第54回妙見学理講座 玄義太一之活 理論編 考察レポート 千葉司家総括 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.12.15

第54回妙見学理講座 玄義太一之活 理論編 考察レポート 千葉司家総括

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

…………………………

正伝妙見活法協会の皆様、
司家 千葉吉胤妙星です。

スペシャル プレミアム【玄義 太一之活】

~ 合気共振整体法の初公開~
『― 大地と空の共振が身体を整える ―』

~ 緊張が一瞬で弛緩に! ~

学理講座考察レポートが受講された特別な会員の先生方より提出されました。
全てのレポートを拝読し精査いたしました。

今回提出されたレポートも、とても優秀なものばかりでした (^_^)v
いつにも増して良く研究分析された半端無く凄いレポートのオンパレードでした。
皆さん、相変わらず良く調べましたねぇ (^_^)v
本質もとても良く理解されています。
手技治療の根本的な感覚もかなり高まって来ていますし、視点も高度になっています。
それこそ画素数の大幅なアップですね。

学理講座を提供して本当に良かったと今回もあらためて嬉しく思っています。
学理講座の受講は絶対にお勧めします。
もちろん、共振出来る人だけへの話ですが……(^_^)

一般の手技治療を大きく越えた神業治療家になるからには必須ですよ。
神業は行動する力から生まれます。
行動する力は考える力から生み出されます。
考える力は「共振」する事から生まれるのです。
だから、まずは響く事から全てが始まるわけです。

「自分で考え 自分で行動し 自分で責任をとる……」
これは、妙見活法の基本でしたね。
それを繋げるのは「共振」なのです。

大切な事は、手技治療家のプロフェッショナルとしてどんな難治性の不具合を対象としても「任せっなさ~い!」とさりげなく速やかに驚きと感動の結果をきちんと出せる治療家になる事です。
すなわち「共振」させる事が出来るのか出来ないのかなんです。
普通の整体治療じゃ意味無いでしょ (^_^)

そのための理論的裏付けが、この学理講座で提供されているわけです。
これを活用出来るのか出来ないのか……
未来を高めたいのか高めたくないのか……
全ては、あなた次第なのです。

何の世界でも同じですが、その世界で頭角を現すのは数百人に、たったのひとりの割合なのです。

向上心を失った瞬間、退化は始まるのですから……
さて、あなたは進化したいですか?
発展したいですか?
それとも向上心を捨てて退化したいですか?

【整体セミナー活法2】
■始めに
…………………………

皆さんの考察レポートを精査すると学理講座を通して、本物の妙見活法の意味が良く認識されて来ている事が確認出来ます。
そして、何より本当に起こる神業治療を楽しんでいる事がとても伝わって来ます。
さらには、各人の価値観に則した理論的解釈も見受けられます。
共振作用は「多角的」であり「多方面」からの考察と「重層的」な行動が大切になります。

妙見活法は、重ねれば重ねるほど連なりが強くなります。
構造物と全く同じで、一階一階がバラバラでは「共振作用」を利用する事は出来ません。
高層階を持つタワーマンションだって一階一階が強く結合され、ひとつの有機体になるように構造計算されているのです。
そのために地震の応力として柔らかく共振エネルギーを受けとめているわけです。
だからこそ「重層的」である事がひとつの条件になるのです。

ここのところ、他所様の整体治療からは「マユツバ」扱いされるような神業臨床報告が多数メルマガに寄せられていますね。
これは、本当に普通の事ではありませんが、セミナーに参加あるいはDVDできちんと修得すれば誰にでも出来るものなのです。
そして、この学理講座を受講して理論的構築を実現出来れば、それこそ「鬼に金棒」ですね。

先日も、しばらく参加されていない先生とメールのやり取りがあったのですが、皆さんが成功している神業治療や集団治療をメルマガで見て「皆さん、本当に凄い治療をしていますね!」とビックリしていました。
きちんと行動している先生と行動を停止してしまっている自分との大きな差を感じるとの事でした。
悲しい事ですが、やはり自分が退化してしまっている事をひしひしと感じているそうです。

患者さんは厚く信頼出来る、そして尊敬に値する先生を真剣に探し求めているのです。
それに、きちんと応えなくてどうするのでしょう?

