第19回岐阜妙見活法研鑽会開催参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2021.12.4

第19回岐阜妙見活法研鑽会開催参加報告

 

岐阜県 大脇猛妙元会員

 

 

正伝妙見活法協会会員の皆様

 

お世話になっております。

岐阜研鑽会代表幹事 大脇妙元です。

 

11月24日岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院にて、第19回岐阜妙見活法研鑽会を開催致しました。

 

阪野会員、冨田会員、松野会員、須山会員と私の5人にて真武太一之活の復習を行いました。

 

基本をしっかり練習した上で、現場で柔軟に適応できるように様々な応用法などを研鑽していきました。

 

皆で繰り返し繰り返し練習する事で、認識と操作の不一致を確認し合い、臨床のムラを無くす事に繋げる事ができました。

 

参加された皆様

この度は誠に有難うございました。

 

研鑽の詳細な内容は参加会員のご報告をご参照ください。

 

次回は1月26日に阪野会員の治療院にて愛知研鑽会を開催する予定です。

 

再来月もまたよろしくお願い申し上げます。

 

千葉司家 前野会長

研鑽会の開催許可を頂き、

誠に有難うございました。

 

岐阜研鑽会代表幹事 大脇妙元

 

愛知県 阪野祐介会員

 

正伝妙見活法協会 総本部

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家

正伝妙見活法協会会員の皆様

 

こんにちは。

愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野です。

 

11/24 10:00〜 龍門整体療法院

にて第19回岐阜妙見活法研鑽会が開催されました。

 

参加させていただきましたので

感想を送らせていただきます。

 

まず初めに研鑽会を開催するにあたり

場を提供していただきました大脇代表幹事に

深くお礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

今回は5名の会員の皆様で集い学び合いました。

 

【復習】

 

教伝会でご教授いただきました

作法を中心に研鑽を行いました。

 

「六芒星の折り紙」をお借りして

可動域が改善することを再確認しました。

 

触れると動ける感覚があり

瞬時に可動域が広がりました。

 

腰であっても首であっても

どこでも動きやすくなりました。

 

応用として六芒星を触媒として

患者さんと手の間に置いて

作法をお借りしますと

触れられている感覚がなくなり

作用が高まるように感じました。

 

自然に噛み合わせが再現できるので

余計な自我が取り払われることに

繋がると思いました。

 

鏡月の合わせ鏡のように

三角形を作る作法は

うまく拮抗を作れると

質が転換することを確認しました。

 

うまく拮抗を作るために

メンタルリハーサルを行うのと

行わないのでは雲泥の差が生じます。

 

言語による誘導の大切さを

研鑽を行う中で再認識できました。

 

「指切り玄満」の作法は

全細胞が整列する感覚があります。

 

やはりこれも上手に拮抗することで

カチッと決まるような手応えがあります。

 

相手だけでなく施術する側も

拮抗できているかどうかで

大きな違いが生まれました。

 

更に武伝会の作法を繋ぎ合わせると

更に質がガラッと変わることがわかり

臨床の場でお借りしていきたいと思います。

 

「真武 太一之活」は非常にお借りしやすく

質の転換が半端ないです。

 

これからも研鑽を積み重ね

修得を目指して精進してまいります。

 

【総括】

 

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。

研鑽会に来るとほんの数分で悩みが解決します。

 

実際に会員同士で学びあえるのは

とても貴重な時間です。

 

特に臨床でバンバンお借りしていますので

お互いにコツや意見を交わせることで

自分にはない視点が加わるので深い学びになります。

 

今回も臨床でどのように活用されてるのか

情報共有し合うことで新たな気付きがあり

非常に参考になりました。

 

特に大脇会員の施術までの流れが

驚きと感動を呼び起こす確かな土壌作りに

繋がっていることを改めて感じました。

 

大脇会員が実践されているように

学理講座で記載されていることを

患者さんに伝えていくようになり

反応が変わってきたことを実感しています。

わかりやすく伝えやすく

工夫された状態で配信されているので

使わない手はありませんね。

 

