【臨床報告】「吃音症」 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2022.5.10

【臨床報告】「吃音症」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからどうぞ。

千葉吉胤妙星

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

最近の臨床報告です。

40代男性 吃音症

幼少の頃から悩まされ、
相手と向き合って話すと何とか言葉が出るが、
相手の顔が分からない電話などの時が、
言葉が出にくいということでした。

正直患者さんと話している時は、
ほぼ普通に喋られているので吃音症のことを
言われ無ければ分からないと思いました。

実は患者さんは、
相手に吃音症のことが分からないように
気をつけて話しているということでした。

吃音症は、はっきりとした原因が分からず、
精神的な面が多く関わっていると
いうことでしたので、
 
自立神経を整えるように治療することに
しました。

天之蓮華之法術、肺活、真武光陰之活による
内臓調整、最後に三伸法をお借りしました。

終わった後は、スッキリされて
少し話しやすいと言われていました。

そして、一週間後に来てもらいました。
どうだったか聞いてみると身体は、
凄く楽になったけど言葉が出づらくあまり
変わっていないということでした。

どんな言葉が出づらいか聞いてみると、
カ行とサ行が出づらく特にカ行が出づらいと
いうことでした。

早速、四系をお借りしてカ行を言ってもらうと
言葉が出やすくなってきました。

その後、三伸法、響之活、御幣を
お借りした処、
引っ掛かりがなくなって出だしからスムーズに
発することが出来るようになり、
とても喜ばれていました。

これからも多くの方々に妙見活法の
素晴らしさを広めるようにしていきたい
と思います。

妙見大菩薩様、千葉吉胤妙星司家、
前野功妙経会長、由利はるな司家秘書、
正伝妙見活法協会会員の皆様、
いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

熊本県玉名市
てらもと整骨院
   寺本一栄

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。