第51回妙見学理講座 玄義天位之活 理論編  優秀レポート 冨田恵司 先生 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.9.15

第51回妙見学理講座 玄義天位之活 理論編  優秀レポート 冨田恵司 先生

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご参照ください。

お申込みはこちらからどうぞ。

 

最新整体セミナーDVDのお申込みはこちらからどうぞ。

 

 

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
ハッピー秘書
会員の皆様
お世話になっております

愛知県豊橋市
豊橋薬師活法整体院 冨田恵司です。

活法学理講座
考察レポートを提出いたします。

◆はじめに

千葉吉胤妙星司家

この度も忙しい中、膨大な文字量の学理講座作成と
毎月七日の妙見縁日に
我々会員やその家族にまで御祈願していただき、
誠にありがとうございます。

千葉家の歴史、秘伝書公開の重み、学理講座開催の経緯、
しかも無料で受講できるこの授けを真摯に受け
この学理講座が当たり前にならぬよう
謙虚と感謝の気持ちを持って、弛みを正して張りを持ち、自分を開花して、
ご縁のある人々の救済に努めさせていただき還元していきます。

前野功妙経会長

学理講座開催の経緯
正伝妙見活法協会の運営
ビデオ撮影からDVD作成
メルマガ配信と
我々会員の為に、たくさんの労務をこなしていただき、

誠にありがとうございます。

ハッピー秘書
教伝会での進行役
月辰会での管理役
誠にありがとうございます。

●波動のクセ

波動は大きな世界に巻き込まれるとありました。

人間社会で照らしてみますと。

その土地やその環境に入ったならば、そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方とされる
「郷に入っては郷に従え」

強い権力を持つ者や、強大な勢力を持つ者には、敵対せず傘下に入って従っておいたほうがよい、といった処世術の
「長いものには巻かれろ」

会議で、多数の者の意見によって議案を採決する「多数決」

よくいわれる
「大は小を兼ねる」

これらは先人たちが自然界や実社会で学んできた物事の円滑化の知恵なのでしょう。

少数派や小意見はもちろんありますが、大きい流れにほどよく付随して同調できなければ孤立するか潰される運命になります。

正しい民主主義の政治は選挙、政策は民意の大きさが反映されます。
しかし現状は「正しい」からは離れているように感じています。嘘がまかり通っているのが実情です。

某国の大臣が以前
「嘘も100回言えば真実となる」と言いました。
これは過去の歴史から現代においても多くの為政者が使う洗脳技術と思います。

また世の仕組みはピラミッド社会なので、
組織や団体の上の立場にいけばいくほど人は少数になっていきますが反比例的に下に対する影響力は増大していきます。

特に任侠の世界では親分子分の関係性が強く、白い物でも親分が黒と言ったら黒になり、子分はそれに従います。

影響力が大きい上の立場の人が何回も嘘を重ねたら、そりゃー飲まれます。
それが世の為人の為に繋がるなら問題ないですが…見極める眼力は磨くに越したことはありません。

自然界の仕組みは人間社会にも反映されています。このシステム構造を人の体の中に捉えて心身治療をするならば
その人の中の正しい波動を大きくして不具合の波動を巻き込めば、不具合の波動は大きい波動に薄まっていく道理がよくわかりました。

そして巻き込む波動が大きければ大きいほど、
回数が多ければ多いほど、巻き込まれた波動は、元の原形が分からないほど薄まり見えなくなってしまいます。

また大きい波動といっても様々な形があることに注目です。
声 形 意思 リアクション インパクト 高さ 回数 強さなどが合わさっていると思います。
また張って大きく
大きく張ることで天まで大きく響かせるということも重要です。

●波動測定器とコラボれー

先日波動測定診断をしている方とご縁がありました。
ロシア人科学者によって開発された「メタトロン」という名のエントロピー測定機器です。
エントロピー測定は、世界先端クラスの技術と伝承医学の融合により、身体の中の振動(周波数)の乱れを測定するもので人間の発する周波数の波動と外部から発せられる波動を共鳴させることで病気や体調不良の原因を類推する機器でした。

