第12回妙見活法恵比寿研鑽会 参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.9.26

第12回妙見活法恵比寿研鑽会 参加報告

東京都 坂下法玄会員

会員の皆さんお世話になってます。

東京都渋谷区office法玄坂下です。

9月10日に行われた第12回恵比寿研鑽会の報告になります。

土曜日の開催でしたが、参加者は

 

杉渕会員、高橋会員、由田会員、須山会員、石塚会員、森会員、私の7名でした。

 

内容は北輝天位之活の復習となりました。

 

個人的に無接触では過去最高に作用が生じると感じているメビウスの祓いから始めました。

 

接触した術ではあまり変化がなかった場合でもメビウスの祓いにより劇的な変化が生じたケースが数件あり、所作を試行錯誤してみました。

 

前から祓うか後ろから祓うか、間合いへの入り方、祓う手にどうやって質量を持たせるかなど、色々工夫しました。

 

会員同士でお互い変化を確認し合いましたが、背中のハリや足のハリ、頭の形や顔色、眼の状態まで変化を感じることができました。

 

太極拳の鍛錬法を元に、メビウスの作用により身体を強めるセルフケアを行いましたが、行う前後に軸の強さなどを検査して変化を検証しました。

結果的に、前後からそれぞれ検査して軸が強化されたことを確認できました。

 

メビウスの形霊によって無接触による術にはまっていて、遠隔でも頭痛の方が顔が動いて調整された、背部痛の方はメンソールを塗ったようにスースーして痛みが消えた、ギックリ腰をやったダンサーさんとモニターで繋ぎ、寝たきりから普通に歩けるまで誘導できました。

 

メビウスの作用凄いです!

 

研鑽会後は恵比寿村にて、ガンギマリの店主が朝一で毎朝釣って来る魚をツマミに経営面での話をしました。

次回から研鑽会後に時間をとり、全国や海外への広告の出し方やHPの工夫、情報発信の仕方などの勉強会をすることにしました。

 

海外進出したい、売上を伸ばしたい、ゼロからやっていくにはどうすればいいかなど会員の間でそれぞれの目的があり、質の高い妙見の教えをしっかりと広め、人やお金の循環をしっかり作った上で、安定した状態で相伝を受けれるようにみんなで試行錯誤していこうということが主旨になります。

 

更にマワリ、メグリを潤滑に大きくしていきたいですね。

 

研鑽の機会を頂き

 

千葉司家

前野会長

由利司家秘書

会員諸氏

 

有難う御座いました。

 

神奈川県 杉渕修玄会員

 

神奈川県藤沢市の杉渕修玄です。

9月10日に恵比寿で行われた研鑽会の参加報告です。

 

昔太極拳の先生の腹を全力で押したことがありますが、力が全て飲まれるというか、いなされる感覚があり、ご本人は下丹田が動くようになるとかいう言い方をされていましたが、反復的に行う型により、螺旋やメビウスの作用を内在化しているのではないかと思いました。

 

習い始めは最初大きく動き、慣れたら最小限の螺旋、メビウスでも動くことができ、最小限の動きでも大きな力を扱うことができる。

 

これが武術の達人の動きなのかなと思いました。

 

今回も研鑽会ありがとうございました。

 

高橋隆夫会員

 

メビウス、螺旋、纏糸勁。

中国の北派少林拳、いわゆる内家拳では螺旋的な動きが重視される。

陳式太極拳では立体的な功法が基本となり、八卦掌は円の周りを泥歩し、常に相手の背後に回り込むような実践用法が多く、形意拳の基本動作の勁道は基本2次元的だが、套路は螺旋的になる。

 

私は陳家の里にて偶然にも門外不出とされる陳式太極拳の秘訣を教えて頂く機会があり、これは老師の娘が私に好意を持っており、老師はそれを察知して私に教えたに違いないのですが、日本人には教えてはいけないといわれました。

老師の娘との仲はメビウスの作用によるものか、滞在中どんどん熱く熱くなり、私が中国を離れてシャムの国に向かうと知ると娘は彼の国に破廉恥な心象を持っていたためか、急速に冷えていったのでした。

 

メビウスの作用により、また何処かで邂逅することもあるかもしれません。

 

そんな想い出に浸ってしまった研鑽会でした。

 

有難う御座いました。

 

 

東京都 石塚武会員

 

螺旋の動きとは移動エネルギーにロスがないものだと思いました。

無駄なく最短距離で目標に達することができ、求心力と遠心力により周りを引きこんだり、無駄なものを弾いたりします。

これがメビウスによる祓いかなと考察しました。

研鑽の場を頂きありがとうございました。

 

 

長野県 須山会員

 

メビウスを描く時、そこには真空状態のような、別の空間が出現する感じがします。

 

おそらくこれは、前後左右上下に拮抗した形により、ノイズは除かれ新しいものが代謝し、平均化されたクリアな空間が出来上がるということかと思います。

 

これが祓いのメカニズムか!

