臨床報告 【歯茎の痛み】 糸山礼子先生 – 正伝妙見活法協会

2019.9.8

臨床報告 【歯茎の痛み】 糸山礼子先生

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます

8/31奥伝会参加後の臨床報告をさせていただきます。

59才 女性

定期的なメンテナンス目的での来院でしたが、あいにく来院当日に、

疲れからくる歯ぐきの腫れがひどくてお困りでしたので、

歯ぐきの痛みと腫れの改善を目的としました。

症状

5日前から、左下の歯ぐきから少し顔を出している親不知の部位が腫れだしました。

忙しさで歯医者に行く時間がなく、ロキソニンを5日間飲み続けて日々をやり過ごしていたそうです。

ロキソニンの効果持続時間は4~6時間だったそうです。

来院時はロキソニンの効果がきれていたため、何もしなくてもズキズキジンジンする痛みがあり、

手で頬を押すと手を離すときにズキンとする鋭利な痛みがありました。

肘を使う逆鉾之活をお借りしました。

患者さまご自身の片手で頬の上から痛みのある部位を押していただき、

「痛いところは放っておいて、他の離しにしてしまう」つもりで、

肘に逆鉾をお借りし、私の体は患者さまから離す方向のベクトルにすることで、

スタートラインを作りました。

1回目は効いた感触がなかったので、2回お借りしました。

2回目には患者さまの体の中がミシミシ動きはじめましたので、その時点で終了しました。

直後の患者さまの感想は、「よくわからない」「相変わらず痛い」と少し不安げでした。

そこで、

「徐々に炎症がひいていきますから、おうちに帰って様子をみて下さいね」

「近いうちに、歯医者さんで親不知の処置を行ってもらって下さいね」

とお伝えして、その日は終了しました。

その半日後にメールを頂戴し、

家に帰る途中から少しづつ痛みが軽くなっていき、

施術が終わってから6時間後には、腫れが引いて痛みが全くない、

完全に治ったと思います、

と、大変お喜びのご連絡をいただきました。

今回の患者さまには、スタートラインを作るためにはどう動いたら良いのかを、

頭のなかでシュミレーションすることに精一杯で、気持ちに余裕のないお作法となってしまいました。

結果オーライではありましたが、余裕のある施術ができるように、精進する必要があると思いました。

以上で、天帝天位之活の奥伝会2の参加後臨床報告とさせていただきます。

今回も、奥深くて世界でここにしかない法術をご教授いただきまして、ありがとうございました。

患者さまのつぼみがパカッと花開くように、精進してまいりたいと思います。

神奈川県横浜市  糸山礼子

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。