お話の中で妙見活法に興味を持っていただき、その後間を空けずに施術を受けに来られました。
メタトロン波動測定の出張もするとのことで、私からの提案で妙見活法とメタトロン波動測定診断とコラボすることにトントン拍子でなりました。

患者さんにまず波動測定をした後、妙見活法を施術し、再度メタトロン波動測定する。このような形の流れです。

東洋医学やアーユルヴェーダの伝承医学と西洋でも東洋でもない自然法則が元の妙見活法の考え方は違いますが、

妙見活法の施術でこの波動測定値の値がどのように変化するのか。
私自身がとても興味を持ちました。

しかし経絡 ツボ、チャクラといった伝承医学の項ではなく、総合的な数値に着目することにしました。

妙見活法の内容は、まず寝かせて地との親和性を高めてから起こして玄義牛蒡抜きをお借りしました。

事前検証も何もない一発勝負でしたが、術後の測定値に変化が出ました。
五人施術しましたが皆さん同じ変化があらわてました

総合測定値のひとつにデシベル値があり、
その数値が五人とも妙見活法施術前と比べて3割から7割と大幅に下がっていました。

ここでのデシベル値は、
共鳴したノイズ(音)を表しているとのことで
エントロピー(放射スペクトル)のノイズの値になります。

または、
N極(左回りスピン)と
S極(右回りスピン)の
スピンのノイズ測定値とも言えるそうです。

ここでのデシベルの減少は「ノイズ」が妙見活法により減少したことの証明になりました。

とにかくも五人ともすっきりして軽くなって帰っていただきました。

●直流と交流

直流・・・電流・電圧共に変化せず、常に一定の向きで流れる。
交流・・・電流・電圧が変化し、向きを変化させながら流れる。

直流は一方通行でプラスからマイナスへ流れます。乾電池も直流で電池の向きを逆にすると電気が流れません。
図で表すと直線です。

交流は電源コンセントがこれにあたり、
プラグをどちらに挿しても大丈夫です。
電流がプラスからマイナスに流れるのは同じですがプラスとマイナスが変化する為、それに合わせて電流の向きも変化します。行ったり来たりが可能で、
図で表すと「波形」になります。

交流は波動的ですが、電気においては直流と交流でそれぞれ利点と欠点あるようで、使い分けています。
●電流とコイル

コイルは針金など紐状のものを渦巻状や螺旋状に巻いたものです。
この形にすることで様々な力が生まれます。

圧縮コイルばねなら
主に、圧縮方向の荷重を受け止める、圧縮させて反力を利用する、圧縮方向の衝撃や振動を緩和することができます。

電線コイルなら
直流と交流で効果が変わりますが
直流でコイルに電流を流すと電流を和らげたり
エネルギーをコイルが蓄えます。

交流でコイルに電流を流すと
電流と電圧の位相が90度ずれて電流が遅れます。

そしてコイルに電流を流すと磁界が生まれます。

逆にコイルに磁石を出し入れしても電流が発生します。

人は自らも電磁波を出していますが、心因や何らかの影響でリズムが狂ったり、静電気を帯びたりして不具合が発生しています。
外部からの人工的な電磁波の影響も個体差あるにせよ過ぎれば乱れはあると思います。

●まとめ

人は一人では何もできず何も成し遂げれません。周りを巻き込んで大きい波にしていくのが必要ですが地道にいきます。

寄り添いの言葉と行動。
情熱と言行一致の行動。
宇宙の五大要素を縒りで張ってまとめた一筆書きの五芒星が回転し収縮と拡大の螺旋運動。

今まで以上に頭をひねって回転させていきます。

以上考察レポートを終了いたします。
学理講座誠にありがとうございました。

愛知県豊橋市
豊橋薬師活法整体院
冨田恵司

#武道整体#ゆらぎ整体#波動整体#妙見活法#理学療法#整体セミナー#千葉吉胤妙星
#活法#整体スクール#手印#エネルギー療法#合気整体#不動金縛り之術

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。