2/29 奥伝会 妙見エネルギー療法の真実 第二章 奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告 – 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2020.3.4

2/29 奥伝会 妙見エネルギー療法の真実 第二章 奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。

お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます。

 

【整体セミナー活法1】

嶺 努 先生 北海道札幌市

お世話になっております。

北海道札幌の嶺努です。

2月29日「妙見エネルギー療法の真実~第2章~」奥伝会其弐に参加しての報告をいたします。

エネルギーについて更に詳しく教えて頂きました。有難うございます。

人の体は、入力しすぎて出力できないと硬結してコリになります。

それは外にエネルギーが出せてないことです。

しかし硬結しているはずの人が、硬結・コリがない場合はエネルギーが「循環」しているからでした。

パソコンの場合も電源ONにして通常ショートしないのは、ファンで熱を冷まして「循環」しているからです。

エネルギーロスは熱エネルギーになります。

テレビの場合は、音を出すこと(音エネルギー)で熱が冷めていたのには驚きました。

ラジオの場合は、ノイズがロスエネルギーでした。

感じてから「動いたら」それはエネルギーで、「相性」というエネルギーにもいえました。

エネルギーをとらえる視点が磨かれたと感じます。

妙見活法には何にでも通じる「普遍性」があることがよくわかりました。

後半は特別に、さらにエネルギーを「循環」させる作法を詳細に教えて頂き、有難うございました。

学んだことを日々研鑽してまいります。

お陰様です。

札幌 嶺努

【整体セミナー活法2】

松野吉伸先生 愛知県碧南市

いつもお世話になり、ありがとうございます。

愛知県まつの接骨院の松野です。

2020年2月日29日「妙見エネルギー療法第二章 最終章」の奥伝会に

参加させていただきましたのでご報告します。

エネルギー療法の原理、原則をご教示頂きました。

巷のエネルギー療法と全く別物の法力エネルギー療法の概念を物理学

を用いて分かり易くご説明いただきました。

エネルギーとは、全てが「動き出す力」であり、動き出す源は身体も

機械も同じ電気信号で制御されます。

そしてエネルギーに関して必要なものは「入力」と「出力」でした。

質量、落下エネルギー、勾配(抵抗)、拮抗、熱エネルギー(ロス)、

破壊、振動エネルギーを、例え話と共に順序良く説明して頂き、

とても理解しやすかったです。

如何にロスを防ぎ、源に戻し入力エネルギー補充から出力エネルギー

補強までの過程とメカニズムを学べました。

又、あるもの(石・人・芸術・本・など)から感銘を受けることで、

はじめてエネルギーが入力可能となり影響を受けることを知りました。

「力学的エネルギーの保存の法則」=その総和は常に一定である、

このことより、質量は落下エネルギーにより減りますが、エネルギー

の総和は同じなので、人に例えれば経験値に変換されたことになり、

積重ねる事の大切さを物理学で教わりました。

今回も、脳力麻痺を起こすほどの深い講義をしていただき、本当に

ありがとうございました。

各会員の皆様、お世話になりありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

愛知県碧南市 松野 吉伸

【整体セミナー活法3】

阪野祐介先生 愛知県大府市

いつもお世話になります。
愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野です。

2/29に開催されました奥伝会
「妙見エネルギー療法の真実 第二章 奥伝 其弐」
が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は奥伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

いつも感じることなのですが
教伝会でご教授いただきました内容に
まだこんなに奥があったのかと驚愕しました。

今回の奥伝会の内容は
「エネルギー療法の極意」
について丁寧に解説いただきました。

【感想】

今回はエネルギー療法について
わかりやすく詳細にご教授いただきました。

曖昧だったことが
「そういうことだったのか!」
と納得できるよう解説していただいました。

人間の体は機能の集合体です。

妙見活法は普遍性の原理なので
人体だけでなく自然界や機械においても
当てはめることが可能です。

心臓と発電機、バッテリーが
同じような働きをしているとは
驚きました。

エネルギーとは動き出すこと。

治療家であれば手技療法にて
患者さんに動き出す力を授けること。

動き出す仕組みがどのようになっているのか
入力と出力を例に取り上げていただいたので
とてもわかりやすかったです。

神棚と仏壇の高さの違いも
ちゃんと物理的な意味合いもあったのですね。

昔の人々はよくそこまで
考えついたものだと感心しました。

山伏の意味、第二章の意味も
連なりがあったのですね。

教伝会でご教授いただいた心臓を扱う作法が
最終的にはここまで昇華するのかと
奥伝回のクライマックスでは驚愕しました。

循環がうまくいかない場合は
「悲しい気分になりました」
という結果が生じるものなのか
と新たな認識が生まれました笑

神明山伏之法術、恐るべしです。

桓武月辰流の新たな意味合いも
認識することができました。

妙見活法がなぜ天地を大事にしているのか…
いやほんと、奥深いです。

しっかり認識・理解し
地元の患者さんに還元してまいります。

前野会長、千葉司家、由利司家秘書、
会員の皆様、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院 
阪野祐介

【整体セミナー活法4】

山下建先生 神奈川県横浜市

奥伝会/エネルギー療法の真実

本日は、
千葉司家からスペシャルなお話をしていただけました!

特に極意の大公開!!!が後半にありました。

動きだす力。
患者さんが動きだす力。

循環が肝。。
点滅のシンボル。

〈礼一〉姿勢は、
固まっちゃう\(//∇//)\
DVDをご参照くださいませ。

人間と機器の仕組み、原理は一緒。
心臓はバッテリー。
発電の大元は、どこから来てるのか?

天地からの人・仁(心臓)
電化製品は電池。

動き出す力。

妙見活法は、ズバリ◯◯治療法!!

本日も濃ゆいご教示をありがとうございました!!

横浜/かきの氣整体院、山下建

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。