第27回愛知妙見活法研鑽会開催参加報告 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2021.8.13

第27回愛知妙見活法研鑽会開催参加報告

愛知県 阪野祐介会員

正伝妙見活法協会 総本部

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家

正伝妙見活法協会会員の皆様

 

お世話になります、愛知妙見活法研鑽会

共同代表幹事 阪野祐介です。

 

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、

 

この度は会員の皆様と研鑽し合える機会を作ってくださり、

誠にありがとうございます。

 

7/28 10:00〜 共和 阪野活法整体院

にて「第27回愛知妙見活法研鑽会」

を開催させていただきました。

 

今回は愛知・岐阜・長野より

冨田会員・松野会員・大脇会員・須山会員・阪野

の5名の会員にて研鑽を行いました。

 

「真武 豊受之活」の復習と

臨床における質疑応答を行いました。

 

【質疑応答】

 

須山会員が朝早くから4時間かけて

長野県より参加してくださいました。

 

今回は腸能力療法というだけあって

既に張力が効いているように感じました。

 

妙見活法を学び始め

わかってきたことと

新たに疑問に思うことがあったので

最初に質問をお聞きしました。

 

・お客様とのやりとり

・見立て、触れ方

・120度の拮抗

 

実際にどのようにお話しされているのか

大脇会員がデモンストレーションを行ってくださいました。

 

借金の話や必然性の話は

聞いていてスーッと染み込んでくるような

リズムと言葉遣いであったと思います。

 

施術に入る前から既に治る感覚を受け

神業を連発される一端を垣間見ました。

 

症状によっての使い分けは

妙見活法にはないことや

旬のものをお借りすることで

どのような症状でも対応できることを

確認しあいました。

 

過去の相伝内容の作用が

全て詰まっているのが旬の相伝内容です。

 

歯車が噛み合わさるように

新たしく学んだことから順次活用していくことで

神業に昇華していくように感じました。

 

120度における拮抗の感覚が

どれくらいの強さで行うと良いのかを

復習しました。

 

拮抗することで張力が生まれます。

 

拮抗と張力によって

質が転換しやすくなることを

再認識しました。

 

次に松野会員より話の通じない

外国人が来院された際にどのように対応するか

質問をいただきました。

 

須山会員がデモンストレーションを行ってくださり

会話が通じなくともジェスチャーで

ある程度やりとりできることを

実践してくださいました。

 

海外で過ごされていた経験があり

手慣れた様子で対応されていたので

とても参考になりました。

 

【復習】

 

教伝会でご教授いただきました

・足をあげて不動にする作法

・壁に張り付けて腸をあげる作法

を復習しました。

 

足をあげて不動にする作法を

普段の臨床でどのように活用されているのか

それぞれ拝見しますと微妙に異なり

それぞれ独自の”風”が出ておりました。

 

以前の相伝内容を自然に取り入れて作法であったり

理合いに沿って改良されている手技を拝見でき

とても参考になりました。

 

リズムを合わせることを意識するだけで

質の転換がガラッと変わりました。

 

壁を活用して腸をあげる作法につきましては

鏡を駆使して鏡月の作用を取り入れて

臨床でお借りしていることをお伝えしました。

 

復習している際にお腹を壁に張り付ける作法を

須山会員が実践されていたので

シェアしていただきました。

 

姿勢がピンとする感覚があり

適応無限であることを実感しました。

 

【総括】

 

今回は私がリード役を務めさせていただきましたが

大脇会員・冨田会員がフォローしてくださったお陰で

深い部分まで研鑽することができました。

 

ありがとうございました。

 

また参加された会員の皆様が

能動的に発言・行動していただいたお陰で

一つの視点だけでなく複数の視点で

研鑽することができました。

 

ありがとうございました。

 

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。

研鑽会に来るとほんの数分で悩みが解決します。

 

途中で学び始めた会員の方は

教伝会の時に学ぶことができない

以前の教伝会の内容を学ぶことができますし、

 

既に学んでいる会員としては

自分ができていないと教えることはできませんので

良い復習の機会となります。

 

間違っていた箇所があったとしても

それにいち早く気づくことができ

反省してUターンできる場が研鑽会です。

 

一人ではなく心強い会員同士で

同じベクトルで研鑽しあうことができます。

 

地道に、着実に進んでいくためにも

研鑽会は貴重な機会であると思います。

 

今回も学び多き時間を共に過ごさせていただき

皆様に感謝致します。

 

これからも研鑽を積み重ねていき

質を高めてまいります。

 

 

前野会長、千葉司家、

 

教伝会以外の場で研鑽する機会を与えてくださり

ありがとうございます。

 

参加された会員の皆様、

 

遠方よりお越しくださり

一緒に練習してくだだり

ありがとうございました。

 

お陰様で貴重な学びを

得ることができました。

 

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

愛知県大府市

共和阪野活法整体院

阪野祐介

 

岐阜県 大脇猛妙元会員

正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。

 

岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院

大脇妙元です。

 

7月28日開催愛知研鑽会参加報告を送らせて頂きます。

 

阪野会員の治療院で久しぶりに研鑽会が開かれました。

 

参加者は愛知岐阜長野から、阪野会員、冨田会員、松野会員、須山会員、大脇の5人でした。

 

1年半ぶりに阪野会員の治療院に伺いましたが、以前にも増して治りそうな感じがビンビン伝わってくる空間となっていました。

 

神業を連発している残気が漂っていて、凄い雰囲気にバージョンアップしていました。

 

今回、須山会員が遥々長野から初参加され、新鮮な空気の中、研鑽会がスタートいたしました。

 

