2/24千葉妙見活法研鑽会開催参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.3.4

2/24千葉妙見活法研鑽会開催参加報告

千葉県 栴檀芳之妙乗会員

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

 

千葉県妙見活法研鑽会代表幹事の栴檀芳之妙乗です。

 

2月24日に当院 月辰会活法整体院 にて、

 

第12回千葉県妙見活法研鑽会 を開催いたしましたので報告いたします。

 

今月は石塚会員ともう一人参加していただき3人での研鑽会となりました。

 

とうとう千葉県研鑽会に「あの男」が上陸いたしました。

 

前日の夜に参加の申し込みが・・・

 

私は先月の研鑽会の日程は単純に個人的なスケジュールの都合で決めたものだったのですが、

 

「あの男」はそうは思っていなかったようでした(詳細は「あの男」のレポートで・・)

 

2月教伝会「空鍼療法」の内容を中心に研鑽して参りました。

 

「トーラス」の形状・特性から3人で思いつくままに色々試していきました。

 

単純に手先のテクニックにならぬよう、術者と患者さんの「結び」を意識しながら、

 

動きに流れに繋がりを持つことを念頭に置きながらの所作で動いてみました。

 

いわゆる「指鍼・パス」を石塚会員とY田会員にしていただいたところ、

 

お二人の技で座位ではしっかり不動になり、仰臥位では床に沈み込むようなリラックス状態に入りました。

 

やはり技に入る前の下ごしらえの重要性を改めて痛感いたしました。

 

石塚会員の普段から髪を触れ慣れている非常に繊細なタッチを体感し、

 

Y田会員の悩める患者さんを早く楽にして差し上げたいという純粋な施術者の鏡のような志に触れ、

 

とても有意義な研鑽会となりました。

 

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書

 

このたびも開催の後押しをいただきまして誠にありがとうございました。

 

千葉県妙見活法研鑽会代表幹事

栴檀芳之妙乗

 

 

東京都 由田康二会員

前野功妙経会長

千葉吉胤妙星司家

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

いつもお世話になっております。

東京都調布市の由田康二です。

 

2月24日(木)に開催されました妙見活法千葉研鑽会、

参加報告をいたします!

 

前日23日(水)の夜に、S檀会員に参加希望の不意打ちメールをいたしました。

 

と言いますのも、勤め人である私は、昨年まで木曜日がお休みではなく、

 

千葉研鑽会の参加が難しかったのですが、

 

今年から木曜日が休診日になり、S檀会員に、

 

「今年は千葉研鑽会を襲撃しますね」

 

と声明文を送ったところ、

 

昨年まで木曜日に開催していた千葉研鑽会でしたが、

 

今年の初開催は2/2(水)でした。

 

「逃げたな…」

 

と思いました。

 

なので不意討ちです。

 

 

妙見活法千葉研鑽会は、月辰会活法整体院にて、開催されました!

 

千葉先生がデザインされたというオーラのある外観、

 

院内には、妙見大菩薩様の像に、縄文土器、

 

護符、相伝証、千葉先生のイラスト画の複製、などが掲額され、

 

キティちゃんのノートパソコンからは、教伝会DVDが再生され、ヤマS会員の叫び声が響き渡り、

 

リラックマとカメのぬいぐるみに、相伝会で用いられた各種不思議グッズなどなど、特別な治療の場の雰囲気がプンプンでした。

 

水槽には大きなランチュウに、オランダなんとか、という高そうな金魚が泳いでおり、(S檀会員は物販で「水素水」も取り扱っていますが、「水槽水」も日頃飲んでおられるとのこと)

 

立派な観葉植物や胡蝶蘭なども置いてありました。

 

聞くと、

金魚は小さい時に二匹で800円、観葉植物は100円ショップで購入したもの、とのことで、

 

5月頃に咲く胡蝶蘭が、狂い咲きの勘違い野郎状態で咲き誇っていました。

 

「美味しいお店を見つける能力と、

動植物を大きくする能力は高いんですね?」

 

と言うと、

 

「自分は大きくならないんですけどね」

 

と、期待通りの返答が返ってきました(o^―^o)

 

この時すでに、トーラスのハートのムスビが出来上がっていました。

 

やがて石Z会員が合流し、研鑽会がスタートいたしました!

 

トーラスの循環の世界を意識した「上昇しながらの下降」「内に向かいながら外」といった拮抗の触れの所作で、首の動作痛に対してアプローチしました。

 

痛みにフォーカスし過ぎると、可動域が広がっても痛みを見続けるという視点がずっと続くので、

 

治しのベクトルに整列できないので、視点を変えていただくことや、

 

痛み止め、睡眠導入剤、

精製塩やレンジで温めた食品などの、体に入れるものにより、

治りの道に影響が出ることがあることについても勉強になりました。

 

指鍼の触れによる不動、

 

指鍼リラクゼーション、

 

入出力をなくすトーラスの触れ、

 

一之活、光陰之活の復習など、

 

認識の欠けにより、所作が微細なレベルで似て非なるものになってしまう実例を、実感させていただきました。

 

相手の動きと同調させることを多く入れ、自分以外の手をお借りする所作と、流れを切らずに一連で行うこと、などを意識することで、キレが格段に良くなりました!

 

実際の患者様を想定した内容で研鑽会を進行して下さり、ありがとうございました!

 

今回も、石Z会員の触れの繊細さや物事の捉え方、言って下さる感想にセンスを感じました!ありがとうございました!

 

S檀会員、積み重ねてこられたものを分けていただき、ありがとうございました!

 

とても有意義な時間でした。

 

研鑽会を開催するにあたり、お力をいただいたすべての皆様に厚く御礼申し上げます!

 

 

以上で千葉研鑽会参加報告とさせていただきます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

東京都 石塚武会員

 

2/24 千葉研鑚会の感想になります。

よろしくお願いします。

 

 

今回は栴檀会員と2人かな〜と会場にお伺いしたところ、由田会員もいらっしゃるじゃないですか!

お陰様で、楽しく濃密な研鑚会となりました。

 

まず、患者さんが治療後、数日経つと元の症状が戻ってしまう改善策として、

栴檀会員に母趾球を使った3点での座り方を教えて頂きました。

 

それ以来、この座り方を意識して過ごしていますが、首、肩、肩甲骨付近がとても楽になりました。

 

次に栴檀会員のアイデアで、

トーラス構造の応用で拮抗させた作法を試しました。

確かにしっかりと緩みます。

応用が大切ですね。

 

座位、横並び、仰向けで寝た状態での空鍼をいろいろと試してみました。

 

寝た状態で行うととってもリラックス出来て、そのまま寝てしまいそうでした。

いろいろと応用出来そうです。

 

教伝会での腕を内転させる作法も、私はDVDでしか見ていなかったので、

こんなに簡単に緩んでしまうのか❗️とビックリしました。

 

 

今回の研鑚会では患者さんと同じ動きで一体になることの大切さが実感出来ました。

 

栴檀会員の「妙見様に後ろから押されて前に出る感じで、手を触れる」

というアドバイスが分かりやすく納得出来ました。

 

栴檀会員の素晴らしい探究心と由田会員の患者さんに向き合う真摯な姿勢がとても勉強になりました。

 

今回も素晴らしい研鑚会を開催して頂きありがとうございました。

 

 

 

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。