「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2017年5月30日
最終更新日:2018年7月3日

 この記事は約 4 分で読めます。

前野会長、千葉司家、会員の皆様、
お世話になっております。

先日の教伝会にて相伝していただきました
「陰陽三元之活」によって

過呼吸症候群の症状が
劇的に改善した臨床を
報告させていただきます。

ここ一ヶ月の間に
夜中過呼吸で二回病院へ運ばれており、

医者からはストレスが原因だと
診断されているとの事でした。

ご来院された時は、
フラフラの状態で酷い頭痛を伴っており
顔は真っ青の状態でした。

自ら車を運転する事が出来ないため、
旦那さんに院まで運んでもらい、
息子さんも心配で同行されておりました。

体力を完全に失っており
仕事も休んでおられるようで、
夜中いつ過呼吸になって

また息が止まってしまうのかが怖くて仕方がない、
ご家族の方も不安で夜眠る事がままならず、
寝不足の日々が続いているとの事でした。

これでもかってぐらい元気のない姿で、
今にも貧血で倒れそうな状態のため、
話をしたり聞いたりしてる場合ではなく、
すぐさま施術に取りかかりました。

「○○さんの頭痛、過呼吸の原因は、
ストレスではなく骨盤と首の骨です。
すぐに助けますから安心してください。

このくらいの症状だったら
時間はかかりませんから、
一瞬で治りますから。」

と言って、五臓六腑の立ち上げ操作と、
☆☆☆☆を中心に頭部☆☆の回転操作、
そして深呼吸を数回してもらいました。

かかった時間は1分以内だったと思います。

見ているこっちが
びっくりしてしまいましたが、


顔色がみるみる赤みを帯び出し、

目力が急に鋭くなり始めました。

「うわー!なんですかこれー。」


目をまん丸く大声を上げられ
別人に変身してしまったかのような反応でした。

本人いわく、
何か下から突き上がって来てるような感じがします、
と言っておられました。

頭痛ふらつきは完全になくなり、
誰が見ても健康状態そのものに
一瞬で転換してしまいました。

そして本人の口からは、

「今は何だか元気が
有り余ってるぐらいです。
信じられません。」

と仰られました。

数十秒で終わってしまったため、
お茶でも一緒に飲みながら
本来最初に行う問診をしました。

症状がなかった頃と
症状が出始めた頃の間に

何か普段と変わった事は
なかったか聞いてみた所、

(※執行部注:ウェブ掲載にあたり情報を一部削除しました)

それを思い出したと同時に、

「そういえばその日から体に異常が出始めてます!」

と本人の中で何かが一致したようで
驚きの声を上げられました。

(※執行部注2:ウェブ掲載にあたり情報を一部削除しました)

医者からは
脳神経外科での
検査を勧められており、
予約もしてあるとの事でしたが
本人は元気が有り余ってる状態ですから、
予約はキャンセルすると仰っていました。

お茶を飲みながら、
病院へ運ばれた時は
真っ暗闇の中に手だけが見えて
手招きされてましたよ~、
本当に怖かったですーと、
笑い飛ばしておられました。

後日、患者さまからいただいたメールです。

おはようございます。
あれからずっと体は辛くないです。
昨日の夜も元気が有り余ってる感じでした~(笑)

ご家族の心配もあり、
脳神経外科での検査はされたようですが、
異常なしとの事です。

仕事にも復帰され、
お陰様で家族みな健全な生活を
取り戻しています
との事で
本当に嬉しいかぎりです。

千葉司家、
先日相伝していただきました
陰陽三元之活によって、
窮地に困っている方を
すぐさまお助けする事ができ、

また妙見過浄之活の理論に基づいて、
患者さまの見逃した
御陰様を探し出す事もできました。

根源から治してしまう
とんでもない秘術を
教伝していただきまして
誠に有り難うございました。

以上で臨床報告とさせていただきます。

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!