「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月6日

 この記事は約 3 分で読めます。

臨床報告をいたします

16歳 女性

主訴:朝起きられない(診断名:起立性調節障害)・肩こり・顎関節症・便秘

この方は現在 高校1年生ですが小学校5年生くらいから少しずつ朝が起きられなくなり

中学生の時は完全に朝起きることが出来なくなったため 高校は通信制の高校ということです

朝8時に目覚ましをかけても起きられず 来院当日も起きたのが14時ということでした

立っていることが辛くて直ぐに横になりたくなるそうです

夜も1時くらいに布団に入るものの睡眠になかなか入れないと言っておりました

最初にお母さんと向き合って押し合って力の入り具合を覚えていただきました

まず上半身のコリが強かったので 肩癖之術 で直ぐに緩ませ

その後 この症状の原因を頸にして 整心之術→頸と膝倒しの連動→北斗起承→昇龍トルネード 

と仰向けから一連の流れで立たせるところまで持っていきました

(因みにこの組み合わせは小林努会員から教えて頂いた方法を使わせていただきました)

するとこの時点で立ってることが苦ではないと言っており

お母さんと力比べをすると 先程はお母さんが優位だったのが あからさまに力が逆転いたしました

顎は天地の触れを使いクリック音が消失し

便秘は立位のバンザイ状態から降ろした時に体の水に螺旋の波動を起こしました

お腹の張り感がこの時楽になったと言われました

本人も来院時より頭がスッキリし体に力が入るのを体感しておりこれで様子を見てもらいました

帰った後にお伝えすることを一点言い忘れたことに気づき あえて翌日お電話いたしました

電話口がお母様だったので 言い忘れていたお話しとともに術後の経過を聞いてみました

すると治療から帰って来てから友人から遊びの連絡があり いつもなら怠くて断っていたのがそのまま遊びに行ったそうです

翌朝は8時の目覚ましで起きられ学校に行くことが出来たと言っておりました

現在「起立性調節障害」はこれぐらいの年齢の人に増えている症状です

低血圧も特徴で病院では結局 血圧を上げる薬 の薬漬けになります

お母様も「あんなに病院にいっても良くならなかったのに。。」

と非常に喜んで頂きましたが こういう症状も妙見活法にご縁することが出来たお陰で

数年来の症状がしかも1回で良くすることが出来ました

私はこの症状も 妙見活法 以外は治せないと思います

妙見大菩薩様 千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書

この度も大変貴重な経験をすることが出来ました

ありがとうございました

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。