11/30 第21回岐阜妙見活法研鑽会 開催参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.12.16

11/30 第21回岐阜妙見活法研鑽会 開催参加報告

岐阜県 大脇妙元会員

正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。
岐阜研鑽会代表幹事 大脇妙元です。

11月30日岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院にて、

 

第21回岐阜妙見活法研鑽会を開催致しました。

愛知から阪野会員、冨田会員、松野会員、長野から須山会員にご参加頂き、

 

北輝 太一之活の復習を行いました。

基本をしっかり練習した上で、現場で柔軟に適応できるように様々な応用法などを研鑽していきました。

皆で繰り返し繰り返し練習する事で、認識と操作の不一致を確認し合い、

 

臨床のムラを無くす事に繋げる事ができました。

 

参加された皆様

この度は誠に有難うございました。

研鑽会の詳細な内容は参加会員のご報告をご参照ください。

次回は、1月に阪野会員の治療院にて愛知研鑽会を開催する予定です。

来月もまたよろしくお願い申し上げます。

千葉司家 前野会長
研鑽会の開催許可を頂き、
誠に有難うございました。

岐阜研鑽会代表幹事 大脇妙元

 

愛知県 阪野承玄会員

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家

正伝妙見活法協会会員の皆様
お世話話になっております。
愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野承玄です。

11/30 10:00~ 龍門整体療法院
にて「第21回岐阜妙見活法研鑽会」が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

まず初めに研鑽会を開催するにあたり
場を提供していただきました大脇代表幹事に
深くお礼申し上げます。

ありがとうございました。

今回は愛知・岐阜・長野から
5名の会員の皆様が集い学び合いました。

【復習】

教伝会でご教授いただきました
作法を中心に研鑽を行いました。

「北輝 太一之活」は
普遍唯一の整体秘法として
「最大公約数は最大の効果を生み出す」
ことをテーマとして掲げられています。

普遍性と多様性がある中で
「個」から「全」への循環システムが
太一には備わっています。

最大公約数として二指を作り
胡座をかいた座している状態から
全てを持ち上げて高めることで
質を転換する作法を練習しました。

相手を持ち上げる際に
重たく感じる時には
力を使って持ち上げようとすると
必ず重たくなりました。

相手の機能を連動させるためには
まずは施術者自身の動作が
連動している事が求められます。

相手との距離感であったり
施術者の脇が開いていたり
まとまりがない状態で
引き上げてやろうと考えると
うまくいきませんでした。

作法に則り普遍唯一の指を作り
縦軸と横軸の応力である
筋交いの角度で持ち上げると
楽に持ち上げる事ができました。

特別に公開していただいた
武伝会での鳥羽先生の肉離れの
動画のお陰でコツを確認する事が
できたお陰で切れ味が良くなった
と感じています。

また二指の交点に指を当てた
作法においても上方向のベクトルで
終える事で動作が軽くなるような
感覚を味わう事ができました。

また質の転換が半端なかった
「御幣の治療法」についても
復習しました。

実際に受けてみると
体が浮いた瞬間に
何かが抜けるような感覚がありました。

更に八の字に手を置いて
体が沈む際に心地良さが
ブワーッと広がっていくことを
味わう事ができました。

起き上がった際の体の軽さは
なんとも言えない感触でした。

最後の収め方が八の字であるのと
ないのでは違いがあることを
再確認できたことは収穫でした。

道理を認識している会員同士で
研鑽できると新たな発見があります。

今回も非常に有意義な時間を
皆様と過ごす事ができました。

これからも研鑽を積み重ね
修得を目指して精進してまいります。

【総括】

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。
研鑽会に来るとほんの数分で悩みが解決します。

実際に会員同士で学び合えるのは
とても貴重な時間です。

特に臨床でバンバンお借りしていますので
お互いにコツや意見を交わせることで
自分にはない視点が加わるので深い学びになります。

今回も臨床でどのように活用されてるのか
情報共有し合うことで新たな気付きがあり
非常に参考になりました。

これも術理を学んでいる会員同士で研鑽し合うからこそ
感じることができたのではないかと思います。

研鑽会では欠けている面を
補い合うことができる貴重な環境です。

同じことを学んだ者同士しか共有できない
とても有り難い環境です。

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。

間違っていた箇所があったとしても
それにいち早く気づくことができ
反省してUターンできる場が研鑽会です。

一人ではなく心強い会員同士で
同じベクトルで研鑽しあうことができます。

地道に、着実に進んでいくためにも
研鑽会は貴重な機会であると思います。

今回も学び多き時間を共に過ごさせていただき
皆様に感謝致します。

これからも研鑽を積み重ねていき
質を上げてまいります。

前野会長、千葉司家、

教伝会以外の場で研鑽する機会を与えてくださり
ありがとうございました。

大脇代表幹事、

研鑽できる場をお借りさせていただき
ありがとうございました。

またこの度はリード役を務めていただき
ありがとうございました。

奥様の作られた妙見コーヒー
超絶美味しかったです。

ご馳走様でした。

参加された会員の皆様、

一緒に練習してくだだり、
また色々教えてくださり
ありがとうございました。

お陰様で様々な意見が出て
とても勉強になりました。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院
阪野承玄

