「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年5月24日

 この記事は約 13 分で読めます。

☆小林努先生 神奈川県相模原市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

5月19日に開催された第3回スーパー奥伝会
「妙見内臓調法」〜北斗の腹活祭〜に

運良く参加することが出来ましたのでそのご報告です。

☆始めに

玉川会員、梅原スーパー奥伝会統括局長に御礼申し上げます。

今回のスーパー奥伝会「内臓調法」の開催は

玉川会員の嘆願と梅原スーパー奥伝会統括局長の開催へ向けての働き掛けが無ければ決して実現しませんでした。

玉川会員、梅原スーパー奥伝会統括局長、ありがとうございました。

☆全ての司令塔

人の体内は約70%が水になります。

内臓も脳も骨格も細胞一つ一つも水に浮いており、

「全ての司令塔は水」であるという事が分かりました。

☆内臓の形

医学書などに載っている内臓は、

本来の形では無く死んだ内臓と同じものでした。

お腹の★★の中でイキイキと活動している

本来の内臓の形を小道具を使って見せて頂きました。

それらに実際触れる事で、

内臓がお腹の中で★★に浮いている様子や

腸が振動で動く様子などを自然と感じる事が出来ました。

☆生活習慣

内臓の治療は「妙見内臓調法」をお借りすれば回復に向かいますが、

完全に治すには

その後の生活習慣や食事を改める事が大切であると分かりました。

そのことを踏まえて「妙見内臓調法」をお借りすることで、

久保信さんや前野会長のような重篤な症状も

数手で回復に向かってしまう事が分かりました。

☆★★★★手水鉢

千葉司家がお家に代々伝わる

「★★★★手水鉢」を持ってきて下さりました。

この手水鉢はとっての部分を擦ると龍神様が鳴いているような音を奏で、

中の水が龍のように何度も跳ね上がりました。

その波動水に手を入れる事で妙見の波動を持てるようになるとの事でした。

実際に手を入れると中は物凄い振動で、

その波動水の振動がずっと手に残りました。

これは治療者としての一生の宝になります。

千葉司家、ありがとうございました。

☆実技

実技の詳細は省かせて頂きますが、たった二手で、

様々な内臓疾患や冷え性などにも対処出来るとの事でした。

この後、府中研鑽会や神奈川研鑽会に参加させて頂く予定なので、

そこでしっかりとモノにしていきたいと思います。

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書梅原二郎妙順スーパー奥伝会統括局長
正伝妙見活法協会会員の皆様

この度はありがとうございました。またよろしくお願い致します。

お陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

☆牛込喜浩玄聖先生 東京都足立区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、スタッフ、会員の皆様いつもお世話になっております。

東京都足立区の牛込喜浩玄聖です。

6/19に開催されたス-パ-奥伝会 「妙見内臓調整法」北斗の腹活祭の参加報告です。よろしくお願い致します。

今回、相伝していただいた妙見内臓調整法は、参加の会員の先生方が今までに教わった内臓調整法とは質、効果が全然違うもので参加された方々みなさんとても驚いたと思います。

私もこんな内臓調整法があるのだと驚きました。

しかし、千葉吉胤妙星司家の話を聞く事で、これは当然の事だととても納得しました。

妙見法術は合戦の中から試行錯誤し生まれ、生身の人間をその場で治し復活させる。

それも素早くが基本です。

それを千年以上の時間と何代もの宗家の方々が妙見法術を研ぎ澄まし現在に至ります。

しかし、私達が今まで教わった西洋医学は、亡くなられた人達を解剖する事で人体を学び、生きている人も亡くなった人も同じ扱いで、こうあるはずだと治療をしています。

しかし、私達が相手にするのは生身の人間です。

生きている人間の身体は60~70%が水です。

この水を使わない理由はないと司家は言っておられました。

お話を聞いて確かにその通りだと感じました。

実際に詳しく書くことはできませんが水は・・・・動かす事が出来ます。

妙見内臓調整は位置エネルギ-からの運動エネルギ-を使って波動をつくり内臓調整を行います。

実技練習で各自パ-トナ-と練習をしましたが、今までは按腹やら手を当てて何分もかけて調整をしていましたが妙見内臓調整は違いました。

1分もかかりません、いや30秒位でしょう。

効果も凄いです。

私の太鼓腹が引っ込みズボンがあっという間にゆるくなりました。

今まで教わった内臓調整はいったい何だったのでしょうか!!

