【臨床報告】「顎関節症」 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.2.1

【臨床報告】「顎関節症」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます

【臨床報告】「顎関節症」

左顎関節症のによる開口障害と痛みを生じている患者さんに天之三和之法術

をお借りして、治療を行いました。ご報告いたします。

患者 30代 女性 会社員

左顎関節痛による開口障害

元々上腹部痛(胃潰瘍)で来院されていた患者さんです。

上腹部痛は圧痛、自発痛も改善しています。

治療時に左顎関節が痛くて開口できないことを言われたので、治療をしました。

大体、開口は二横指位しか開かない状態で、左顎関節部に痛みが生じる。弱冠、熱感もありました。

口の開閉は左右の顎関節の動きが同時に動くことで、スムーズに動きます。

患者さんは開口時に左顎関節に痛みが生じます。そして、閉口時には下顎が右にスライドをしなが動きました。

右顎関節が頑張りすぎて、左顎関節がさぼっていると考えて、天之三和之法術を行いました。

左顎関節部を開口時に押えて痛みをつくり、開口できないように邪魔をしました。

二回ほどそれを行うと・・・

右顎関節の痛みが改善して、二横指しか開口しなかったのが、三横指位まで開くようになりました。

患者さんから「久しぶりに口が開いてうれしいです。」と言っていただけました。

天之三和之法術は、まだまだ、精度が低いですが、痛みの再現やその動きをいかに出来るのかがポイントと思います。

今後も、研鑽していきたいです。

千葉先生 いつも本当に不思議な活法の相伝ありがとうございます。

今後もご指導よろしくお願いします。

京都市 四条大宮 みわ鍼灸療法院 三輪 哲朗

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。