これも術理を学んでいる会員同士で研鑽し合うからこそ

感じることができたのではないかと思います。

 

研鑽会では欠けている面を

補い合うことができる貴重な環境です。

 

同じことを学んだ者同士しか共有できない

とても有り難い環境です。

 

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。

 

間違っていた箇所があったとしても

それにいち早く気づくことができ

反省してUターンできる場が研鑽会です。

 

一人ではなく心強い会員同士で

同じベクトルで研鑽しあうことができます。

 

地道に、着実に進んでいくためにも

研鑽会は貴重な機会であると思います。

 

今回も学び多き時間を共に過ごさせていただき

皆様に感謝致します。

 

これからも研鑽を積み重ねていき

質を上げてまいります。

 

 

前野会長、千葉司家、

 

教伝会以外の場で研鑽する機会を与えてくださり

ありがとうございました。

 

大脇代表幹事、

 

研鑽できる場をお借りさせていただき

ありがとうございました。

 

またこの度はリード役を務めていただき

ありがとうございました。

 

参加された会員の皆様、

 

一緒に練習してくだだり、

また色々教えてくださり

ありがとうございました。

 

お陰様で様々な意見が出て

とても勉強になりました。

 

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

愛知県大府市

共和阪野活法整体院

阪野祐介

 

愛知県 松野吉伸会員

 

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長

 

いつもお世話になり、ありがとうございます。

 

愛知県碧南市 まつの接骨院 松野です。

 

第19回 岐阜妙見活法研鑽会が11月24日(水)に大脇会員の龍門整体法院で

 

開催され、「第66回教伝会 真武太一之活」の復習会を行いました。

 

参加者は、大脇会員、阪野会員、冨田会員、須山会員、私の総勢5名でした。

 

いつも到着しますと、奥様の”おもてなし”から始まります。

 

大脇家のオリジナルブレンドコーヒー豆を焙煎機にかけ、ミルで砕いて粉に

 

したものです。

 

そしてドリップ方式で、上からお湯を少し落としては時計を見て時間経過と

 

共に注ぎ足し、ようやく出来上がります。

 

コーヒーカップに注がれたコーヒーは、香り・色・味も全く違いました。

 

とてもまろやかで口当たりよく、本当に美味しいコーヒーでした。

 

飲み始めますと、大脇会員がコーヒーについて豊富な知識を語りだしました。

 

コーヒー豆から粉にした時点でもうすでに酸化が始まり、常用しているコーヒー

 

は腐ったものを飲んでいる事実を伝えられました。

 

酸化したコーヒーは酸味が増し、カフェインが胃酸の分泌を促す作用もあるため

 

胃への負担が増えると言われました。

 

そうすると何故か飲んでいるコーヒーの旨みが増したように思えます。

 

この事は、大脇会員が手間を惜しまず丁寧な説明を新患にする手順と同じだと思いました。

 

これまでの病院や治療院の治療概念と妙見活法の違いを語り、道具を使った説明を十分に

 

して固定観念を変えさせ相手にも寄り添わせ、すべての場を整えてから術技を施します。

 

これまでは話術だと思い込んでいましたが、全ての準備が整えてありました。

 

場を活かす真武一条之活相伝後の新しい気づきでした。

 

「遺伝子へのアプローチによる治し」真武太一之活の実技は、六芒星府とゲンマン法

 

三角形と逆三角形の相対性法、Vサイン、ジュジュ繋ぎを一通り行いました。

 

その後、各会員が身体から気がついた三角形を使いお作法を披露しながら、他の会員が

 

これまでの相伝お作法を助言していくことで、更に上書きをしていきました。

 

先回の豊橋研鑽会でも感じましたが、熱意ある会員が集まり研鑽することで更に熱気が増し

 

場の空間が変わり、その場の良い周波数に同調するのか何かが変換された気がしました。

 

とても楽しく有意義な時間を過ごせました。

 

今回も皆さまのお陰でたいへん良い学びを共有することができました。

 

ありがとうございました。

 

次回も、宜しくお願い致します。

 

愛知県碧南市 まつの接骨院 松野吉伸

 