その他にも、内臓調整を行った患者さんへの食事のアドバイスや方法や、

☆☆☆☆手水鉢を使い、本来ならば妙見法術習得最終章に相伝される事を

今回の「北斗の腹活祭 妙見内臓調整法」で

私たちに相伝してくださいました。

本当にとても光栄な事と思っています。

懇親会でも時間の関係で質問出来なかった事に対応してくださり、

とても楽しく有意義な時間でした。

今回ス-パ-奥伝会の開催にあたり御尽力頂いた梅原二郎妙順ス-パ-奥伝会総括部長、誠にありがとうございました。

千葉吉胤妙星司家ス-パ-奥伝会の開催の決断、そして妙見内臓調整法の相伝ありがとうございました。

お陰様で波動を使える手を得る事が出来ました。

前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、スタッフの皆様、会場の確保、準備、ビデオ撮影など大変お世話になりました。

お陰様でとても良い学びをする事が出来ました。ありがとうございます。

相伝された事を体の不調で困っている患者さんに還元できるよう精進致します。

正伝妙見活法協会会員 牛込喜浩玄聖

☆松井孝之先生 大阪市

前野会長いつもお世話になります。大阪の松井です。

5月19日に開催されたスーパー奥伝会の参加報告をさせていただきます。

今回内臓調整を教導いただき、

本当に今までの考え方の概念がひっくり返りました。

千葉家でも秘伝中の秘伝の内容を教導いただき、

千葉司家ありがとうございました。

今回のスーパー奥伝会を開催まで導いてくださった前野会長、ハッピーさん、梅原スーパー奥伝会統括局長、スタッフの方々、懇願書を提出してくださった会員の皆様ありがとうございました。

教伝会でも今エネルギー、波動を教えていただいていますが、水、波動がここまで人間の体に影響があるとは考えもしませんでした。

活法に出会う前は、せいぜい飲まないと死ぬ、悪い水よりいい水を飲むくらいの認識でした。

水により体中の情報の行き来や、内臓、筋肉、骨格、全ての細胞一つ一つまでも浮いているという認識は教えていただかなければ一生辿り着くことはなかったと思います。

お腹の圧痛やしこりも内臓が固くなってでているのではなく、水の形がおかしくなり水圧で内臓に痛みを感じている。

それを撹拌して全体の水の形をよくする。

こんな発想が1000年前からあったなんて信じられません。

近代医療は死んだ体を解剖して色々調べるが、生きている状態とは全く中の状態は違います。そこが近代医療で解決できないことが多い理由がそこにあるんですね。

今回キーポイントになったのは法道之活とエネルギー保存の法則です。

物でも説明いただき、本当にわかりやすかったです。

実技の内容はふせさせていただきますが、翌日すぐにお借りしたのですが、患者さんは

「なんで?なんで?」の連続で、かなり喜んでいただけました。

現在長年当院に通ってくださっている方が癌の告知をされたと先週にお聞きしたので、今回の内臓調整と生活習慣の見直しを伝えさせていただき、精一杯お役に立てる様に頑張ります。

そしてなんといっても波動水の中に両手をつけさせていただいたことが衝撃できた。

中に入れた瞬間振動、波動が伝わり、ゾワッとしました。

手の質も変化したようで、患者さんに触れていてもすごく細かい感覚が伝わる感じがします。

教えていただいた生活習慣もさっそく購入し、毎日しております。これからも続けていきます(^^)

今回も本当にスーパーな内容でした。

本当にありがとうございます。

懇親会も楽しく参加させていただきました。

臨床でドンドン使って人様のお役に立てる様に、還元していけるようにがんばっていきます。今回もありがとうございました。以上参加報告です。

大阪 松井 孝之

☆藤井崇司先生 和歌山県岩出市

前野会長こんにちは。いつもお世話になります。和歌山県藤井崇司です。

この度はスーパー奥伝会を開催して頂き、そして参加させて頂きありがとうございました。
梅原局長、前野会長、千葉司家、スタッフの皆様、各会員の皆様のお陰様です。
本当にありがとうございます。