「本当に助かりました……!」

これが、何の職業でも絶対に必要な要素なのです。
最高に美味な料理を提供する事だって人助けなんです。
だって、心から幸せにして差し上げられるのですから……
美容院の最高の技術だって、これまた同じでしょ。

普通に当たり前に理解出来たりしたら感動なんてありませんよね。
だから感嘆する感嘆符である「!!!」が、とても重要な事になるわけです。
そして、疑問符の「???」も妙見活法ならではの世界ですね。

感動とか驚愕を治療の現場で味わうなんて、普通の整体療法ではなかなかありませんよね。
でも、皆さんの治療はすでに神業のオンパレードです。
しまいには顔面マヒまで速やかに治してしまうのですから……(^_^)v

現実に、この学理講座を受講されている会員の治療院は、神業連発のために劇的に紹介者も増えています。
この御時世に本当に有難い事だと思いませんか?
ヘンテココロナウイルスの空騒ぎ以降、かえって経営が良くなっていると言う会員がたくさん出て来ました。

いつも言う事ですが、徒手による手技治療は、楽しんで治療が出来るようになると飛躍的に技術が上達するものです。
たくさんの神業治療がメルマガでも報告されていますが、これも技の理論をしっかり学んでいるからですね。

【整体セミナー活法3】
■今回の考察レポートの評価
…………………………

今回の学理講座考察レポートの評価および補足解説は、前回と同様に「地・水・火・風・空」の五大にあやかり「提出順位ベスト5」にしました。

私は、学理講座を毎月執筆するために徹夜を繰り返して頑張っています。
そして、学理講座を受講されている優秀な皆さんは、考察レポートの作成に頑張っています。
中には文章が苦手な方だっているでしょう。
それでも、しっかり頑張っています。

そんな頑張りの考察レポートを精査するわけですが、この皆さんの頑張りに今回もきちんと応えたいと思っています。
頑張りの相反反応が共振しなければもったいないですよね。

今回も「早出し ベスト5」のレポートを補足して行きます (^_^)

【整体セミナー活法4】
■提出一番乗りレポート
…………………………

さて、今回の考察レポート提出も、いつも通り、常連一番乗りの宮城県の伊藤良太一玄先生でした。
早い提出なのに、とても良く理解している優れたレポートでした。

彼はこう述べています。

「生命とは次々と繋がれていく共振力の連続です。
何事も一つの物が長く存在し続けると
良い作用だけでなく、良くない作用も起きます。
生命が次々と繋いでいく共振力には、自然界の作用が働き、そして新しい流れの中でも繋がり続けるのでしょう。」

本当にそうですね。
「知らず知らずに……」

これが本質なのだと私も思っています。
現実とは、ほんの少しの変化の積み重ねなんですね。
だからこそ、良いにつけ悪いにつけ、自分ではなかなか気づけないわけですね。

だからこそ、ネチネチやっていたって治らないのです。
「質の転換」を気づけないうちに一瞬で起こす事の意味がここにあるわけです。
凄い大きな変化さえです。

だから「えっ?」となるわけです。

【整体セミナー活法5】
■提出順位 二位から五位のレポート
…………………………

● さて、提出の二番手は京都の三輪哲朗先生でした。

彼は、いつもたくさんの神業臨床報告を積極的に提出してくれています。
ノリに乗っていますね。
三輪ちゃんは、独特の繊細さと優しさで妙見活法を深く解明しています。
とてもバランスのとれた細やかな優秀なレポートです。
彼は以下のように述べています。

「昔から『お天道様が見ているから悪いことをしたら自分に同じように悪いことが返ってくる。』という言葉があります。これは、自らが悪い共振を持っていることで、悪い波動(周波数)を身体から発して、その波動が世の中の悪いことに繋がって、自分に悪いことが起るということだと考えます。スピリチュアル的に言えば、引き寄せの法則の一種かもしれません。」

そう通り!
大切な事は「その世界の周波数」なのです。
どんな世界にも独特の周波数が存在します。
この手技治療業界だって全く同じです。
「えっ! それって全くの詐欺じゃん……
(;´д`)」
なんてのも数え切れないぐらいありますね。
要するに「お天道様に恥ずかしくないのか?」に尽きると思います。

さて、何故対象が「お天道様」なのでしょうか?
お天道様は「お点灯様」ではありませんね。
お天道様とは「太陽の道」を表しています。
すなわち「東から西に常に狂い無くして規則正しく……」ですね。
だから決められた道を外れずにしっかりと守ると言う事なのです。

人の道を外すなんて、どうにも気持ち悪くありませんか?
だから、私は人の道を外れた人には妙見の道から外れて頂いているわけです。
そんな道外れの者に共振させられたら堪らないからです。
良い悪いは別として「コソドロ」にも「詐欺師」にもグループがあります。
これも、まさしく「共振」の成すところですね。

さて、話は大きく逸れますが「癌」は転位します。
「癌」は、細菌でもウイルスでもありませんが、何故「転位」するのでしょうか?

