2/2開催 第45回教伝会 妙見エネルギー療法の真実 ~第二章~ 参加報告その2 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.2.11

2/2開催 第45回教伝会 妙見エネルギー療法の真実 ~第二章~ 参加報告その2

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧ください。

お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます。

【整体セミナー活法1】

冨田恵司先生 愛知県豊橋市

2月2日に開催された教伝会に参加させていただきましたので報告させていただきます。

エネルギーはすべてが動き出す力。
そして「拮抗」はエネルギーを産むのにとても重要な要素でした。

物理的にも精神的にも日常で多く有るということでしたが、確かにそういう視点で捉えると自分も周りも日々拮抗をしていることに気づきます。

お互いが張り合うのを拮抗と捉えますが、

地球には重力がありますので「立つ」ことは
重力に逆らっているので拮抗力が生まれています。

拮抗→点火→初動でした。

点火は火です。
火はエネルギーの源でした。
そして初動は最もエネルギーを消費します。

精神的に当てはめれば
火=怒りになります。

そして 怒り=起こりになります。
起承転結の最初です。

横から縦を術者が上手にサポートすると
新しく甦ったかのようにすっきりします。

エネルギー療法第2章に入る前に
復習として、わかっていても起きる目の錯覚がありました。

エネルギー療法第2章は
更に奥へ進み 錯覚とは一線を引いた物理現象でした。

電気や風といった感覚から来るものでした。
体は水 電気 熱 磁気 風 音を含んでいます。
電気や磁気や音は波形です。
ですので波同士を増幅させたり相殺させたり
また周りに影響を及ぼしたり
周りの環境に合わせたり
といったことが可能になります。

そこで心臓でした。

心臓は生命活動において重要な臓器で
収縮と拡張を繰り返して血液を循環させるポンプの役目を持っています。
また心臓は感情と密接な繋がりがあると言われています。

脳と比べ心臓がかなり大きい振り幅や強い磁場を出していることに驚きでした。
拍動のリズムの波もあります。

相手あっての治療です。
どのように心臓を活用していくのか今後がとても楽しみです。

今回のキーワードは
拮抗
横振り


ベクトル
と思いました。

上書きによる上書きで密度が濃くなってきています。

教伝会での相伝 誠にありがとうございました。

愛知県豊橋市 豊橋薬師活法整体院 冨田恵司

 

【整体セミナー活法2】

橋本泰造先生 京都府京都市

2月2日 教伝会に参加させていただきました。
感想を述べさせていただきます。

妙見エネルギー療法の真実 第二章

「拮抗」の重要

行動に移さないのはエネルギーがないから

拮抗力がない

怒りがないと行動に移せない 以前の教導から

当院で、うつや自律神経・不登校の子供さんを施術する際

腹を立て 頭に来さす 活法をよく お借りさせていただきます。

うつで気力が、ない人は 寝てばかり

つまり 横着になっている それを腹をたてる活で

疑似的に怒りを作り やる気をだします。

以前の北斗起承もよくお借りしてまして 骨盤まで整うので

ありがたくお借りしておりました。

アップデートバージョンを千葉先生から

体験させていただきました。教伝会の2日前に腰が重く

辛かったのですか 瞬間に軽くなりました。

技の前に拮抗させる 怒りを作るのも大切なのは学びでした。

ひきこもり うつの人は、欲求不満がない

そのとうり 話すのも面倒(子供でも反応がない子います。)

寝てるのが・床につく事がお気に入りになってる状態です。

怒りの点火力でスイッチを作ってあげなければなりません。

リラックスさせる施術は誰でもできると思います。

怒りを作り 患者さんに火をつけ 行動力・能動性を起こせる
治療家にならないといけません。

千葉先生が依然言われていた。

優しい子に育てたければ うんと厳しくも育てなければいけない。

こちらも あれば こちらもあるんだと 柔軟な思考

これが妙見の教えと言われました。

メンタル面の不調の方は、

「〇〇でなければならない」のねばならない思考
あるかないかの 白黒思考や二極思考です。

他の角度や違う面から物事をとらえず 頑固です。

そしてひどく落ち込み 身動きが取れず 心身を悪くします。

心身の不調の子供さんを連れてこられる
親御さんもその思考の方が多いです。

たたく さするで 重さがかわる 体が変わるのも
改めて学ばせていただきました。

星伝会で教導していただいた

子供さんに〇〇〇掃除 〇〇掃除も
親御さん ご本人にも実行してもらっています。

手の甲・心臓は、患者さんにも体験してもらってます。
ほとんどの人が感じてくれます。

先日 夫婦で来られた
奥さんが産後うつの人は、手からの感覚は、わかりませんでした。

付き添いの奥さんを助けたい旦那さんは、
ものすごく理解してくれました。

旦那さんには試しただけですが
翌日 施術の予約をとってくれました。

奥さんは、先ほどの説明 こだわりが強く
ねばならない思考のようで
長期の不眠・聴覚過敏
子供の泣き声にも敏感 子育てにもかなり不安
ご主人が協力して奥さんを元気にしたいのが救いです。

しかし奥さんは、体が楽になったのを実感していただきました。

心臓と心臓とつなげるとは驚きでした。

眠る前にセルフでやると疲れが取れる。

これも患者さんにシェアさせていただいています。

久しぶりに参加させていただきましたが、皆さん
声をかけていただき 僕の体の心配もしていただき嬉しかったです。

いよいよ 無触れの学びにもなっていますね

まだまだ 序の口と千葉先生は言われますが、
毎回 新しいワードが出るのが妙見活法の奥深さです。

先人の方の実践での経験から研ぎ澄まされた学びを
教えていただき 治療にも生き方にも役立たせていただいています。
千葉先生ありがとうございました。

ハッピーさん 前野会長 ご準備 進行
また お声かけていただきありがとうございました。

スタッフの皆さん 会場準備・後かたずけ
会員の為に 時間を割いていただき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

京都市 二条はしもと整骨院 橋本泰造

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。