【臨床報告】「20年以上前からの脳梗塞後遺症 左足のマヒ」 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2021.7.16

【臨床報告】「20年以上前からの脳梗塞後遺症 左足のマヒ」

最新の整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

最近の臨床報告です。

⭐︎70代女性 脳梗塞後遺症による左足の麻痺

20年以上前に脳梗塞となり、
左足が麻痺し足を上げることが出来ない状態でした。

この方は両肩が上がらなく痛みがあり、
あと両膝に痛みがあるということで
息子さんのお嫁さんに紹介されて来院されました。

診察をしていて左足が上がらないので
話しを聞いてみると、
20年以上前に脳梗塞となりそれから左足が麻痺し
た状態だということです。

リハビリはしていたがあまり変わらず、
現在の状態だということでした。

両肩、両膝、左足の麻痺の治療を
真武法道之活をお借りしました。

すると両肩と両膝もかなり良くなり、
また、麻痺して上がらなかった左足が
上がるようになり、
足首もスムーズに動けるようになりました。

患者さんもとても驚かれていました。
付き添いで来ていた方にその動画を見せると
かなり驚かれて、
自分も治療してほしいということで、
一緒に予約をされて帰られました。

以上最近の臨床報告でした。

妙見大菩薩様、千葉吉胤妙星司家、
前野功妙経会長、由利はるな司家秘書、
正伝妙見活法協会会員の皆様、
いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

熊本県玉名市
てらもと整骨院
   寺本一栄

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。