真武豊受之活の教伝会でご教授頂いた壁を使った合気アレルギー(腸能力)療法と座位での足上げバージョンを中心に研鑽していきました。

 

須山会員から、妙見活法の身体の見方や触れ方、症状の捉え方や考え方などの質問があったり、DVDで修得に励まれている松野会員から、様々な質問疑問が投げかけられ、直接奥伝会、妙見会、武伝会に足を運ばさせて頂いている阪野会員と冨田会員と私でフォローさせて頂く形で進んで行きました。

 

阪野会員の丁寧な言葉掛け、合気の掛け方、リズムの取り方などは大変参考になり、多くを補わせて頂く事ができました。

 

また冨田会員の工夫が施された操作法や、経験の厚い松野会員の患者様への声掛け、須山会員の柔軟な人柄から来る発想などからも大変勉強させて頂きました。

 

研鑽会はほんとにいつも楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

今回、真武豊受之活の復習に見合った、皆で喜び合う(高め合う)楽しい豊かな研鑽となりました!

 

参加会員の皆様、誠にありがとうございました。

 

阪野会員、研鑽会の場を提供し下さり、誠にありがとうございました。

 

来月、冨田会員の治療院で研鑽会が開催予定となりました。

 

次回も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

岐阜県瑞浪市

大脇妙元

 

愛知県 松野吉伸会員

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長

 

いつもお世話になり、ありがとうございます。愛知県まつの接骨院、松野です。

 

第27回愛知妙見活法研鑽会が、2021年7月28(水)共和 阪野活法整体院で開催され

 

第62回合気アレルギー療法の真実 真武豊受之活の復習を中心に行いました。

 

前回の第26回愛知共和阪野整体院研鑽会が2019年12月18日ですから随分と久しぶりです。

 

参加者は、阪野会員、大脇会員、冨田会員、須山会員、私の総勢 5名で行いました。

 

会場へ到着すると見慣れない「松本ナンバー車」が駐車してあり???でいましたら、

 

阪野会員より須山会員を紹介されました。

 

最近、教伝会DVDで拝見しているさわやかな好青年で、長野県より4時間かけて愛知県まで

 

こられたことに驚きました。

 

岐阜研鑽会で同一性の重要性を感じて以来コミュニケーションに重点をおきはじめていますが

 

昨日、日本語が全く分からないベトナム人がおみえになり「グーグルアプリ翻訳を使っても

 

コミニケションがとれません」と相談しましたら早速、須山会員より実践のレクシャーをして

 

頂き、とても参考になりました。

 

続いて大脇会員より、二之活での対処方法を披露していただきました。

 

と同時に「必然性はすでに用意されているのだからお作法をすれば効果はでて当然なんです」

 

と心構えを新たに上書していただけました。

 

次に、教伝会の壁を使った内臓上げを阪野会員がご披露されました。

 

意図的に壁の前方に鏡を配置され、被検者に鏡に向かって同じ動作をしながら説明をされました。

そこからお作法に移った様は、これまでとは明らかに違う間の整い方を感じることができ、とても勉強になりました。

 

そして、これまでの相伝業(技)を冨田会員に研鑽をさせていただくことで形霊ばかりでなく

 

忘れていた大事なお作法を再確認でき、とても助かりました。

 

今回も大変有意義でとても楽しい時間を過ごせました。

 

各会員の皆様、お世話になりありがとうございました。

 

次回もよろしくお願い致します。

 

愛知県まつの接骨院 松野 吉伸

 

長野県  須山勇会員

正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。

 

長野県松本市

須山勇です。

 

壁の豊受は鏡を映しながらすることでスムーズに移行することができて

術者共に理解と誘導が深まりました!

 

お腹をあげるにも自分の張力用いる作法に、気づきがありました。

 

リズムは施術に入る前からもとれることが会員同士のやりとりにて「はっ」と、させられました。

リズムをつくる、調子をとる。

 

お客さんとのやり取りなど現場ででる悩みの共有、解決策なども勉強になりました。

 

技術以上にコミュニケーションが大切で、そのための術者の意識の在り方を考えさせられました。

大脇会員の借金の話は患者さんにはわかりやすく治癒の流れを伝えられる例え話で「なる程」と思いました!

 

120度の拮抗の練習にて改めて、所作や動作、間のとり方などが、大切なんだなと理解しました。

ありがとうございました!

 

長野県松本市

須山勇

 

愛知県 冨田恵司会員

愛知研鑽会

 

阪野会員の治療院で開催されました。

場所の提供ありがとうございました。

 

今回は愛知岐阜メンバー4人と長野から遠路遥々須山会員が初参加されました。

 

真武豊受之活を復習しました。

 

足上げ

壁での腸上げ

壁に背中を合わせるのと

お腹を合わせるのと両方やりました。

 

壁にお腹を合わせる方の発想はなかったですが、受けてみると、背中が軽くなり、すごくよかったです。

 

技はシンプルですが、その中に

さりげなく

術前後の会話

120度や直角

動きのリズム 言葉のリズム

拮抗 遠隔が入っています。

 

参加会員それぞれ、同じ技でも着目点が違っていたりして、それをシェアすることにより同一化になるので、皆の底上げになります。

 

阪野会員の治療院では施術で使う壁の対面に姿見鏡が設置してあり、患者さん自身が姿を確認できるのと、鏡を使った説明で鏡月にもなるので、とても良く参考になりました。

 

今回も研鑽会という場で修練させていただき、ありがとうございました。

 

豊橋薬師活法整体院

冨田恵司

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。