 

研鑽の場を頂きありがとうございます。

また参加させて頂きます。

 

 

東京都 森大樹会員

 

正伝妙見活法協会の皆様

 

いつもお世話になっております、品川の森です。

 

9月10日に開催された12回東京都恵比寿妙見活法研鑽会に参加させていただきましたので参加報告を上げさせていただきます。

 

 

今回の恵比寿研鑽会は、主催者の坂下会員を筆頭に計7人の参加となりました。

 

内容としましては、

 

・「北輝天位之活」の教伝会の復習とその応用

・坂下会員による身体のメビウス化の功法の教授

これを中心に行いました。

 

 

今回の研鑽会は「北輝天位之活」で相伝されたメビウスの祓いの復習と応用から始まりました。

 

私もメビウスの祓いはよくお借りしていて、ワンちゃんと一緒に飼い主さんまで体調がよくなるケースもあるため非常に使い勝手の良い作法だと感じております。

 

坂下会員が主導になり参加会員にアドバイスをしてくれましたが、拮抗、鋭角、左右差、六方などふんだんに取り入れた祓いになっており非常に参考になりました。

 

このメビウスの祓いを、坂下会員の勧める「身体のメビウス化の功法」を行ってから試すと、作法のキレが上がりました。

 

手で太極拳マークを描きながら前後上下左右の方向性を入れるだけの簡単な動きですが、身体が一体化した感覚を得られ、非常に気持ちよくなります。

 

最近、電車の待ち時間やエレベーターを待っている時は手を使わずこの動きをしています。

 

研鑽会後の直会では、経営やホームページについてアドバイスをいただきました。

 

近いうちに個人事業主として活動を始めようと思っており、かなり有用なアドバイスをいただきました。

 

まだまだ経験不足は否めませんが、治るときは治らないときは治らない。

 

現実に行動に移して初めて分かることですので、とりあえずやってみようと思います。

 

 

以上で研鑽会の参加報告を閉じさせていただきます。

 

第12回東京都恵比寿妙見活法研鑽会に参加の皆様、

 

そして研鑽会という会員同士での技術向上の場を作っていただいた、千葉司家、前野会長、由利司家秘書、栴檀会員

 

ありがとうございました。

 

是非次回もよろしくお願いします。

 

東京都 由田康二会員

 

9月10日(土)は普通に勤務しており、

 

その日の夜は社員総会でした。

 

そんな日に、恵比寿研鑽会は開催されました。

 

どう考えても有給は取れない。

 

今回は参加出来ないのか。

 

しかし運命のイタズラ、

 

ピンポイント休が取れたのです。

 

五円がある。

 

オフィス法玄の扉を開けますと、

 

キョNちゃんの施術を受ける人物の姿がありました。

 

施術がひととおり終わり、

 

ゴッホが描いた糸杉のように渦を巻いて上昇した髪の毛で、

 

起き上がってきたのはS渕会員、

 

恵比寿の怪人、S下会員、

 

安定の笑顔のズルさ、S山会員、

 

東久留米のマダムキラー、石T会員、

 

エイ柄のシャツを第1ボタンまで留めるのがポリシーのT橋会員、

 

恵比寿の実験用モルモット=Mり会員、

 

調布の塩田剛三こと、私Y田の、

 

7名が集まりました。

 

「北輝天位之活」メビウスの祓いの巻き

 

メビウスの祓い

 

教伝会で千葉先生からご教授いただいた骨とは、

 

少々異なる所作にて、

 

現場でお借りし易い形でのメビウス祓いを、研鑽いたしました。

 

相手にとっていただく体勢は、

 

教伝会では、「シャワーを浴びるピーポくん」のような体勢でしたが、

 

恵比寿研鑽会では、

 

「滑るので両足で立ってシャワーを浴びるグリコのラベルの人」体勢で行いました。

 

ちゃんと般若入れてます。

 

そして背後から行います。

 

教伝会では位置エネルギーを出すため、高い位置に手を置きましたが、

 

メビウスの動きに上下を入れて行いました。

 

効果が上半身に集中しましたので、会員同士で検討しますと、

 

立ち位置を少し遠くし、

 

お祓いする相手の姿の全体像を捉えられる距離に立つと、全身に作用が及ぼすことを確認できました。

 

お互い研鑽し合う際、

 

ぶつからないよう、立ち位置を移動したところ、S渕会員は、

 

「ここは殺になる」

 

と言って移動し、

 

「あ、ここも殺になる」

 

と言って移動したので、

 

「なんかあるんですか?」

 

と聞くと、

 

「後で言うね」

 

と言ったまま、答え合わせ出来ませんでした。

 

後で教えてください。(*-ω人)

 

メビウスの力を体感するために

 

中国拳法の鍛練の型の中にあるメビウスの動きにより、

 

不安定な体幹が安定することの実証実験を行いました。

 

調布の塩田剛三はグラグラなのです。

 

まずは全員の体幹の安定感がどのくらいかを検査しました。

 

そしておのおのメビウスの所作を反復練習しました。

 

教伝会では、

 

「体の固い人代表」のポジションにいて、

 

運動とは一見、縁遠いイメージのS渕会員ですが、

 

素人目に見ても、

 

所作を行うS渕会員から、

 

ただならぬオーラを感じました。

 

やはりこの人は、

 

表にこそ出しませんが、三十年に渡って桓武月辰流を研鑽してこられた結晶のようなものが蓄積し、

 

体内に染み渡っているのかもしれません。

 

しかし冷静に分析してみますと、

 

あるひとつの事実が浮かび上がってきました。

 

ビジュアルがサモハ◯・キンポ◯です。

 

すべてが氷解いたしました。

 

メビウスの型を反復した後の、

 

調布の塩田剛三は、杭で打ち付けた様に体幹が安定しました。

 

ありがとうございました!毎朝やっております。

 

今回は直会には参加せず、スーツに着替え、そのまま社員総会に出ました。

 

遅刻厳禁でしたので余裕をもって、会場の最寄り駅に行き、空いた時間で、

 

電車内で書いていた研鑽内容のメモを、引き続き書いていました。

 

さて、会場に向かいますと迷いに迷い、遅刻しました。

 

以上で恵比寿研鑽会参加報告といたします。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。