愛知県 冨田恵司瑞玄会員

 

岐阜研鑽会 参加報告

 

正伝妙見活法協会の皆様

お世話になっております。

 

愛知県豊橋市

豊橋薬師活法整体院

冨田恵司瑞玄です。

 

岐阜研鑽会に参加させていただきました。

参加報告です。

 

大脇会員の治療院で開催されました。場の提供ありがとうございました。

大脇会員 阪野会員 松野会員 須山会員 私

5人の会員で研鑽しました。

 

真武太一之活を中心に研鑽いたしました。

 

六芒星の拮抗

 

身体には「く」の形が多くあります。例として肋骨下の溝落ちや仙骨、鼻、後頭部、曲げた肘や膝、手首足首、指等です。

 

術者の手の組み合わせでも構築できますし、

術者の「く」と相手の「く」と相反するように指や関節で作り、拮抗させ六芒星とすることができます。

上下が合わさった「太一」となります。

 

六芒星の形霊も再現しました。

指先で形霊に触れながら前屈すると

柔らかくなります。

 

術者の両手指を重ねて六芒星を作り、重ねた手の間に形霊を挟むのも効果的でした。

 

■大脇会員のデモンストレーション

 

大脇会員が松野会員に

「実際の臨床」をどのようにしているか、再現していただきました。

 

施術に入る前の会話から始まる

星物語は圧巻でした。

説得力ある話で納得し

話を聞いてるだけで、「良くなる」

気になります。

 

一連の流れに「治る場」が構築されていました。

研鑽会で惜しみなく、みんなのために一連の場の構築を共有していただきとても参考になりました。

 

他にも今までの相伝会で登場した道具を多数所持しており、ケースバイケースで説明にそれら道具を使っている話も聞きました。

実際に2、3の道具で説明を披露してくれました。

話だけでなく目でも納得でき、理解が伝わる効率が高くなるのと、場の視点で見れば、重要なこととわかります。

 

会員達が集まって、意見を出しながら、交流して高め合う研鑽会はとても有意義な時間でした。

参加された皆様

ありがとうございました。

 

以上 岐阜研鑽会

参加報告です。

 

 

豊橋薬師活法整体院

冨田恵司瑞玄

 

長野県 須山勇会員

 

長野県松本市 自然治癒力活性院癒社 いやしろ 須山です。

 

先月末、岐阜研鑽会に出させて頂きました。

まず集まり、勉強させて頂きました、大脇会員、板野会員、冨田会員、松野会員ありがとうございました。

大脇会員の奥様、美味しい珈琲やお菓子等御配慮頂きありがとうございました。

ほんとに美味しかったです☺️

 

今回は太一之活中心の練習にて、皆の現場での使い勝手ややり方など

 

自分一人だとなかなか思わないアプローチなどやはり施術家が集まるとその数だけ臨床がありとても、参考になります!

 

 

大脇会員の臨床のお話は、

星物語の続編、全てが続編になっており、内容は全く違えど最終的には患者さんの意識変化を促す会話になっており、様々な活もその話、に繋がっており・・・

治療院の導線も患者さん目線でとても細やかでした。

施術家として対話することの大切さや、ペースや空間、場の空気も掌握しつつ滅私しつつ。

素晴らしいバランスだなぁと感嘆しました。

僕が患者さんなら通いたくなるお話満載です笑。

松野会員の接骨院の患者さんとの話も、自分に重ねながら、聞かせて頂きました。

笑わせて頂きながら勉強になりました。

 

冨田会員との練習で、合気のかかり具合の感覚を練習させて頂きました。普段一人で、意識してやるより、妙見活法の皆様との練習は意識や、普段の感覚が変わり、精度が良くなるような、良くなっているので、あ、今、合気かかってないなぁとか、あっ、今かかりましたね。など、感覚から言葉がとても早く理解できると実感しました。

他には丁之活、折紙の活用など

復習しました。

また、ひとつ、上手になった氣がします。

ありがとうございます。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

自然治癒力活性院 癒社 須山

 

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。