愛知県 松野吉伸会員

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長

いつもお世話になり、ありがとうございます。

愛知県碧南市 松野整体院の松野です。

第21回 岐阜妙見活法研鑽会が11月30日(水)に大脇会員の龍門整体法院で

行われ、「第78回教伝会 北輝太一之活」の復習会を行いました。

参加者は、大脇会員、阪野会員、冨田会員、須山会員、私の総勢 5名でした。

2週間前の妙見会前に一条の腹臥位胸部持上げ、太一の身体持上げを練習して

現場に望みましたが、相手によりバラツキが多かったので、再度「チェック」

を皆様にお願いしました。

胸部持上げに関しては、手の置き場所と自分では相手と自分の中心で持上げて

いるつもりでしたが、右側への中心軸ズレを指摘され修正後に改善できました。

身体持上げは、前方意識の足りなさを指摘され、修正後に改善しました。

これまで、身体の使い方とお作法の仕方(術技)を重視して取組んできましたが、

当日はいつになく他の会員のお作法を多く受け、そしてご指導を繰返していましたら

突然、学理と術技が統合されたような?理業一致したお作法と感じることがあり

驚きました。

改めて、学理の概念が活かされているのだと気づきました。

とても不思議な感覚で、会員の皆様に無理をいい勝手な練習に付き合って頂いた

ことで、とても有意義で貴重な時間となりました。

そして、お土産に大脇家オリジナルブレンドコーヒーの進化版、 ブランド名

「妙見コーヒー」をいただきました。

帰宅後、パックに密封されていましたので開封すると、豆の香りが立ちこめ、

細かくミルされたコーヒーは、風味が素晴らしくとても美味しかったです。

奥様、いつも暖かいおもてなしをしていただき、ありがとうございます。

今回も皆さまのお陰でたいへん良い学びを共有することができました。

ありがとうございました。

次回も、宜しくお願い致します。

愛知県碧南市 松野整体院 松野吉伸

愛知県 冨田瑞玄会員

岐阜研鑽会

正伝妙見活法協会の皆様
お世話になっております。

愛知県豊橋市
豊橋薬師活法整体院
冨田瑞玄です。

岐阜研鑽会に参加させて頂きました。
参加報告です。

大脇会員の治療院で開催されました。場の提供ありがとうございました。
大脇会員の奥さんの自家焙煎の「みょうけんこーひー」
手土産にも頂きました。
澄んだ味で美味しいです。
ありがとうございました。

北輝太一之活を中心に研鑽しました。

■納めの大事

術後の相手の手の納めの認識が甘い事がありました。
これだと切れが良くならないと感じました。

また
言葉の納めが大事と皆との話し合いで共有できました。

「おしまい」
「時間経過で良くなる」
「家族が喜びますね」
「良かったですね」

切れの良い言葉の納め。
効果が戻る前提の患者さんの質問に対する返し。
言い切る。
話をずらす。

それぞれ患者さんに沿った、
不安を抱かせない言葉が大事であることを認識できました。


改めて術者の小手先にならない体の使い方
距離感 触れ方を皆と研鑽しあう中で再認識いたしました。

参加会員の皆様
誠にありがとうございました。

愛知県豊橋市
冨田瑞玄

 

 

長野県 須山勇会員

 

お世話になります。

長野県松本市 自然治癒力活性院癒社 いやしろ の須山です。

11月岐阜研鑽会に出席させて頂きました。

松野会員、阪野会員、冨田会員、大脇会員との5人で研鑽しました。北輝太一之活、と臨床においての使い方を練習しました。

千葉先生の鳥羽先生肉離れの治療→武天会の所作を重たい阪野会員で練習させて頂きました。コツを掴めた感じがあります

臨床ではお借りすると、皆さん一様に、気持ち良いという声がきこえます。

リフトすると、ポキっとかコキッとか、どっかで音がすることがありますが、これが気持ち良いようです。

交点からのリフトアップで自然て治まりがとても良いように思います。

力であげるより一連の流れの中であがるとスムーズに質が転換するように感じました。

臨床での触れや使い方などの話のなかで、やはり、触れている部分の感覚や、こちらの意識と距離感、思考のベクトル等、

様々な条件でキレや効果に差があることが伺えましたが、一定した技術を再現できるよう、精進したいところです!

千葉先生、研鑽会の許可をいただきありがとう御座いました。

研鑽してくださった会員の皆様ありがとう御座います。

研鑽会の場を設けてくださった大脇会員、いつもありがとう御座います。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

須山

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。