「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年2月27日

 この記事は約 8 分で読めます。

高根木戸秘伝会参加報告No9

前野会長 千葉司家 会員の皆様いつもお世話になっております。

2月18日開催 高根木戸秘伝会の参加報告を致します。

秘伝会前日は、スーパー奥伝会、懇親会(シークレットナイトセミナー)にて、
妙見北斗之活の奥秘伝を相伝して頂きました。

そして、高根木戸秘伝会では、さらにエネルギー療法の世界を取り入れた
妙見北斗之活の相伝となりました。

様々な種類のエネルギーがある中、全てのエネルギーの根元となる
○エネルギーを転写した北斗の起き上がりは疲れの吹き飛び方が半端ではありませんでした。

疲れを忘れてしまう、我を忘れてしまうといった感じです。

○には回転させる力がありました。

○で回る道具をご紹介して頂きましたが、本当に不思議でした。

見ていて飽きず、何故か楽しい気分になってきます。

根元の力(エネルギー)なので回転となるのが必然だと分かりました。

一見不思議な現象は、
○→膨張→増幅→自動運動
という流れで起こる物理現象でした。

不思議なモノで遊んで体験すると、
不思議なモノである人の体の取り扱い方が分かってきます。

言行一致は○エネルギーの世界、くっ付く手も○の移動によるものでした。

○転写をご教授して頂き、
手の平によるエネルギー療法と言っている者が如何に下らない者かが分かりました。

エネルギーは与えるものではなく、内部で爆発的に出てくるものになります。

この度の相伝内容には、
三元の起こり、新たな一、オンオフなど
三元之活、一之活、整心之術の
要素が入っており、さらに第三螺旋 北辰丁之活にも繋がっておりました。

神合わずの作法に妙見活法の○技など、今回の秘伝会は本当に勉強させて頂きました。

千葉司家 前野会長 ハッピーさん秘伝会参加メンバーの皆様、誠に有り難うございました。

地元にて暖かい救済を実践してまいります。

中部東海秘伝会会員

高根木戸秘伝会報告No10

千葉吉胤妙星司家、前野会長、
由利はるな初日司家秘書、
会員の皆様いつもお世話になります。

秘伝会参加を許可して頂き誠に
ありがとうございます。

2月18日の高根木戸秘伝会参加報告です。

今回参加させて頂いた秘伝会では、

エネルギー療法の根源までご教導頂きました。

そして、ある物を院内に設置すると

○エネルギーで人間のエネルギーを

アップすることが出来ると

いうことでした。

早速アマゾンで注文しました。

使ってみます。

また、エネルギー療法を患者さんに

施術する際のコミュニケーションの取り方を

ご教導頂き、気をつけなければいけないと

あらためて感じ、

患者さんとの施術の中に

取り入れていきたいと思いました。

そして、特に嘘の治療をやっていると

術者の心が穢れてしまうと

いうことでした。

嘘はいけませんね。

妙見活法では、エネルギー療法のことを

法力と言います。

この法力の裏技が凄いものでした。

そして、エネルギー療法とは

物理の世界で証明出来るんだという

ことをあらためて感じました。

○エネルギーを物理的現象で

証明して頂きました。

とても不思議でしたが、

何故こうなるかということを

知ると本当に納得出来ます、

何の証明も出来ないエネルギー療法とは、

全然違います。

インチキなエネルギー療法に

騙されないようにします。

 

