第67回妙見学理講座 真武光陰之活 理論編 考察レポート 千葉司家総括 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2022.1.15

第67回妙見学理講座 真武光陰之活  理論編  考察レポート 千葉司家総括

正伝妙見活法協会の皆様、
司家 千葉吉胤妙星です。
学理講座考察レポートの総括と補足をして行きます。

第67回「妙見学理講座」

正伝妙見活法協会教伝会
スペシャルプレミアム 妙見活法

★ 法術 「真武光陰之活」相伝 ★
~三次元療法への誘い~

【整体セミナー活法1】

■妙見活法 学理講座申し込みについて
…………………………

毎月開催されている教伝会(セミナー)に参加あるいはDVDを申し込みされた方は学理講座を受講可能出来ます。
本部の前野会長に問い合わせあるいは受講希望の旨をメールにてお伝えください。
DVDバックナンバーを取得された方は、その回の学理講座を受講する事も出来ます。
きちんとした理論を修得し、表裏一体の神業治療家になりましょう。

【整体セミナー活法2】

■考察レポートの作成 お疲れ様でした
…………………………

新年1月7日に配信された学理講座の考察レポートが受講された特別な会員の先生方より提出されました。
大変お疲れ様でした。

全てのレポートを拝読し精査いたしました。
今回提出されたレポートも、とても高度に考察されたものばかりで手技治療家としての使命感、そして在り方たっぷりでとても嬉しく思っています。
まさしく、治療家の存在意義そのものでした。
本当によく調べていますし認識もかなり広げていますので凄いレポートばかりです。

特に「治りの道は陰からの起こり」という世界観を新たに加える事でさらに高さと深さ(拮抗)を生み出す厚みが増して来ています。
さて、私達の存在意義までを左右してしまう治療家としての「在り方」……
少しばかり補足解説して行きましょう。

【整体セミナー活法3】

■全ての始まりは「陰」からです
ここをきちんと押さえておきましょう
…………………………

ここで改めて認識すべきは、全ての実態は陰の端から生まれて来るという物理的な事実なんです。

植物は地中の陰から……
動物は母体の中(陰)から……
それゆえに母なる大地と表現されるわけですね。
したがって、あなただって「陰」から生まれて来ているのです。

自分は何で治療家になったのか……
自分は治療家としてどうあるべきなのか……
自分には何が陰として成立しているのか……

大切なのは、目に見える表面は、陰が生み出しているただの一面だという真実をきちんと認識する事なんです。

【整体セミナー活法4】
■私達は三次元世界で存在しているのです
…………………………

三次元……

あらためて考えてみますと、実生活の面では「三次元」なんてあまり認識する事もなかったのではないかと思います。
私達が何となく見ているのは、あくまで二次元の世界なんですね。
目の前の世界にしても画像にしても動画にしても全く同じです。

では「二次元」と「三次元」の違いとは何でしょう?
それは「認知」と「認識」の違いなんです。
昭和30年代にテレビが各家庭に普及して来た時代に、私の父は面白い事を言っていました。

「これからはお陰様が軽んじられる時代になるだろうな……」

父は、実態とは程遠い「温度が無い」「匂いが無い」「肌で感じない」一面だけの認知で、まるで実際に見ているように勘違いする怖さに気付いていたのだと思います。

新聞の「一面」テレビの「画面」……
これらは、あくまで二次元の世界ですから実態ではありません。
その極みが現在のインチキなマスゴミと言えるでしょう。

言語の切り取りによるバッシングなど、実態とは大いに異なった世界が大手をふるっている薄っぺらな社会……
エビデンスやデータを無視したヘンテコ煽り報道……
善か悪かだけの極端な判断……
メディアが勝手に作り出す偽りの正義……
他への攻撃は自由でも自らへの攻撃は認めない……
いずれにしても、ただの「一面」だけの薄っぺらな価値基準ですね。

テレビも新聞も衰退に向かっているのは当然の帰結なのかも知れませんね。
今は盛況なインターネットやスマホからの情報なんかも、いずれ同じ運命に至ると想像できます。
とにかく「二次元世界」には厚みも深みも「お陰様」もありませんから、物理法則上から薄っぺらになってしまうのは必然なんです。

