【臨床報告】「左肋骨部の不具合」「左肩の不具合」「ぎっくり腰」 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.9.16

【臨床報告】「左肋骨部の不具合」「左肩の不具合」「ぎっくり腰」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

■北輝天位之活による最近の臨床報告

☆10代 女性 <左肋骨部の不具合>

当院の患者さんである母親の紹介で来院されました。

この患者さんは3歳からバレエをしていて、今回は4日後に控える大切なバレエの発表の練習中、男女ペアで踊る相手に左肋骨部を強く掴まれ負傷したとの事でした。

症状は圧痛、動作時痛、可動域制限などが顕著で今の状態では発表会に出られないかもしれないと悩んでいました。

治療はまず立位で相手の不具合部分に触れ結界に入る北輝天位之活をお借りしました。

更にその状態で四指の手を上げる万歳の作法をしてもらい八方に何回か動いてもらいました。

すると全ての不具合が無くなり患者さんは安堵して「これで発表会に出られます!」と言いながら涙ぐんでいました。
(その後お母さんからの報告で発表会は大成功に終わったとの事でした♪)

☆80代 女性 <左肩の不具合>

当院に定期的に来られている患者さんです。

今回は左肩の可動域制限と動作時痛が辛いので何とかして欲しいと来院されました。

治療は四指の手で患者さんの不具合部分にそっと触れ結界に入り、身体を左右上下に動かしてもらいました。

さらに横並びになり肩と肩を合わせ四指の手で一緒に万歳を数回しました。

すると左肩部の不具合が抜け、患者さんは、
「何かがサーっと抜けてった~!」
「あ~楽になった~!」
と言い涙を流して喜ばれました。

☆50代 男性 <ぎっくり腰>

秋田からこちらに出張で来ている方で、宿泊先のソファに座った状態から立ち上がろうとした瞬間、

腰がグキっとなり立ち座りや歩行動作で激痛が走るようになってしまったとの事でした。

治療は立位で教伝会で習った潜在力を上げるお祓いの作法をしてから、

四指の両手をゆっくり上げ万歳をしてもらい両腕を四指の手で支えた状態で八方にゆっくり動いてもらいました。

するとピンと張り詰めていた腰の緊張がとけ、しなやかに動かせるようになり動作時痛も無くなりました。

すると患者さんは「何か感動した…」と言って涙をハンカチで拭っていました。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

北輝天位之活をお借りするようになってから、天位天輪の結界による浄化の作用なのか、患者さんが施術後感動して涙ぐむ場面が増えてきました。

これからは、さらに困っている縁ある患者さんを救えるよう感謝を忘れず、思い込みに気をつけ、

妙見(中心点)へと向かう良好な道を歩んで参ります。

この度も様々な気づきをありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします!

いつも本当にお陰様です。

神奈川県相模原市
✩.*˚小林努✩.*˚

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。