「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月11日
最終更新日:2018年7月3日

 この記事は約 3 分で読めます。

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております

虚の手による磁気エネルギーを使った臨床報告をいたします

37歳女性

主訴:右臀部~大腿後面~膝窩~下腿の痺れ (歩行時 座位 仰臥位いずれも症状出現)
舌の痺れ

数年前からたまに出ていた右臀部~下腿の痺れが1か月前より特に酷くなる
MRIでは腰のヘルニアを確認
痛み止めも強い薬を処方されるもそれでも全く痛みの緩和にならない状態

歩行も右脚を引きずった跛行で来院し兎に角楽な体勢が無いとのことでした

仕事はデスクワークがメインで20時間座りっぱなしもざらということで

臀部が椅子の圧迫で痛くて座ってられないとのことでした

夜も自分の好きな仰臥位の体勢が痛くて左側臥位で寝るとのことでした

まず楽に寝られるようにするために痛みの出る仰臥位で治療を行ないました

骨格関節リラクゼーションで右脚を緩めてから 縮めるべき趾を縮めました

骨格関節リラクゼーションだけでも痺れの強さが消失していったそうですが

縮めるべき趾を縮めたら更に痺れが無くなっていき 脚の痺れはほぼ消失し

臀部のみの痛さになりました

そこでマイナスの手を作り骨盤辺りを触れて 磁気エネルギーを使い臀部の痛みを飛ばすようにいたしました

途中 痛みが大きくなったり小さくなったりを繰り返しながら結局気にならないレベルに消失いたしました

それで起き上がっていただき歩行していただいたら跛行も無く普通に歩行が出来て

本人も左右対称に歩けて足裏に体重がしっかり乗る様になったことを実感されました

若干腰が重いということだったので 戸大之活 で足踏みをしてもらったところ

腰の重さも消失いたしました

少し違和感があるとのことでしたがそのちょい残しで治療を終了いたしました

因みに戸大之活を行う際も虚の手にし 動きを止める四角部分を使いました

座っていただいてもお尻が圧迫されても症状が出ないということでした

また舌の痺れが飲み物を飲むと痺れるということだったので治療前に確認してから

先に脚の痺れの治療を行なったのですが

腰の治療が終わった後に飲み物を飲んで確認していただいたらそれも治っておりました

病院でCTなどを撮っても原因が分からなく対処法がないと言われていたそうです

脚の痺れはどの体勢も痺れるという一般的に厄介な症例ですが

触れて-極同士の反発力を認識し不具合が飛んでいくイメージをしましたら不具合が消失致しました

ご本人も多少でも緩和されればいいくらいの低いハードルでいらしたので「不思議!不思議!」と喜んでいただきました

妙見エネルギー療法 厄介な痺れにも絶大な効果を出すことが出来ました

千葉吉胤妙星司家 いつもマル秘の奥伝をご教示いただきましてありがとうございます

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!