妙見会参加報告No2 愛知県 阪野祐介 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2019.7.26

妙見会参加報告No2 愛知県 阪野祐介

【6/30妙見会参加報告 妙見信仰と天帝法道之活 妙見活法の成り立ちから学ぶ会でした】

6/30に開催されました妙見会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は妙見会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

今回も妙見の教えから本質を学びました。

妙見会に参加させていただいた際に感じることは、

広い視点から包括的に妙見の教えを
妙見問答を交えて深い部分まで認識できるということです。

能動的に疑問点を質問したり発言したり
とても雰囲気の良い環境で
妙見医道を学ぶことができる魅力があります。

今回の内容は「拡大膨張と縮小収縮」について
深い部分までご教授いただきました。

今回も初参加の方がいらっしゃいましたので
妙見活法をわかりやすく紐解いていただきました。

「天帝法道之活」は神経に触れて
余計なプロセスをなくした神経反射にて
治療を行うことが可能となりました。

患者さんが自然治癒力を高めて
勝手に治っていくものが本来の治療です。

治療においても法の道が存在しました。

整体の歴史は戦の中で生まれており
治療技術を高めるためには
戦に出陣する前に舞い踊って気分を高揚させるように
自我をなくすことが大切でした。

広げたいならどこかを縮める…

この作法にて腕の挙上や腰痛
体の回旋などが一瞬で改善されました。

妙見活法は自然界の法則に則っているゆえ
経営にも同じように当てはめることが可能です。

広げて縮めてのリズムは北斗のリズムであり
なんと北斗七星=柄杓の象形が現れました。

至る所に北斗七星が存在しますね。

他にも「七転び八起き」の意味や
「三三七拍子」についてもご教授いただきました。

先人が大切にしてきた妙見信仰…
北極星と北斗七星…

自分が認識している以上に
大きな見えない力が存在しているのだと
思いを新たにしました。

初参加された目黒会員とお話しさせていただいているなかで
印象的な言葉がありました。

「これまで学んできたことはなんだったのでしょう」

まさに妙見活法を学び始めた時に
自分自身が受けた感触そのものでした。

いつになっても初心って大事ですね。

妙見は人間科学に則っているため
治るのもは治ります。

その現実を疑うのではなく
受け入れ成りきることが大事なのだと
今回も反省と課題がありました。

一つひとつクリアできるように
地元の患者さんに沢山お借りして
日々精進してまいります。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

前野会長、千葉司家、由利司家秘書、
会員の皆様、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

愛知県 阪野祐介

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。