「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月30日
最終更新日:2018年7月3日

 この記事は約 6 分で読めます。

正伝妙見活法総本部
前野功妙経会長

お世話になっております。

最近の臨床報告をさせていただきます。

☆30代女性 5年前より膠原病を患い、薬の副作用にて左股関節は人工関節、右股関節、左膝の骨は壊死(MRIにて診断)。
今年夏に右股関節も人工関節のオペの予定。

症状歩行痛、荷重痛の為跛行あり。
仰向けにて左股関節股関節は完全伸展時疼痛あり。

薬を8種類服用中の為、
『内臓はかなりの負担をかけているね』との話をすると、
「お医者さんにも膠原病の人は肝臓を痛めやすい」
と言われたそうです。

お話をしていても明るく、話を聞く方だったので
予後や効果は良いのでは?と思いながら問診を進めました。

施術内容です。

1.仰向けにて寝てもらうと左股関節が痛く、完全伸展出来ず。

ここでスタッフ特別研修会にてご教導頂いた
「方位振動エネルギー」にて施術すると
一手目で伸展が可能に。

二手行い、股関節に症状消失。

2.腹部のキンキンの張り

本日頭に突然閃いた方法なのですが、
丁之活と十王之活を合わせてみました。

腹部で丁之活を作り、
その形のまま回転し縦と横に変化を作りました。

『丁』→『ト』のような形です。

待つこと数秒…

1度目は全体的な張りが緩み、
2度目には、腹部の張りが薄皮一枚くらいの柔らかさまでに変化。(アレンジは一応有効なようです)

3度目は妙見法道之活をお借りして
腹部の表面上はかなり緩みました。

3.内臓調整

免疫系は腸へ、
薬などを服用している場合は肝臓へ
アプローチすると決めています。

スタッフ特別研修会にてご教導頂いた
内臓調整をそれぞれ行い、歩行をすると…

歩くスピードが早くなり、一歩の歩幅も広く、
そして、痛みも限りなくゼロになったそうです!

驚きよりも患者さんが喜んでいる姿を見る事が出来て
とても嬉しくなりました!

すぐに千葉司家のお顔が浮かんだのは言うまでもありません。

☆腹部の緊張、張り

武伝会にてご教導頂いた、
縦と横の世界を台形と四角を使って緩めます。

局所の硬結や張りにはかなり有効です。

かなりの頻度でお借りしています。

効果絶大ですので3月25日に参加されました皆様
是非ともお借りすることをオススメします。

☆肩癖之術にて肩凝り、頚部凝り、頭痛への施術

患者さん皆様が驚き、
『なんで!?』『不思議〜♪』のコメントを
沢山頂いております。

私も驚き、楽しみながらお借りしています。

頭痛はその場で、頚部の可動域も広がり
肩の重みや不快感も無くなります。

これまたお借りしない手はありません。

この他、
戸大之活にて歩行痛、荷重痛消失、
下りの一之活にて膝痛、股関節痛、腰痛軽減・消失
妙見北斗之活にて石灰が溜まった圧痛点消失などなどなど

沢山治る後押しをする事が出来ています。

千葉吉胤妙星司家
本当にお陰様です。

ありがとうございます。

溢れ出す感謝と共に
これからも真摯に正直に妙見活法を
学ばせていただく所存でございます。

宜しくお願い致します。

簡単ではありますが
臨床報告とさせていただきます。

・・・・・・・

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
正伝妙見活法教会会員の皆様

いつも大変お世話になっております。

先日よりの臨床報告をいたします。

80代女性
・3年前に腰椎圧迫骨折してから腰痛と便秘
・年と共に腰が曲がってきているのを気にしている
・腰が曲がってきてから結帯動作ができない
・肩コリを旦那さんに揉んでもらってたが、旦那さんは亡くなっている

といった話でした。
この方は、何となくゆっくり時間を掛けてやろうと思いました。

腰には、腹部へ虚実の触れによる按腹をしました。
かなり腹部が硬く圧痛がありましたが、直ぐにゆるゆるになりました。
それと同時に、仰向け状態で寝ると、身体が曲がって伸びてなかったのですが
身体が伸びベッドにピッタリつきました。
これのみで、腰の回旋痛は消失。

うつ伏せになり、背中から肩を、世間話をしながら軽く解してから
立ち上がって動作確認しました。
腰がかなり伸びて喜んでおられました。
結帯動作については、降ろした手の指に、玉と筋で触れ
結帯動作をしてもらうと、稼動域が広がり背中が触れるようになりました。

そこで終了としました。
帰りに、迎えに来た娘さんに、ほら!見て!伸びたと自慢していました。

後日、その方の紹介で、60代の男性がこられました。

症状は、農作業でクワを使ったあとから背中が痛いといった状態。
発痛動作が、前屈で右手を伸ばして足元の物を取ろうとすると
右肩甲骨下に強い痛みが出るとの事でした。

その動作を見た瞬間「下り坂」と頭にでましたので
一之活をお借りしました。
踏んだ状態で発痛動作をしてもらうと
「あら・痛うない」と言われたので、そのまま指パッチンして
再確認しましたら、ほぼ無くなったとの事。

そのまま終了しても良かったのですが
腰痛もあると言われましたから
次いでに、足の裏を床に着ける をお借りしました。
その後、腰のどの動作でも痛みが無くなりましたので
2~3分世間話をして再確認しました。

最初の肩甲骨部分に違和感が残るというので
「これが楽になれば良いですか?」とお聞きし、「はい」と言われましたので
十王之活 円筒形の触れにてほぼ消失しましたので
終了しました。

ほとんど世間話で、施術は約5分程度
笑顔で帰られました。

先日より、一週目七塚を再度勉強していますが
忘れている事が多く、また再発見も沢山あり
非常に重要性を感じます。
また、再度見直す事で、技の精度が上がったように思います。

この度も、楽しい治療ができました。
ありがとうございました。

以上で報告といたします。

・・・・・・・

こんにちは前野会長、
いつもお世話になります。

最近の臨床報告をさせて頂きます。

ラグビーで肩鎖関節を痛めた
高校生が2人来院されました。

2人とも同じチームの高校生で、

最初に来院された高校生が、
たった一回の治療で良くなったのを
聞いてもう一人来院されました。

いずれも原因、症状とも同じような
状態で、

ラグビーの練習中にタックルし
肩の肩鎖関節を痛め、

腕がほぼ挙がらない状態でした。

一人目の高校生は、
最初当院のスタッフが治療をし、

少し挙がるようになりましたが、

それでも60〜70度ぐらいしか
挙がらなかったため、

私と代わり、妙見十王之活を
お借りしたところ、

スーッと腕が挙がってしまいました。

治療をしている私もビックリしましたが、
本人も驚いた様子でした。

2回目来院された時は、
もう殆ど痛くないということでした。

2人目の高校生は、
そのことを聞いて来院され、

一週間前にタックルして痛め、
だいぶ良くなったので練習を
始めたところ、

また同じ所を痛めて、
腕がほぼ挙がらない状態でした。

私は、別の患者さんを治療していたので
スタッフが治療しましたが、

70〜80度ぐらいしか挙がらなかった
ため私と代わり、

妙見十王之活をお借りしました。

するとまたスーッと楽に挙げることが
出来るようになり、

本人もビックリしていました。

これからも患者さんがスーッと楽になる
ようにしていきたいと思います。

妙見大菩薩様、千葉吉胤妙星司家、
前野会長、いつもありがとうございます。

今度ともよろしくお願いいたします。

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!