12/20妙見会 妙見信仰と玄義光陰之活 合気共鳴整体 「横断幕チョッキン療法」 活法整体セミナー参加報告 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.12.23

12/20妙見会 妙見信仰と玄義光陰之活 合気共鳴整体 「横断幕チョッキン療法」 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

 

【整体セミナー活法1】

【整体セミナー活法2】

坂下武幸先生 東京都世田谷区

玄義光陰之活妙見会&武伝会参加報告になります。

横の世界を使うと動けなくなる!

ということを示して頂くことからスタートしました。

大東流柔術では、捌きの技は横を使うことが思い出されました。

これを利用し、「プロセス」の転換をしていまう、「横断幕チョッキン療法」の実技に入りました。

「プロセスの転換」、つまり局面が切り替わる、、こんな説明他では聞くことがないでしょう。

コマ送りのように、プロセスが変わっていくだけ、

これは利用者への説明もガラッと変わりそうです。

「横断幕チョッキン」の汎用性の高さはまた驚くべきもので、

1人1人会員が受けている時に出力された熱エネルギーを感じるくらい強力な活でした。

強力な拮抗を利用したものです。

過去最大に瞬間的質的変換が起こることは間違いなしで、次の臨床に向けてワクワクがあります。

強力な拮抗が生む強力な解放、、最新の術理「共鳴」により今までの教えが上書きされ、

参加者全員の局面もガラッと変わったわけでした。

これは、dvdを観るだけで局面が変わってしまう、

という怪しい告知になりますが、

本当に観るだけで局面が変わることになります。

全人類必見!

武伝会では強力な固め技ばかりを相伝頂きました。

これは臨床でそのまま強力な金縛に誘導として使えるものばかりでした。

最近の武伝会は激アツですが、

術理がめちゃ本質的なものばかりで実践的なものばかりになっているためと感じます。

虚実の巧みなものばかりで、忘れぬよう反復しようと思います。

忘年会では「バレンチノ療法」が横の世界でどう上書きされるかを教えて頂く、

という吉胤サンタさんからのサービスプレゼントまでありました。

1000年以上の桓武、北斗の系譜を背負ったサンタさんを「超えた」

という発想ができた方が過去にいたのが驚きですが、

妙見の作法を忘れず北斗に連なることを基準に臨床に当たっていきたいと思います。

世間は異常な1年でしたが、正伝妙見活法協会はより濃厚に、

核心へ引き込まれていく流れだったと思います。

千葉司家初め、相伝に関わり尽力した方々、

今年1年も他では聞けない、体験できない星物語を有難う御座いました。

来年もより多くの方々に妙見の教えと共鳴を起こせるよう、

自分の役割を全うしていきたいと思います。

東京都世田谷区 坂下武幸

【整体セミナー活法3】

阪野祐介先生 愛知県大府市

12/20に開催されました妙見会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は妙見会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

今回も妙見の教えから本質を学びました。

妙見会に参加させていただいた際に感じることは、

広い視点から包括的に妙見の教えを
妙見問答を交えて深い部分まで認識できる
ということです。

能動的に疑問点を質問したり発言したり
とても雰囲気の良い環境で
妙見医道を学ぶことができる魅力があります。

今回の内容は「共鳴と横とはざま」について
深い部分までご教授いただきました。

今回ラストの相伝は
千葉司家からのクリスマスプレゼントとして
最高にヤバイ内容となっておりました。

参加されていない方は
【 確実に 】
手に入れられることをお勧めします。

なぜここまで熱く語るかというと
驚くほどの質の転換がありました。

後ほど臨床報告で記載しますが
簡単にお伝えしますと、

靭帯を損傷して動かなかった足首が動いたり
寝違いでほとんど動かなかった首が動いたり
上がらなかった肩が上がったり
立ち座り寝返りができなかったのができるようになったり
足をつくと膝が痛かったのが痛くなくなったり
足の指が開かなかったのが開いたり
仰向けで寝ると背中が痛かったのが寝れるようになったり
喘息で呼吸が辛い、首・背中が痛いのが解消されたり
朝起きると常に首が痛かったのが痛く亡くなったり

他にも沢山ありますが
ほとんど3手ほどで全て質が転換しました。

妙見会で公開された「横断幕療法」

妙見活法は「共鳴」がポイントであることが
よくよくわかる内容でした。

前日の奥伝会の内容と合わせると
そういうことなのか!
と更に深く理解できるのではないかと思います。

というわけで個人的には
出血大サービスのクリスマスプレゼントを
いただいたと感じておりますので
この場をお借りしてお礼をお伝えさせていただきます。

千葉司家、

この度も素晴らしい相伝をご教授いただき
本当にありがとうございます!

では内容に移ります。

最初は「共鳴」について
解説をいただきました。

日本では古来から神道が普及しており
八百万の神々が存在します。

大勢の神々がいる中でも
共鳴しやすい神様がいます。

世界を見渡すと
アングロサクソンではキリスト教が
アジアでは仏教が普及しました。

と考えますと人種によって
共鳴しやすい神が異なるとも考えられます。

現代では技術の発達が加速しており
猛烈なスピードで新らたな技術革新が起こっています。

これまでも、これから先も
文明は発達し続けていきます。

なので一昔前の文明では
考えられないような文明になっています。

江戸時代の人が現在の日本を見たら
腰を抜かすと思います。

縄文時代の人が江戸時代の日本を見たら
おったまげると思います。

常に進化し続けているのですね。

覚えておくべきは
「常にプロセス」

100年後の人が今の日本を見ても
大したことないなーと思うのは
容易に想像できます。

大事なことは今と過去や未来の間
つまり横の世界です。

プロセスとプロセスの間=横で治る…

変化が富んでいるところは横の世界であり
共鳴しやすい箇所は横であることが示されています。

わかりやすいのがテープカットの断面の解説でした。

年末と年始にも間が存在し
ここから新しい幕開けだということは
間が存在する必要があります。

間の作法が「横断幕療法」

妙見活法が共鳴を重要視しているのが
よくわかる内容でした。

色々なバージョンがありますので
とても参考になるかと思います。

参加された会員が進んで
このような症状はどうなるんだろうかと
率先して前に出ていた姿は印象的でした。

お陰様で様々な形で応用することができました。

千葉司家の会員に受け取ってほしい
という気持ちがビンビン伝わってきました。

「横着療法」から発展した「横断幕療法」

ガンガンお借りして
地元の患者さんに還元してまいります。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院 
阪野祐介

【整体セミナー活法4】

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。