【臨床報告】「肩関節痛」 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.2.10

【臨床報告】「肩関節痛」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます。

【臨床報告】「左肩関節痛」

いつもお世話になっております。

左肩関節痛と可動域制限を生じている患者さんに

天之三和之法術をお借りして治療を行いました。ご報告します。

患者 50代 女性 会社員 左肩関節痛

1か月前から原因不明で徐々に痛みが出現してきた。

上肢の挙上時に左肩甲棘外側下付近に痛みが生じる。

肩関節屈曲160度辺りで肩関節の動きがロックされ、可動域制限を生じている。

正直、このような五十肩のような症状は苦手で、中々上手く行きませんでした。

左肩関節は無視をして、右肩関節の屈曲160度、左側に出現する痛みを再現しました。

可動域は改善するが痛みは変わらず。2・3回繰り返しましたが、あまり変化がありませんでした。

肩関節の動きは肩関節ばかりでなく、肩甲骨や肋骨の動きなども連動しているので、

次に右肩関節の右屈曲位時に肩甲骨に触れて、左側の肩甲骨の動きを再現しました。

左肩関節を動かしてもらうと、可動域制限が改善して、痛みもスッと抜けたように改善しました。

患者さんも痛みが抜けた瞬間に、あれ?っと拍子抜けたような表情をされて、何が起こったのか?という感じでした。

天之三和之法術は、例えば、炎症が強くて患側に激しい痛みにより、

肩を触れることができない場合に、健側を用いて治療ができるので、安全に治療ができると思います。

今後も肩関節の動きや痛みの部位などをよく観察して治療をしていきたいと思います。

千葉先生 いつも不思議で仕方がない作法を相伝していただき、ありがとうございました。

京都市 四条大宮 みわ鍼灸療法院  三輪 哲朗

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。