千葉吉胤妙星司家、前野会長、
由利はるな初日司家秘書、
ありがとうございました。

また、参加された会員の皆様
お世話になりました。

地域のため役に立てるように
頑張ります。

四国九州秘伝会会員

高根木戸秘伝会報告No11

皆様いつもお世話になっております

この度も高根木戸秘伝会に参加させていただきまして

また素晴らしい学びを得ることが出来ましたのでご報告さていただきます

この日も千葉司家より妙見のエネルギー療法をご教示戴く中で 

この度も目で見える物理現象を目の当たりにし

更に理解の深いものとなりました

総てのエネルギーに共通するものは「○」であり

そこに北斗の救いが合わさると手は 温かい救済 となり

かつ心はクールなマインドをもつ大事のお話がありました

実際にある温度で反応する器械を見せていただきました 

ある温度によって自動に動き出すこの仕掛けは

きちんとした物理現象によるもので つまり人間にもその現象をそのまま活用できる訳です

ある温度とは術者が与えるものではなく 患者さんの温度を術者が感じた時に現象の転換が起きました

これも一つの「察知」になります 相手の気持ちを察知するかの如く 相手の温度を感じる訳です

肩こりもこの温度の感知を起こすとそれだけでも背部がゆるゆるになりました

真っすぐしている姿勢すらも取れない位自動的に前屈運動を起こします

教伝会で相伝された「北斗起こし」も教伝会より更にバージョンアップし 

縦横を使った世界と温度を使い 自動的に起こす

方法の御教示がありました

起こすだけで 今の今まであった疲労などもその場で捨て去り瞬時にリセットできる

「陰陽三元之活」の起こし方になりました

やられている側はただ起こされているだけなのに体にバッテリーチャージ出来てしまう凄い内容でした

また相手のエネルギーをあえて蓄積させて欲求を貯めに貯めることで

エネルギーを高めて治していくというエネルギー療法の相伝もありました

患者さんとの会話に関しては やはり嘘はケガレていくので 

特に治せないのにリピートで引っ張る者は論外ではありますが

嘘を重ねていくとどんどん目つきが穢れるということでした 

また患者さんに「この症状治りますか?」と聞かれたときの答え方や

エネルギー療法のような一見不思議な治療に患者さんは

「先生 これはどういう仕組みなんですか?」と聞くことがありますが

質問にそのまま丁寧に答えるものでは無く

嘘も本当のことも言わずに上手にはぐらかしていく答え方の御教示がありました

そして症状というのは我を忘れビックリさせたときに体も治っていくということでした

ということは治療に中に行き過ぎない不思議をどれだけ散りばめられるかということになります

また陰の言葉が相手に強い印象を与える

ということでそれを利用した治療院での言葉の使い方のお話しもありました

私は今迄 患者さんの理解を得ようとまともに答えていた所が多々あり

反正するとともに今後の接し方を改めるとてもいい機会に恵まれました

やはり触れ方とともに実にならない虚実の狭間に会話も入っていくことが整合性がとれるのだと思いました

また院内の景観に関しては☆エネルギーを利用した自然界の☆を取り入れて不思議感を演出する方法のお話がありました

当院も早速購入させていただきました

妙見エネルギー療法は総て物理現象であるという千葉司家のお話しの通り

総て何となくのスピリチュアル現象ではなく しっかりした裏打ちのある治療術です

特に物理現象を器械で見せていただくことにより体内でこの物理現象が起きているのだということが

とてもイメージし易いものとなりました

今回相伝いただいた内容も早速現場で使っていきます

千葉吉胤妙星司家 この度は「妙見北斗之活」の秘伝をご教示いただきましてありがとうございました

前野功妙経会長 この度の貴重な内容を映像に収めていただきましてありがとうございました

由利はるな初日司家秘書 この度も秘伝会の様子を画像に収めていただきましてありがとうございました

ご参加されました秘伝会会員の方々 ありがとうございました

関東秘伝会会員

高根木戸秘伝会報告No12

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書 会員の皆様お世話になっております。

〇〇です。

2/18に開催されました、秘伝会の参加報告をいたします。

新たな道具か登場しました。

物理現象で不思議に思ったりする事は沢山あります。

また五感で感じるもので、潜在的に気持ちいい心理作用を起こすものを、考え、調べ、取り入れると良いとのことでした。

見えない世界というのは、神秘性があります。

そこにびっくりと不思議が入れば、さらに強い反応になります。

患者さんとの言語のやり取りから、びっくりに繋げる一例を御教授していただきました。

会話、作法はシンプルですが、裏側はとても高度に思います。

自然や心理を深いところまで理解していないと、できる作法ではありませんでした。

治療に絶対必要な事は何か?

妙見活法の教えに答えはありました。

またエネルギーについて新たに学びました。

エネルギーは色々あります。

運動エネルギー、位置エネルギー、化学エネルギー、電気エネルギー、光エネルギー、核エネルギー、力学的エネルギー・・・・・・・

これらのエネルギーは関連しながら相互作用しているのが多いと思います。

その中で根源エネルギーは☆エネルギーでした。

以前学んだ、人は「ひのと」というのが、私の中で出てきました。

生命活動中は熱があり、あたたかいです。

高体温で癌が発症しないという情報もあります。(39.3℃)

癌細胞を死滅させるのには42℃といわれていますが、他の細胞も死滅する恐れがあるそうです。

人は、風邪を引いた時など、ウイルスに対抗するために体温を上げたり、発汗して体温を下げたりで体温管理を無意識に行ってます。

また体の中心と末端では体温が違いますし、心理状態でも体温が変化しますが、基本的にバランスよく丁度よい体温を保っています。

私は温浴施設が好きでよく行きますが、サウナがあれば必ず入ります。

そして汗を出し、少し我慢して、水風呂に入ります。キューッと体の穴が締まる感覚が好きで、時間があれば2,3セットします。

口腔や脇下は、空気の触が少なく安定した体温が測れるために、体温計はそこで使っていると思います。

ただあたたかいだけでなくクールなマインドも必要です。のぼせないよう冷静な判断を心がけたいです。

今回の秘伝会では、妙見一之活での今までの活のまとめを深くし、さらに新たな認識を加え、新しい始まりに繋げるものでした。

オドリの世界で妙見活法の裏技でした。

一つ一つが重なって、流れて繋がっていく様は、エネルギーがうねりとなって膨張していきながら、結で放出して引かれ、

10から01に戻っているようで進んでいる、オクターブ上昇の螺旋を感じました。

色々な要素が詰まった濃い内容の相伝でした。

運よく参加する事ができ学ぶ事ができてよかったです。誠にありがとうございます。活かしていきたいと思います。

中部東海秘伝会会員

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!