第57回妙見学理講座 合気二天二応療法 理論編 考察レポート 千葉司家総括 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2021.3.15

第57回妙見学理講座 合気二天二応療法 理論編 考察レポート 千葉司家総括

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

正伝妙見活法協会の皆様、
司家 千葉吉胤妙星です。
学理講座考察レポートの総括と捕捉をして行きます。

スペシャル プレミアム
【合気 二天二応療法】

~ 合気阿吽整体法の初公開~
『― 万物の始めと完成が直結する―』

~ 入力から出力への誘い! ~

【整体セミナー活法2】

■はじめに
…………………………

学理講座考察レポートが受講された特別な会員の先生方より提出されました。
大変お疲れ様でした。

全てのレポートを拝読し精査いたしましたが、今回提出されたレポートもとても優秀なものばかりでした (^_^)v
「シンプルな世界とは?」あるいは「直角の法則性とは?」を日常からさらに見つけ出し、それらを詳細に分析されたレポートがとても多かったです。

神奈川県の杉渕先生の「部屋の掃除」から悟った「直角の世界」は、私も拝読しながら思わず拍手をしてしまったほどでした。

愛知県の阪野先生のレポートは今回も学理講座の参考書でした。
本当に賢く、妙見が気に入っているのも良く分かります。
そして、岐阜県の大脇先生のレポートは「複雑と単純」を「複と単」さらに「雑と純」の段階に捉え、それをさらに大局的に整理し、観念ではなく現実に行動している事からの成功の道筋を詳細にまとめています。

神奈川県の糸山先生も、いつもながら良い視点を持っての素晴らしいレポートです。
「……という事は」
から始まる発想は糸山先生独自の世界ですね。
この発想が「拡大」を呼び起こすのです。

同じく神奈川県のヤマケンレポートは、現実主義ゆえの「現実手技」にまで発展させる「実践レポート」ですので「……これも確かに……」という普遍性の追及を感じる事が出来ます。
あくまで「上下」の区別を作らず、かえって「下」の「立場」を優先する姿はいつもながら感服しています。

【整体セミナー活法3】

■善因善果の大事
…………………………

今回の学理講座では、最初の起こりと最終の結果(完成)を直結するシステムを日常の出来事に落とし込みながら詳細に解説しました。
そこでは「善因善果」と言う言葉が出てきました。

それを、さらに「全員善果」に直結させましょうと考えているのがハッピーちゃんでした。
素晴らしい発想ですね。

さて「善因善果」ですが、ここにはこれを実現させるためのひとつの大事な要素があるのです。
学理講座では触れなかった部分を解説しましょう。

それは「恩義」に報いる事なのです。
単刀直入に言ってしまえば「悪因悪果」を引き起こすのは「恩知らず」です。
この「恩」とは、他の人から与えられた恵みや慈しみ(いつくしみ)の事です。

古代インドの原始仏教に於いては、他者によって自分のためになされたことを知り、それに感謝することが重要な社会倫理である、と説かれていました。

これを簡単に表現すれば「恩義は社会の潤滑油」ですね。

「因果」の「中心」は「恩」の文字になるわけです。

さて「恩義」をきちんと知る事を「知恩」と言います。
この「知恩」とは他からの「恵み慈しみ」の「お陰様」を知る事です。

これは何を生み出すのでしょうか。
そうです。
「恵み」を知る事は「知恵」を生み出すのです。

正伝妙見活法協会の会員であるあなたは「知識」を恵み与えられて終わっていてはなりません。
それを「知恵」に高めなければならないのです。

「頭がいい」だけでは何の役にも立たないのです。
「頭の回転がいい」……
これが妙見が求めているものなのです。

【整体セミナー活法4】

■回転を良くするには
…………………………

さて、この学理講座では「直角」の大事が確認されました。

古今東西を問わず、思想家や哲学者は「円満」とは「円形」あるいは「球体」と捉えています。
これは常識のようなものでしょう。

しかし、残念ですが妙見活法では、このような発想はありません。
では「円満」とは何でしょう。
それは「固定」ではなく「循環」であるはずです。

そうです。
きちんと循環して「回転」している「円形」こそが「円満」だと妙見は伝えているのです。

これを理解すれば「真円」の中に「正方形」(直角)が構成する「妙見神形」の意味が良く分かるはずです。

これは、身近な所にありますよ。
そうです!

「風車」(かざぐるま)です。
四角でしょ!
「円形」だけじゃあ回転しないでしょ。
回転すれば「円形」になるでしょ。

さてさて、この辺りの深い意味合いを神奈川県の杉渕修玄先生が、日常の「部屋の掃除」から見いだしました。
これは、本当に素晴らしいのひと言です。

今回のレポートの必読ですので、良く読み込んでください。

なお、今回のHP掲載レポートは東京都の坂下武幸先生です。

妙見活法とは?
妙見活法の哲学とは?
妙見活法の現実とは?
妙見活法の独自性とは?

彼が成功してきる原理原則が良く分かる素晴らしいレポートですので、ぜひとも参考にしてください。

そして、皆さんの優秀なレポートからさらに「混雑解消」をしてください。

それでは、メルマガに皆さんの素晴らしい学理講座考察レポートが発表されますので、どうぞお楽しみください

再考察レポートを楽しみにしています。

次回は、いよいよ

スペシャル プレミアム
【妙見エネルギー療法の真実】
~ 第三章 ~
『宇宙の中心力との立体調和 』
~ 不調の消滅は宇宙との立体調和から~

の学理講座です。
すでに作成を始めています。
どうぞお楽しみに…… (^_^)v

※ 学理講座の受講申し込み受付中ですので、ぜひとも御活用ください。

•*¨*•.¸¸☆* 妙星 \(^o^)/

【整体セミナー活法5】

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。