「~妙見活法セミナーに参加された先生にお聞きしました~」 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.10.19

「~妙見活法セミナーに参加された先生にお聞きしました~」

第一回目は、千葉県習志野市「月辰会活法整体院」栴檀芳之院長にお話を伺いました。

 

…………………………

 

Q、先生は、どのようなきっかけで手技治療業界に入ったのですか?

A、私は学生時代に柔道をしていました。

その関係で捻挫や骨折などのケガが多く整骨院を身近に感じていました。

そのような経緯で「柔道整復師」になりました。

 

Q、妙見活法を修得される前はどのような治療術式を使っていたのですか?

A、柔道整復師ですので勤務先では骨折や脱臼の整復や固定術が中心でした。

その中で、慢性疾患の治療などにも必要性を感じ、以下のような術式を学んできました。

・スパイラルテーピング

・AKA療法(関節運動学的アプローチ)

・SOT(仙骨・頭蓋骨療法)

・エネルギー療法

などです。

 

Q、それらの治療術は、理想通りに治療結果を出せましたか?

A、それぞれに一長一短があります。

症状により、比較的に効果を発揮できるかなという場面もある事はあります。

正直に言ってしまえば、どれも劇的とか即効性のあるものではありません。

そのために、きちんと治せる本物の手技治療法がどこかにあるのではないかと模索が続いていました。

単純に言ってしまえば、速やかにきちんと劇的に治せる治療術を真剣に探し続けていたのです。

 

Q、妙見活法の修得を目指した理由を教えてください。

A、日本武道の治療術である活法が今現在でもきちんと伝承されているらしいという事を聞いていました。

しかし、どこでどなたが継承しているのか?  さらに教えを受ける事ができるのかどうか?  これらの情報がキャッチできずにいました。

たまたまと言うか偶然と言うべきか、私の知り合いの先生が千葉先生の事を御存じで早速、妙見活法のセミナーに体験参加させていただきました。

 

Q、妙見活法のセミナーに参加されて以降は技術の向上はありましたか?

A、はい。セミナーに参加してみて、そのあまりの即効性に唖然としてしまいました。

痛みや可動の不具合だけではなく内臓調整にしても精神治療にしても、すべてが一瞬の世界だったのです。

正直に申しますと、最初は信じて良いのか悪いのか、すこし戸惑ってしまいました。

しかし、妙見活法は私にも簡単にできてしまうのです。

それ以来、私の治療術は妙見活法オンリーになっています。

そのために、自分の治療の即効性に自分で唖然としてしまう事の連続です。

当然ですが、患者さんはビックリしますが、はっきり言って私の方がビックリする事が多いですね。(笑)

本当に一瞬で効果が発揮できますので、たくさんの手技治療の先生に修得していただきたいですね。

 

Q、ご自身の中で特に印象深い治療を教えてください。

 A、そうですねぇ、一例としましては

〇重量物の搬送中にぎっくり腰になり、立ち座りもままならなかった方が妙見活法にてその場で楽になり、

また直後に重量物の搬送の仕事に戻っていかれた症例

逆流性食道炎が一回の活法で胃腸の不快感が全くなくなった症例

その他にも双極性障害を患っていた方の治療、

変わった所では患者さんの飼い犬の胃腸障害を治療したこともあります。

☆クリックしていただくと、それぞれの臨床報告をご覧いただけます。

 

Q、今後の目標をお聞かせください。

 A、現在の治療院に移転して、ようやく一年が過ぎました。

以前からの患者さんに加えて、少しずつ地元の患者さんも増えてきています。

コロナ禍においても全く影響がありませんでした。

今後は地域一番の治療院になる様、知名度をさらに上げたいですね。

「月辰会活法整体院に行けば、何とかしてくれる」そう言われる治療院を目指したいと思います。

月辰会活法整体院HPはこちらから

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。