理解でき、

具体的な作法の中でも螺旋を意識して行うことの重要性が分かりました。

・・・・口伝秘伝・・・・・を用いてお借りしなければ、不具合が解消されないことには、

興味を持ちました。

北斗七星の各々が螺旋となって降臨した北斗の手をお借りすることで、

一瞬に筋緊張や関節の可動域が改善しました。

この手は、今までの相伝していただいた活法に応用できると思います。

「妙見十王之活」を使った北斗起承では螺旋を用いることで、反射的に身体が起きてしまいます。

また、茅の輪起こしという、これも反射的に勝手に身体が起きてしまう。秘伝をご教授いただきました。実際に千葉先生の御手ほどきを受けましたが、一瞬過ぎて?何が起ったのか?わかりませんでした。ある意味のエネルギー療法と言っても過言ではないと思います。

五体満足を円満具足にするためには、仁が必要となります。また、五体不満足の場合、仁が抜けている状態であります。

今回も驚きの連続の秘伝会でした。内容をしっかり理解できていない部分もあるので、しっかりと復習をしたいと思います。

千葉 吉胤妙星司家 今回も暖かい、ご指導ありがとうございました。
前野 功妙経会長 撮影から編集まで、ありがとうございました。
由利 はるな初日秘書 写真撮影から秘伝会の進行までありがとうございました。

 

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!