私は学理講座や、この補足文章は魂を込めて心を込めて作成しているつもりです。
それは陰の努力により「三次元」にしたいからなのです。

私が皆さんにお伝え出来るのは、ご先祖様の「お陰」なんです。
その「お陰」から起きている相伝……

ただの安メッキなのか本物なのか……
全ては「陰からの起こり」なのです。

【整体セミナー活法5】

■三次元世界には匂いも暖かみもありますが二次元世界には、それが無いのです
…………………………

三次元世界……

そこには、私達の仕事や存在意義そして在り方に大きく関わる「暖かみ」という世界が付属しています。
まずは、治療家としてこの本質を知る事はとても大切になります。

人は人を治す事は出来ません。
これは妙見活法の定義でしたね。
人を作り出すのは神であるがゆえでした。

昔の医師には立派な方がたくさんいました。
それは生身の人間を丸ごと観察し、聴診器などで内部(陰)からの実態を生身で診察していたからでしょう。
それこそ「手作り」のようなものでした。

今は……?
モニターの「画面」からのデジタルデータのみからのマニュアル判断ですから困ったものです。
血液検査?
これも外注によるデータですから自分で確認するわけではありません。
これでは「暖かみ」なんてとてもじゃありませんが期待出来ません。

ここで欠如しているものは何だと思いますか?

「人間は神のみが治せる」という「陰からの起こり」の認識が全く無い事なんです。
すなわち医師としての「在り方」なのです。
ならば……

神の穢れ無き清らかさ……
仏の慈悲深き大きな優しさ……
太陽の育みの暖かさ……

これを「陰からの起点」にしなければ「治しの機序」なんか起こり得ないのは理の当然ではないでしょうか。

これこそが神業発揮の正体なんです。

【整体セミナー活法6】

■生命の起点は何だと思いますか?
…………………………

さて「不具合の治し」……
これは何も難しく感じる必要なんかありません。
これを簡単に言えば「生命活動」の「乱れ」を是正し整える事なんですから。
要は「生命力」を正しく再構築させる事が出来るのか出来ないのかという事なんです。
あなたは治療家として患者さんの「生命力」を高める事が出来ていますか?

さて「生命力の起こり」とは何でしょう。
その答えを言いましょう。

それは「暖かみ」なのです。
植物は太陽の暖かみで芽を吹き出します。
鳥が産んだ卵は親鳥が暖ためてヒナにします。
私達人間の赤ちゃんは産湯につけて生命力を安定させます。

神業発揮の機序……
当たり前ですが、その陰に「暖かみ」があるのかどうかになるわけですね。

穢れ無き清らかさと大きな暖かい優しさ……
これが、あなたの治療家としての在り方の熱意として確立していなければなりません。

【整体セミナー活法7】

■東久留米市の石塚武先生は「真武光陰之活」の理を自己の中で上手に消化されました
それでは以下にレポートの一部を紹介します。
…………………………

今回、とても勉強になったのが「お陰様」です。
自分の中にまだまだ足りていなかった部分でもあり、反省致しました。

普段の日常生活の中でも、自然界の恩恵により生かされて、私が見えていない所で、それぞれの仕事をして下さっている沢山の皆さまのお陰で、生活が成り立っています。

妙見活法も1000年に及ぶ長い長い歴史の中で、その時代を生きた方々の日々の探求と研鑚があって、今こうして学ぶことが出来ていることに改めて、感謝申し上げます。

[3次元療法の最も大事なところ]
あなたの「陰」(裏)が大きな優しさにあふれ、思いやりの清らかな「心根」である事。
これには心が打たれました。
過去に学んだ整体法ではこんな教えはなかったです。
結局は、陰である心根の状態が全て表に出てしまうのでしょうね。
現代の社会でもこのような教えが足りない気がします。
清らかな心根になれるように精進致します。

【整体セミナー活法8】

■石塚武先生 素晴らしい気づきですね
…………………………

お見事!
ホント、その通りです (^_^)v
だから「陰」の世界を重要視したのです。
このポイントを良く認識されました!

昔の人は、インターネットはおろかテレビなんか無い時代を過ごしていましたから、言う事ひとつひとつに深みも重みもありました。

「お米一粒にお百姓さんの手間が八十八手も掛かっているんだから一粒たりとも粗末にしてはいけません……」

皆さんも言われた経験がおありではないでしょうか。

現代では食品ロスなんて問題が起こっていますが、時間が経てば廃棄するなんて当たり前ですもんねぇ。
確かめもせずに、賞味期限と表示されている数字だけでの判断……
実態としての劣化なんて全く関係ないのですから始末に負えませんね。
これじゃあ「お陰様」の「おの字」もありませんね。

三次元療法への誘い……
これは目に見えにくい「陰」を中心に引き寄せる作法なんです。

すなわち妙見は「実体」ではなく「実態」を看破せよと伝えているのです。

【整体セミナー活法9】

■岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院の大脇妙元先生は「真武光陰之活」で凄い三次元神業治療をされました
それでは以下にレポートの一部を紹介します
…………………………

