「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月2日

 この記事は約 5 分で読めます。

高根木戸秘伝会参加報告No13

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

ご報告遅くなってすみません。

2月18日、高根木戸秘伝会に参加させていただきましたので感想をお送りいたします。

今回の秘伝会は「妙見北斗之活」の教伝会や昨日の肩こりナイトショーに引き続き、

北斗の起こしをさらにやり易くする方法や、

それに用いられたエネルギーの理論などなど、盛りだくさんな内容でした。

そしてエネルギーというものを私たち会員がわかりやすく理解できるよう、今

回も道具を使って説明してくださいました。

最近の相伝ではエネルギー=法力の概念が少しずつ加わり、

いよいよ4月からエネルギー療法の相伝がはじまりますが、

エネルギーを用いた治療を行う上でとても大切な心構えを教えて頂きました。

それはウソもいけないし、ホントのこともいってはいけないということです。

ウソを言えば自身が穢れ、ホントのことを言って相手とかみ合わせれば邪を被ることになるとのこと。

嘘と真の中庸をとって話を進めていくこと、相手に合わせずうまく話をはぐらかし、

かつ嘘は言わないという、非常に上手な返しポイントを学ばせていただきました。

今回のエネルギーの説明で登場した道具、これも大変興味深いものでした。

道具にあることをすると勝手に回転しはじめます。

しかも徐々に、回転運動に変換され、なんとそれは次第に加速していくのです。

「なんなんだろう、この不思議と癒される回転は。」

オリバー君ははじめて見るおもちゃに大変感激、癒されました。

機械が回転を起こすためには、動力源が必要であり、

直ぐ思いつくのはガソリンや軽油で動くエンジン、電気で動くモーターが思い出されます。

原理を聞かなければ、あるところにポンとおかれただけのもので、

こんな高速に回転するものなのか?と大変不思議なものに映ります。

しかし、しっかりとした物理現象であること、盲目的になってはならないというエネルギー療法を用いる上での大切なことを改めて認識いたしました。

そしてわずかとも思われるエネルギーでもこれだけの高速回転が生まれるという現象に、

作法を行う上で体内にも回転が生まれるというイメージがしやすいものとなりました。

ちなみに、とても気になったので帰ってからネットで調べました。

名は「☆☆」というそうです。

今回の秘伝会の温かい救済方法は、このような☆エネルギーを利用し、

受け手の回復の回転を高めていく秘術でした。

また今回の秘伝会で、もうひとつとても気になったのが丁の本当の形象。

丁の象形はこれまでは2次元的な見方とのこと

さらに立体的な捉え方をすることにより、レベルアップしていくそうです。

第3螺旋の丁がとても楽しみなものとなりました。

今回も貴重な相伝をご教授いただき、秘伝会に参加させていただきましたこと、感謝申し上げます。

千葉先生、前野会長、ハッピーさん、そして参加された会員の皆様、ありがとうございました。

中部東海秘伝会会員

高根木戸秘伝会参加報告No14

前野会長、お疲れ様です。

2月18日に開催されました、高根木戸秘伝会の報告をさせていただきます。

冒頭には心理療法にも使える、〇のアクセサリーの紹介がありました。

この〇を見ると幸せを感じるそうです。

 

★エネルギーを道具使って説明していただきました。

エネルギーは全て物理的に説明できるんですね。

それが活法に応用されているというのは凄いことだと思います。

 

★相手のものを受けない方法
どのようにすれば大丈夫なのかご教授いただきました。

エネルギー療法は相手の質問に対してかみ合うと受けてしまいます。

的外れな返答をしなければダメですね。

 

★ずっしり入る言葉
目に見えない、聞こえない物に反応するので、良くも悪くも陰口がずっしり重く腹に入ってしまいます。

飲食店で会計を済ませ、相手が意識していないところでボソッと「美味しかったね」と言うと直接言われるよりも響きます。

 

★北斗起こし
エネルギーを使った北斗の手の北斗起こしをご教授いただきました。

この手で触れると、自分の手が温かくなり相手も温かくなります。

☆☆エネルギーは回転を生むので簡単に起き上がります。

あまりにも簡単にストンと起き上がってしまうので、何が起きたのかわからず我を忘れます。

我を忘れるから疲れが飛んでしまいます。

起きるの起は始まりとなり、軽く上げられることで捨てられ、腹が立つから三元が上がる。

なぜ疲れが吹っ飛んでしまうのか理由が良くわかりました。

 

★エネルギーを溜める
エネルギーは与えるものではなく、自分自身のエネルギーを溜めることで治ります。

自分がやりたいように出来れば、エネルギーは放出されてしまいます。

やろうと思っても出来ない、やらせてもらえないと言う状況で欲求不満のエネルルギーが溜まり、さらに怒りのエネルギーも溜まって行きます。

そのエネルギーを利用することで身体が治ってしまいます。

 

物理的に説明できるものがエネルギー。

☆☆エネルギーを使うことで北斗起こしも更に簡単に。

気をつけなければならないことは、エネルギー療法が出来るようになっても、自分が凄くなったと言うことではないことです。

千葉司家が道具を使って、エネルギー療法は物理的に説明してくださいます。

自然界に普通にある現象をお借りしているのが、エネルギー療法だと言うことをしっかりと認識しなければならないと思いました。

いつでもCool & Mindで行きたいと思います。

 

千葉司家
妙見北斗之活の奥深い教導をありがとうございました。

前野会長
会場の提供、ビデオ撮影とDVD作成ありがとうございました。

ハッピーさん
会場内の写真撮影ありがとうございました。

ご一緒いました秘伝会会員の皆様、ありがとうございました。

関東秘伝会会員

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。