10/17 妙見会 妙見信仰と真武一条之活 奥伝特別相伝 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2021.10.19

10/17 妙見会 妙見信仰と真武一条之活 奥伝特別相伝 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

栴檀芳之妙乗先生 千葉県習志野市

17日妙見会の報告をいたします。

妙見会では運のいい人悪い人についてのお話がありました。

これを明確に説明できるのは妙見活法だけではないでしょうか?

やはり「自分だけ得するように考える人間」これは本当に良くないことが分かりました。

色々な人との交差点を作れない為、

自己が強すぎる・濃すぎる状態となっているのです。

こうなるとそこに想定される場面は1/1しかありえませんが、

色々な人と共有できる人はそこに想定される場面が幾重にも増えていきます。

増えれば増えるほど己というものが薄くなり、

何かマイナスなことがあったとしてもそれも薄いもので済み、

更にそこから先の展開が幾重にも重なった沢山の場面が用意されているのです。

治療においても術者の自我を丸出しにするということが如何に質の転換の弊害になることが

また深く理解することが出来ました。

そして治療も同じ人に全く同じ活法を使うことが変化が出にくい理由として、

治る場面の数を減らしてしまっていることをしていることがわかりました。

使う場所もまったく同じなのは「質濃い」ものとなり、

自分で治るべくの場面を狭めてしまっていることがわかりました。

前日の奥伝会で「前向き」な状態を作る活法の相伝でしたが、

この妙見会はそれを更に発展応用した、

横軸と縦軸を一条にまとめ、体も一部ではなく全部を一条にまとめた活法に昇華いたしました。

この一条にまとめたベクトルに体を調整していくと、私の硬かった腰椎も

ぐんにゃりと柔らかくなりました。

運気を上昇させることと、体の機能を上昇させることが物理解析で全く同じだということに

驚かされました。

この発展方向のベクトルをこれからどんどん意識して使っていきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家 このたびも奥秘伝の相伝を誠にありがとうございました。

前野功妙経会長 この度も貴重な映像の撮影ありがとうございました。

由利はるな初日司家秘書 この度もオンラインの会員の皆様への細かなご対応ありがとうございました。

千葉県 津田沼 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗

【整体セミナー活法2】

由田康二先生 東京都調布市

10月17日に開催されました妙見会の参加報告をいたします。

棒グラフの縦軸は「場と合う」タイミング

横軸は「時」の流れ

良くなる時は右肩あがりで、決して急には上がらない

上に上がるためには前に出なければならない

その合力が斜め上、右肩あがり、であり

その形象を使った治しの術理でした。

詳しくはDVDをご覧ください。

千葉先生御教授ありがとうございました。

東京都調布市 由田康二

【整体セミナー活法3】

山下建先生 神奈川県横浜市

妙見会参加報告です。

戦中、アジアに進出していた日本の領地は、自然が残っていて、ほかの国は砂漠化していた。
それは日本が知ってか知らずか大先輩の微生物にご挨拶する地鎮祭をしっかりやっていたとの事です。

そういう作法が伝わっている日本には、殺菌消毒して微生物をないがしろにするいまの閉塞した時代から再生する宝も残っていますね。
小難しい事やらずに直会が一番良い感じ(^^)

千変万化/
妙見活法が同じことはやらず千変万化の手、手段を備えているのは、価値観を薄めているから。
痛みがあったら、痛みを取ろうとせずに薄めていくだけ。

ひとつの手段にこだわらない。

同じことを重ねるとクドクなる、濃くなる。

「スゴいやろ」ではエラい濃くなってしまう。

マッサージでグリグリ押してたら濃くなってしまう。

お辞儀ができなかったS渕会員が心よりのお辞儀が一瞬のうちに出来てしまいました^ ^

このような動作の不具合がある際に、
巷の精神療法でやりそうなのが、

お辞儀ができないってことは、
「こころにワダカマリがあるからできないんだ、
心のうちにあるワダカマリを述べてみよ」とか
なんとか言いそうなもんです。

言われた方も、
「えっ、心当たりあるけど、そんな押し付ける言い方しなくても…」と反発パツンパツンしちゃいます。

妙見活法はそんな小賢しいルートは通りませんで、
薄めることで合っちゅう間にベリー柔らかくなっちゃいました^ – ^

千葉先生 ご参加の会員の皆様この度もありがとうございました。

神奈川県横浜市 山下建

【整体セミナー活法4】

10/17妙見会撮影記

10月17日(日) 月辰妙見会 妙見信仰と真武一条之活 撮影報告です。
10月16日(土) 正伝妙見活法奥伝会 真武一条之活  奥伝 特別相伝の、
更にバージョンアップとなる奥秘伝の教導になりました。

講義では、
「時の横軸」「場合の縦軸」から丁の逆転した状態の重要な話
場の質量の軽重の差異の話
「病院・葬儀」と「結婚式」の場の違いにより軽重の話
「場合」の言葉の使い方の話から学ぶ真武一条之活の重要な講義
場との相性が悪くなることで不具合が起こる話
「家相の科学」の書籍での自分の寝ているところの横に家具がある事の弊害の話
「袖引き幽霊」と「関東大震災の遺骨」の千葉先生の逸話
第二次世界大戦後の逸話 地鎮祭をした兵舎などの跡地とそうでない兵舎の跡地の緑化現象と砂漠化現象の話
「塩」「酒」「米」のお供物の作用の話
カビだらけの家の人は家族の不具合が多い話
「運の良い人」「運の悪い人」の場の違いの話
治療の原点は「薄めていく事」の重要な話
治療とは紙で例えると100枚あるものを残りの1枚にすることの重要な極意の話
「直会」みんなで楽しく得をする話
一条とはたくさんあるものを一つに集約する事の話
各々の話が真武一条之活の重要な講義となりました。

実技では、
昨日の奥伝会での作法の更に発展バージョンとなる実技の教導でした。

前向き上昇させる所作による作法
・座位で肩が回しずらい状態の改善
・座位で頭を前に倒すと痛みが出る状態の改善
・座位で腰をひねると痛みの出る状態の改善
・座位で前屈すると腰の痛みが出る状態の改善

さらに奥秘伝の教授
同じ所作を行わない、ちがう所作に変えていく事で更に薄めていく作法
・座位で側屈すると痛みが出る状態の改善
・仰向けで膝倒しがやりずらい状態の改善

場面治しの作法
一触れで複数系統を作る所作で行う作法の伝授
違う手段を複数作る絶妙な作法の教授

など教伝会、奥伝会の学びを更に上書きして、
作法の精度、真武一条之活の世界の道理をより深く学ぶ、
運の良い貴重な機会になりました!!

妙見法術の奥秘伝を目の当たりにした参加会員、
リモート参加会員の皆様には今回も驚愕・感嘆のセミナーとなりました!!
真武一条之活 場の転換による治しの一本道の講話・実技内容も余すところなく全て収録いたしました。
千葉先生からのスペシャル特別相伝の伝授!!お見逃しのないように(^^)/

以上が妙見会撮影記になります。

令和3年10月19日
正伝妙見活法協会 前野功妙経

【整体セミナー活法4】

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。