そうです!
これも「共振」の成すところなのです。

【整体セミナー活法6】
●次の三番手は、岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院の大脇妙元先生です。
ワッキーちゃんは、神業集団治療のパイオニアであり、有り得ないような臨床報告をとても積極的にメルマガに投稿されています。

得意の集団治療も、妙見活法に沿ったものにさらに進化させています。
とにかく今、ノリに乗っている神業連発治療家のひとりです。
研究熱心で、工夫を忘れないワッキーちゃんのレポートは、とても参考になると思います。
かなり繰り返し繰り返し学理講座を読み込まれたのでしょう。

ハッキリ言います!
このレポートは完全に私に共振しています。
皆さんも、彼のレポートの一言一句を読み込んでください。
一から十までが、私の伝えたかった事が考察されています。
そのために、ここでは敢えて彼のレポートの一部は取り上げません。
全てが素晴らしいからです。
取り上げたら全文になってしまいます。

彼の成功の秘訣が全てこのレポートに表されています。
ぜひとも参考にしてください。
私まで共振してしまいました (^_^)v

これは「お宝レポート」ですよ!

【整体セミナー活法7】
●お次の四番手は、静岡県の佐々木真吾先生です。
言わずと知れた、毎回毎回優秀な哲学的なレポートを提出されているシンゴちゃんです。
今回のレポートもとても良いレポートでした。
とても良いところをついています。
岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院の大脇妙元先生のレポート同様に全文を紹介したいぐらいの優秀なレポートでした。
敢えて、一文を紹介しましょう。

彼は以下のように考察しています。
「本日の暦は二十四節気の第二十一日番目『大雪』……
今年も『大雪』の日の大切な相伝となりました。
求心力と遠心力により複製と代謝を司る天帝太一妙見神。
『北斗七声』において、雪は地域によって悪性に見られたり良性と捉えられたりする事を教示していただき、美しく景色を彩る事も道を失わせることへもどちらにも通じていました。
雪はどちらにでもゆけることで、苦楽のどちらの道にも共振してしまうことからも、正しい道の歩みがどういうことなのかを改めて考えて進まなければならないのだと思います。
雪も溶ければ動き出し流れを生みますが、冷え切ってしまった環境では根雪のように固まってしまい身動きがとれなくなってしまいます。
今の空騒ぎしているコロナ騒動によくにていますね。
人心は恐怖と共振してくっついてしまっているので緊張し氷結してしまっています。
活殺の分かれ道ともとれるのでしょうか……
凍り付いたものは日光や電子レンジのように外部から高エネルギーの波を照射すれば、内部の物が一気に振動し始めて流動性が出てくるのでしょうが、固まってしまった人の心の溶かすには、共に丁寧な寄り添いで仲良く接することが大切ですね……。」

全く、その通りですね。
そうなんです。
今、大切なのは、この異常な世相に勝つのか負けるのかの別れ道を認識する事なのです。
そして、きちんと動けるのかどうかなのです。
とにかく、言い訳に頼っているようでは何も始まらないのです。

私は、ハッキリ申し上げますが、すでに次へのステップアップに進んでいます。
私は固まったり止まったりするのが大嫌いなのです。
私の父も、皆さんのお父様やお母様あるいはお祖父様やお婆様だって、あの苦しい戦時中や戦後をたくましく生き抜いて来られたのです。

明日へ向かって進んでいた証拠なのではありませんか?
生ぬるい平和な世の中に生きて来た私達には、今回のヘンテココロナウィルスの騒ぎは、初めての混乱の経験でしょうが、生きて行く世界なんて、所詮こんな事の繰り返しなのではないでしょうか?

