「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月10日
最終更新日:2018年7月3日

 この記事は約 3 分で読めます。

前野功妙経会長

臨床報告、番外編を送ります。

何をしたわけでもないのに・・・・
という症例です。

○リピートを強制することは
 まったくないのですが

 整体を受けると身体が全然違う、といって
 定期的に通われている患者さんの中から

 「今年、花粉症の薬を飲んでいません」とか

 「薬を飲んでるけど、一番軽いのでも
  副作用がキツイ」

 といった「体質」が知らぬ間に改善された
 声をいただくようになりました。

 もちろん、花粉症を狙って施術を
 したことは一度もありません。

 お陰様で少しはお役に立てる
 ようになってきたようです。

○子育てでおかしくなり、その上実母の急死で
 憂鬱になり、常時疲れがとれず
 気分が落ちっ放しの女性

 昨年11月2回だけ施術。

 様子をみたいということでしたので
 追わずに静観。

 内心は大丈夫かな~、と思ってましたが
 その後も連絡なし。

 ところが、先日杉山会員より連絡があり
 その方が来院され、こんなことを言われたそうです。

 「当院で元気をもらった」と
 
 職場が変わり通うのが大変になったが
 妙見活法を気に入ったので検索して
 近くの●●会員の所に行かれたという
 繋がりが生まれました。

 ●●会員によれば、ひどい症状は
 なかったようです。

 記憶を遡れば、それほどまでの改善は
 なかったように思うのですが
 お役に立てたようでホッとしました。

 また、妙見活法を気に入って頂いたのが
 何より嬉しいです。

 ●●会員、今後ともよろしくお願いいたします。
 
○心臓の締め付け、胸と背中両側からの締め付け
 動悸、肩こり、腰痛、不安感を抱えた女性。
 
 当初は家から出て当院に来るのも
 やっとの状態でした。

 会社の福利厚生もしっかり整備されていたので
 休職を勧めたところすぐにそうされました。
 
 昨年10月から施術スタート。
 
 10月と12月はマメに来られ
 その後は今年1月に2回来院。

 そして先日40日振りに来院。

 心臓の絞めつけ具合が気になっていましたが
 開口一番「明日横浜までコンサートに
 行くので、よろしくお願いいたします。」
 と明るい顔で仰いました。

 いつもの、青白くしかめっ面の表情は
 そこにはなく、あまりの違いに
 ビックリしました。

 スッピンで来られましたが肌がキレイでした。
 施術の必要ないでしょう、と思ったほどです。

 コンサート終了後と帰宅後に連絡を
 もらいましたが、まったく問題なし。

 元気な声でした。

 娘の体調を心配されていたお母様、叔母様
(共に患者さんです)からも大丈夫です
 と連絡をいただきました。

 本人は自信をもったようで
 来月は東京ドームのコンサートへ
 行くことを決めたらしいです。

 私はほとんど何にもしてないのに
 思い通りになるって素晴らしい
 と思いました。
 
 以上、臨床報告、番外編とさせていただきます。

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!