【臨床報告】「低温やけどの後遺症」 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.9.16

【臨床報告】「低温やけどの後遺症」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧欄ください。

お申込みはこちらからどうぞ。

 

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

先日、 とある会合で実際に有ったお話です。

そこへ 来ていた70代の女性(以下Kさん)の体験談です。

その女性Kさんは、とある整骨院で 機械による 温熱治療を受けていたそうです。

そこでうっかり担当者がKさんに機械を当てている事を忘れ、そのままに放置されてしまいました。

Kさんは臀部に低温ヤケドをしてしまい、 特に 坐骨神経にそのヤケドが 酷く、 そのヤケドの痛みで 夜も眠れないくらい 辛い症状があるとの事。

医師の説明によると、

低温ヤケドで身体の表面よりも中のほうがヤケドが酷く、しかも神経のヤケドなので後遺症が残り、あまり打つ手が無いと言われたそうです。

病院や整体院等、幾つか廻ったそうですが、何処へ行っても手の施しようが無く途方にくれていたそうです。

その話を聞いた時、以前に神谷会員の参加感想報告(6月12日配信 No.8006)を思い出し、ダメ元で 施術してみることにしました。

神谷会員の感想報告では、五大の中の「水の印」で赤ちゃんの身体の中の水分量が調節出来たと有ったので、

このヤケドにも効果が有るかもしれないと思い、「水の印」をお借りする事にしました。

その会合では他に数名の方がおられたので、まず最初にその方の腕に触ってもらい、肌の感じを確認して頂きました。

その方は70代半ばの方ですので、肌の水分量が少なくカサカサしていました。

そこで水の印を組んで、その後もう一度触って頂くと、驚く事に肌に潤いが出て来ました。

その場に居合わせた他の方々にもハッキリと確認出来るくらいの変化を感じられたので、これはイケるかもと思い、数回水の印を組みました。

ですが、その時はその方の痛みが引かず、変化も分からないとの事でしたので、

やはり難しいのかなと思い、施術を終える事にし、その後は失念していました。

その後1月くらいたってからまたその会合があったので参加しました。

その女性Kさんが会うなり、とても嬉しそうに

「おかげさまでとても良くなりました!」

「火傷の痛みもほとんど感じなくなりました。」

と、とても喜んで報告してくれました。

全く予想もしていない上に、突然会うなり言われたので、正直自分も面食らってしまいました。

Kさんによると、その日はほとんど変化を感じず痛みがあったそうですが、

その後徐々に薄紙をはぐように痛みが和らいできたそうです。

10日ほどで夜もよく眠れるようになり、とても体調が良くなったとのことで、

今では殆ど痛みが無く、こんなに良くして頂き、大変感謝していますと言われました。

周囲にいた方々も不思議そうにKさんの話しを聞いていました。

それ以降もKさんとお会いしていますが、その後の痛みは出ていないそうです。

ちなみに最初の肌の潤いチェックは触れていますが、水の印の時は一指も触れていません。

患部の前で水の印を数回組んだだけです。

正に無接触治療です。

……不思議です。(^_^;)

この様な学びの機会を与えて下さりました、

千葉司家ありがとうございました。

 

神奈川県藤沢市 杉渕秀登修玄

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。