私の父は、激動の時代でも本当に妙見の教えを自然に実践していました。
そのために、言う事やる事に活きた「道理」がありました。
だから、そのエピソードなんかも皆さんに紹介しているわけです。

「相手が求めている形と、こちらが求める形を同じにすればいいんだ。
ただそれだけでいい……」

とてもシンプルな言葉ですが、なかなか含蓄ありの言葉だと思いませんか?
「共振」って「同じ形」じゃないと成立しないのですから……

喜びも悲しみも怒りも、共に同じように感じる……

これが本当の「仲良し」の条件なのではないでしょうか?
だから私は「自分さえ良ければそれでいい」とか「自分さえ得をすればそれでいい」とか「自分のためなら他人を売ってもいい」とか「面白ければ場を乱してもいい」等と言う考え方が大嫌いなのです。
特にマウントを取ろうとする愚かな行為をする小心者が大嫌いなんです。
これは、何もモラルや道徳の話ではありません。

これは「天道」であると共に「科学方程式」だと認識しているからなのです。

以下に私の自作の言葉をお伝えしましょう。
「天道は転道なり。
ゆえにそれは自らに帰る道なり……」

もしも、私が人をバかにしたら、当然ながら私が他人から馬鹿にされる立場になるでしょう。
もしも、私が人を裏切ったり恩義を忘れたりしたら、当然ながら私が他人から裏切られたり恩義を帳消しにされるでしょう。

自ら固まって止まっていたら、潜在顧客があなたに向かって動き出すなんて、それはそれはとても無理ですね。

事業を進展させたいなら、自らが進展しなければ……でしょ (^_^)

【整体セミナー活法8】
●さてさて、ラストの五番手は千葉県習志野市津田沼 月辰会活法整体院の栴檀芳之妙乗先生でした。

彼は、以下のように考察しています。

「固有振動数とは物体に備わっているものであり、振動数が同じものがその影響を受けます。
治療においては、術者と患者さんで固有振動数を一致させるのに『同じ動作をとる』ということを作法として行いました。
妙見活法は初期のころから『仁の作法』の大切さを言われています。
実は初期のころから『仁の作法』には『共振』の理合いが含まれていたのだと思いました。
学理講座で、共振させる極意が『皆で仲良く』と書かれておりました。
『仲がいい』とは『肩を並べて』と表現されるように横並びの並列をイメージさせます。
横並び状態は学理講座でもいわれている『平等』になりますね。」

D先生、基本的なところを再度考察されましたね。
本当にそうなんです。
「医は仁術」と言われますが、その本当の意味を知る人は以外といないのです。

単刀直入に言いますが、患者さんは私達手技治療家に何を求めているのでしょうか?
「丁寧に時間を掛けてゆっくり治してほしい……」
そんな人いますか?

万が一、そんな奇特な人がいたら、それは他所に行ってもらえばいいんです。
患者さんは、
「とにかく、早く治してほしい……!」
このように思っているわけです。
ならば、速やかに治して差し上げれば良いじゃないですか。

患者さんが求めている形と、こちらが提供する形を同じにすれば良いのですから……
ただ、それだけで良いのです。
「治せるのか 治せないのか それが全てである……」

これは、究極の「仁術」だと思いませんか?
妙見活法なんて本当にシンプルなものなのです。

えっ?
何でシンプルかですって?

それは、ただただ「無駄が無い」だけの事なのです (^_^)v

無駄な共振が無いと、きちんと整った綺麗な世界と共振するものです。
だから「綺麗に治る」わけです。
時間の「無駄」なんか無いですしね。

さてさて、以上で「考察レポート提出順位ベスト5」の紹介と補足を終わります。
繰り返しますが、この後に配信される学理講座受講者の考察レポートも凄いものばかりですから、どうぞお楽しみに……

………………………………

皆さん、大変お疲れ様でした。

今回のホームページ掲載レポートは、集団治療のパイオニア、岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院の大脇妙元先生です。
とても素晴らしい深い高度な共振考察レポートです。
道理を好む彼独特のシンプルな明快なる思考からのレポートはとても参考になると思います。
共振が生み出す大きな利益……

これが妙見が望んでいる世界なのです。

次回は、いよいよ

スペシャル プレミアム【玄義光陰之活】

~ 合気共鳴整体法の初公開~
『― 波動との共鳴が身体を整える ―』

~ 一瞬で違和から調和へ! ~

の学理講座です。
どうぞお楽しみに…… (^_^)v

以上で、考察レポートの紹介と補足を終わります。

•*¨*•.¸¸☆* 妙星 \(^o^)/

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。