「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年11月10日

 この記事は約 3 分で読めます。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、
何時もお世話様です。

〇〇より
臨床報告をさせて頂きます。

32才女性体育教師

家族からのご紹介にて来院、
右第4中足骨不全骨折
階段で転倒し右第4中足骨を打ち
不全骨折の為、
何もしなくてもズキズキして痛みがあり、
指先、前方の加重は不可
踵加重にて歩行はかばいながらなら
できる状態

腕にて張力を使い、
立位の加重痛が少し楽に
足はジンジンするが歩き易くなった

座位にて押して痛い所に触れてもらい
腕の張力にて圧痛が軽減するのを
体感してもらい

最後に外側に加重しなければ大丈夫との事で
蜷局引きを踵と母趾側の加重にてお借りしたら痛みはあるけど歩くのは来た時と
全然違うと言われ固定もせずに終了

2日後に再度来院された時に
普通に歩ける様になったと言われ
前方に加重にすると少しだけ痛い、
これを立位で前加重にて
腕に張力をお借りし痛く無いと言われ
最後に蜷局引きにて
楽、不思議と言われ今回で治療を
終了しました。

65才女性

風邪から気管支炎になり一週間良くならない
患者さんに蜷局引きをお借りし
咳やタンが楽になり
施術後身体が熱くなり頬に赤みが出て
身体もあったかいと言われ
帰られました。

私事ですが、
昨夜の夜中の3時頃から体調に異変が起こり
寝ていて胸焼け、膨満感、寒気があり
手の指、膝、腰、関節の節々の痛み
熱を計ると38.5度あり
もしかしたらインフルエンザかもと思う
様な症状に対して、
寝ながら張力などの技をお借りし
て節々の痛みは少し楽になり

朝になり起きると腰と胸焼け、寒気や熱が
あり体調が良くない為に
家の壁にて自分で蜷局引きを何回か行うと
不具合が少し楽になり家を出る頃には
熱が37度まで下がり

身体は完全では無いが
予約が入っているので治療院に行き
治療院でも蜷局引きをお借りし
仕事を休まずに出来ました。
蜷局引きの凄さに驚いてます。

千葉先生
今回は不全骨折の痛みが固定なしで
2回の治療で終わりにする事が出来ました。
張力と蜷局引きの法力の凄さにビックリしてます。

ありがとうございました。

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。