内容ですが、全くこれからも気づく事がないであろうの相伝の連続でした。

司令塔は、予想外の○○であったり、それを位置エネルギーからの波動であったりと波を立てる意味のご教示を頂き、すごい相伝を頂いているなあと感動的でした。

そして、DVD でみる道具が登場しました。
見た目は分からない?何がどうなってるのか?
いざ触らせて頂きました。
思ったより軽い。こんな軽くて中が?
なんて思いながら感触を確かめていました。

もうひとつ。
鉢の中に手を入れさせて頂きました。これがまさかまさかの相伝でした。
みるだけでも、神秘性があり、音と触れ、水、波、空気の音が振動していたように思います。
そこに手をいれる。あり得ない、あり得ないの連続技でした。

このスーパー奥伝会に思いきって来て、そして司家にイメージをこれでもかと教えて頂ける事。

自分の何故?何でこんな事が起きるのか?にたいしての疑問をことごとく
解消できる場でした。
司家の言われる響きが言葉にも空間にも体感できたことで大分イメージが湧いてきました。ありがとうございます。

また、落下エネルギーと位置エネルギーの関係図を知ることで○○のロスを軽減できたり、パソコンや車などの熱エネルギーを発するものとクールの関係を知ることで、mindを保つ意味も繋がりました。

何故そうなるのか?何故こんな事が起きるのか?をイメージに繋げていかないと、触れの理解に結び付かないように思います。精進あるのみです。

そして、懇親会にも参加させて頂きました。
また第3の道具が登場しました。あり得ない現実が目の前に起こります。
熱エネルギー、錯覚、位置、落下、圧、跳ね、振れなどが関係するのではと感じました。まだまだイメージは尽きないです。

私はこれからもこの凄い学びに参加させて頂きたく思います。
しかし、諸事情でDVD での学びが中心になるとは思います。
自分の中でイメージをしっかり見失わないように努力していきます。今回はありがとうございました。

☆糸山礼子先生 神奈川県横浜市

スーパー奥伝会 北斗の腹活祭 妙見内蔵調法の感想を送らせていただきます。

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書

梅原二郎妙順スーパー奥伝会統括局長 玉川会員

協会のみなさま お世話になっております。横浜市の糸山礼子です。

本来は、正伝妙見活法を極めた方しか学ぶことを許されないはずの

内蔵調法を学ぶことを許可していただきました、ありがとうございました。

また、特に梅原二郎妙順スーパー奥伝会統括局長には、

開催へのご尽力をいただきまして、ありがとうございました。

体のほとんどは水からできていること、

その水は情報水とも言えるべきもので、

体に対する司令塔とも言うべき情報を持っていること、

そして内蔵や脳はその情報水に浮いていることなどのお話しからはじまりました。

水に浮いていることや、体の中に内蔵されているものであることから、

体の外から内蔵に対して1つ1つを触って治すという意味で

アプローチすることは不可能であると解説していただきました。

内蔵だけでなく、骨格も水に浮いているということです。

風船の中に、骨格や内蔵が水と共に収納されている様子を想像してみると、風船の外側から水を押しのけて中身の一つ一つに直接アプローチしようとすることが、いかに無意味であるかがわかります。