今回来られた患者様は、4年間まったく効果のない拷問のようなリハビリを受けて来てさすがに病院へ不信感を抱いておられました。

とにかく痙性が無くなるのが患者様の望みでしたので、治療をするにあたり先ずは痙性の症状を出して頂きました。

動かない足を手である角度に動かすと突然ガタガタと勝手に動き出しました。

患者様は自分の足をこぶしで殴りつけながら「これにホンマ困ってんねん!(コテコテの大阪人)これさえなければ…」と嘆かれておりました。

取り敢えず患者様に、4年間足を無理矢理リハビリされて来て治ってない訳だから足を責めても足に文句を言っても無理だと言う事をお伝えし、その上で「この震えを止めるポイントはここですよ!」と言って右足から対角線上の左肩の裏端にポンと三次元の手で触れました。

その手を触れた瞬間、痙性がピタッと止まり、もの凄い沈黙した空気になりました。

患者様と紹介者の方は一瞬金縛りにあったような感じになり、暫くして患者様が「はっ?うそ?なんでやねん?そんな訳ないやろ」と言ってまた痙性を起こそうとしましたがもう起こる事はありませんでした。

治しの起点は陰からの意味を分かった上でのひと触れだったのですが、今回のお陰様のとてつもない三次元パワーにはただただ驚くしかありませんでした。

…………………………

凄い! (°Д°)(°Д°)(°Д°)

妙見活法術者が治すのではありません。
一瞬の「陰」からの妙連が治すのです。
その「陰」に清らかさと大きな暖かさ優しさがあれば、このような神業が発揮されるわけです。
それにしても……
凄い! (°Д°)(°Д°)(°Д°)

【整体セミナー活法10】

■三次元の法則をしっかり知って、見逃しがちな「陰」を上手く活用する「起点」の構築を駆使しましょう
…………………………

繰り返しますが、今回の考察レポートも本当に素晴らしいものばかりでした。

いつもながらですが、学理講座の参考書のような高度な考察レポートを作成している愛知県の阪野祐介先生のレポートは今回もまた凄いのひと言です。
まさしく北極星の導きのような考察です。
しかしまぁ、相変わらず深く広く高く追及されていますねぇ。

他にも実に素晴らしいレポートが山盛りでした。
神奈川県の杉渕修玄先生、東京都の坂下武幸先生の考察レポートも、大変素晴らしいものです。
どちらも副読本にすべき内容です。
千葉県は津田沼の栴檀妙乗先生のお母様の植木のお話もとても良いですよ。
兵庫県の幸田元先生のレポートもいいですねぇ。
良い奥様で羨ましい!
美人さんだし!
幸田元先生は、メンタル整体のスペシャリストになっていますね。

さて、今回のHP掲載レポートには、神奈川県の杉渕修玄先生が選ばれました。

「三次元」の実態を丁寧に物理的に分かりやすく解明されました。
「お陰様」の深い意味を凄い深さで「在り方」としても考察されています。
特に「陰陽」を上手に分析されました。
とにかく読んでみてください。
理路整然としていて「分かりやす~!」のひと言です。

皆さんの優れた考察レポートをお読みいただき、さらに「治療家としての在り方」そして「存在意義」をさらに構築してください。
キーワードは陰(起点)に「清らかさと優しさと暖かさ」が存在する事ですよ。

そして、また一段と三次元立体化して再考察されたレポートを提出して頂けたら幸いです。

「光陰」による「三次元療法」の「治しの誘い」は永遠にあなたと共に在るのです!
「起点」は「始まりの端まり」……

【整体セミナー活法11】

■皆さんからの再考察レポートを楽しみにしています
…………………………

それでは、メルマガに発表される皆さんの素晴らしい学理講座考察レポートをどうぞお楽しみください。

学理講座を受講されていない方は、ぜひともタイミング良く動き出して受講の申し込みをしてください。
そして、皆さんのように「治療家の在り方」をきちんと構築してください。
それにより収益も来患数もリピート数もどんどん増やしてください。

それでは、再考察レポートを楽しみにしています。

次回は、いよいよ

正伝妙見活法協会教伝会
スペシャル プレミアムセミナー

【真武 一之活】
~一元化療法への誘い~

の学理講座です。
すでに心魂込めて作成を始めています。
またまた秘密の暴露のオンパレードになりますよ!
1000年の秘技……
星物語……
どうぞお楽しみに…… (^_^)v

※ 学理講座の受講申し込み受付中ですので、ぜひとも御活用ください。

•*¨*•.¸¸☆* 妙星 \(^o^)/

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。