直前の学理講座では、水と波動について学びました。水は波動を伝える役目を持ち、また不具合を消す作用を持っていることも理解しました。

そして今回は、

・内蔵は水に浮いている

・内蔵に変な水圧がかかったりゼリー状になると、痛い・重い・苦しいといった症状がでる

・内蔵の水を・・・・・・を良くする

・位置エネルギーで・・・・・・広げる

・位置エネルギーを落として・・・・・揺れる

という理解へとつながりました。

外側を止めると内側がクルクルと回る天球儀という道具をつかっての説明も、理解を深めることに役立ちました。

また、これらの一連の施術を行うために、一子相伝であるはずの

★★★★手水鉢の波動の中に手を入れさせていただく儀式を体験させていただきました。

そして、北斗の腹活祭に参加させていただいた私たちの手を、

波動を持つ手にしていただきました。

★★★★手水鉢の水の跳ね上がりは躍動的で、

その水の音が鳴き声のように感じました。

波動水の中では、手がビリビリと痺れるような感じがし、

その後もしばらく手がジーンとしていました。

他にも、☆☆☆☆☆☆ムと★★★ムの解説、

体に対する★★★と★★★★★ムの違い、

〇〇〇〇ジュースと☆を摂ることの解説、

〇〇の利用の仕方なども学ばせていただきました。

ところで、腹活祭の2日後に、

主人が右腎部分摘出手術を受けることが決まっていました。

右腎臓に悪性が良性かの判断がつかない腫瘍が見つかったため、

病理検査を兼ねた部分摘出するためです。

腹活祭の翌日に入院する事になっていたため、

腹活祭から帰ってすぐに、内臓調法を実践し、

手術当日の朝も実践してみました。

腫瘍に対してのアプローチはできないとしても、

せめて内臓の水に螺旋の攪拌と波動を起こして、

何かの良い作用があればラッキーだと思って実践した次第です。

手術直前に、内蔵調法のための波動を持つ手にしていただけたことが、と

ても幸いなことだと思いました。

今回は、タイミング的にも内容的にも、

値段のつけられないほどの歴史的な価値のある内容を相伝いただきまして、

本当にありがとうございました。

神奈川県横浜市 糸山礼子

☆仲山竜一郎先生 京都市

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。京都の仲山竜一郎です。

5/19のスーパー奥伝会 内臓調法に参加させて頂きました。

ありがとうございました。

今回も非常に分かりやすく、内臓の属性や内臓がどういう状態にあり、

それをどのように質の転換を起こすのか?

などなど詳細なご教授を頂き、

内臓調法というものを理解させてもらえました。

ありがとうございました。

(水の属性)
水という日常生活で当たり前にあるものに、

ものすごい属性があることをご教授頂きました。

人間の身体もほとんどが水で構成されているので、

水の属性を知ることが治療家として如何に大切か痛感しました。

水は、流れ、振動、圧力、熱、冷、色など様々な力を生じさせ、

またその形や属性を自由自在に変えていきます。

これを治療としてお借り出来ることが、どれほどすごいことか?

今回の内臓調法の相伝で現実のものとなりました。

(不具合)
不具合は、身体の中の水の形や質がおかしくなっている状態。

確かに、自然界でも水の流れが滞ると水は腐り

その中に存在する生物は死んでしまい、バクテリアや菌などが繁殖します。

人間の身体の中でも同じような事が起こっているのだと想像しました。

そんな身体の中の水の状態を〇をもって活かす活法を相伝して頂きました。

しかも、〇〇エネルギーを使うということを目で見て触れて、

非常に分かりやすく相伝して頂きました。

日常生活でも上手く事が進まない時というのは、

同様のことが起こっているのだと思いました。

自分自身の動きが滞ってしまっては、

流れや運びなどは生じないということが深く理解できました。

その状態を解消するための作法やどういった考えをするのか?

など、内臓の調整だけでなく、

日常の様々なことに活かせる相伝は非常に有り難かったです。

(★★★★手水鉢)
千葉家に伝わる★★★★手水鉢を公開して頂きました。

実際に身体の中でどのように不具合が改善されていくのかを

この目で見ることが出来ました。

この目で見させて頂き、

触れて実感させて頂けることで臨床ですぐにお借り出来るようになります。

秘伝の公開を有難うございました。

(感動)
水は感じて動くということが分かり、感動しました。

妙見活法の極意は日常に根差しているということが、

どれほど凄いことなのか?

また、それを分かりやすく相伝して頂いていることが

どれほど有り難いことか?実感しました。

(食事)
内臓調法には、食事の指導も重要になる。

具体的な内容は控えさせてもらいますが、

患者さんも実践しやすく非常に効果の高い食事指導をご教授して頂きました。

自分自身もすぐに実践させてもらっています。

やはり内臓の調子が良くなると身体全体の調子も圧倒的に良くなることを身をもって実感しております。

そして今回のスーパー奥伝会 内臓調法は内臓だけにとどまらず、色々なことに応用しお借りできる内容でした。

毎回ですが凄かったです。

千葉司家、この千葉家の奥義ともいえる内臓調法の公開をして頂き有難うございました。

また、この奥義である内臓調法公開に当たり能動性をもって現実のものとして頂いた梅原会員、前野会長有難うございました。

会場の準備や案内をして頂いた会員の皆様、有難うございました。

ありがとうございました。

京都 仲山竜一郎

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。