2/5 奥伝会 真武一之活 ~一元化整体療法への誘い~奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.2.7

2/5 奥伝会 真武一之活 ~一元化整体療法への誘い~奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

阪野祐介先生 愛知県大府市

2/5に開催されました奥伝会
「真武 一之活 奥伝 其弐」
が開催されました。

奥伝会に参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は奥伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

いつも感じることなのですが
教伝会でご教授いただきました内容に
まだこんなに奥があったのかと驚愕しました。

今回の奥伝会の内容は
「生命の根源と植物と根の作法」
について丁寧に解説いただきました。

【感想】

今回も目から鱗の内容のオンパレードでした。

「真武 一之活」の奥に
こんな世界がまだあったのか…

と思わず唸ってしまう内容でした。

学理講座の内容にも触れられていますので
「真武 一之活」をマスターしたい会員には必見です。

生命の根源である「命」

どうやって命が育まれるのかは
環境に合っているかどうかでした。

「生きにくい」とは「息にくい」
つまり息がし辛いことに繋がります。

環境に合っていない場所に
無理矢理行き続けるのは
酷なことですね。

ただ現代社会においては
周りの影響で上記のことが
平然と行われている様に感じました。

「命は自分のためにあるのではない」

今回の重要なキーワードになっています。
深い内容は学理講座で確認してください。

わかっている様でわかっていなかった
身近で大切なことが理解できるかと思います。

うまくいかない時は物事を複雑に考える傾向があります。

複雑とは雑なことが複数回あること。

視点を変えますと
「一元化=単純」の反対が「複雑」です。

命は誰のためにあるのか…

そのシンプルな答えが導かれた時に
一元化の作用もグンと上がる様に感じました。

妙見活法の奥深いところは
道理が言葉だけでなく作法まで連なっていること。

ここまで言行一致している手技療法があるのでしょうか。

いや、どこを探しても見当たらないと思います。

モラルや道徳のことを言っているのではなく
三次元の現実世界の法則であり
物理現象として表すことさえ可能です。

誰でもできる様になると言うことが
少しずつわかる様になってきた様に思います。

妙見活法がなぜ一瞬や瞬間を
大事にしているのかと言うことも
詳細に解説をいただきました。

ここに注視していたのかと言うことが
よくよく認識できました。

始まりとまとまり、すぐれとわたりが
どの様に妙連していくのかも
認識を深めることができました。

大脇会員の肘の痛みも
瞬時に無くなってしまいました。

腰痛で腰をそると痛かったのが
根の作法によって体が浮いている
感覚に転換されてしまいました。

本日の教伝会で公開される
「空鍼整体療法」の内容に繋がる
二律背反を無くす作法は
感動を覚えました。

教伝会の内容もチョー楽しみです。

始まったものには必ず方向性が出ます。

機能に合わせているのが方位です。

今年の方位をしっかり定めて
皆様と一緒に楽しい一年にしていきたいですね。

今回は深掘りされた内容がてんこ盛りでした。

沢山お借りさせていただき
地元の方々に還元してまいります。

前野会長、千葉司家、由利司家秘書、
会員の皆様、

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院
阪野祐介

【整体セミナー活法2】

山下建妙恭 先生 神奈川県横浜市

奥伝会〈真武一之活〉の参加報告です。

生きやすい
息(が)しやすい

息がしにくかったらば、環境変えるしかない。

「学校が嫌だったら変わってもイイ♬」

自分が義務教育に通っていた頃は学校に通うのは鉄板。かつ体罰も日常的に当たり前だったりもしたので、ある種、衝撃的なお話でした(小学生の頃は、担任に広辞苑を垂直落下され、広辞苑の重量感とは知識の量でなく、痛み度合いとして身体に記憶されています)^o^()

環境変えるのもあり。

そういえば自分の記憶を辿ると、幼稚園に入園し数日、「いや~ココ居心地わるいわー」って感じていたこともあり、不満顔の幼稚園児の私に腰を屈めた園長に対し、ライダーキックをかまし逃亡した過去あります(*´∇`*)

いまやそんなこともあったなぁという想い出としてうっすらある程度ですが、
小さい頃から環境を変える気概はあったようで、
舞い戻った幼稚園では、やはりつまらなかったようですが~組という枠を越え、強い喧嘩相手を探し、通園する材料を探していたようです。これも渡りの一種でしょうか(^∇^)

「人間は考える葦である」

立つ×寝る

寝るときは良いけど立ったときに不具合出たり、
立つときは良いけど寝るときに不具合でるなどの二律背反。
人間であれば、どちらか一方で済む生物はいないし、どちらの活動も非常に大切。

活法を受けてみたらば、寝てるのに立った状態になっている。。

不思議な初めての感覚でしたが、やる気に満ちました♬

教伝会も楽しみにしております!!

神奈川県横浜市 山下建妙恭

【整体セミナー活法3】

栴檀芳之妙乗先生 千葉県習志野市

5日奥伝会の報告をいたします。

「命は他の為にある」

これはこの真武一之活で学んだことです。

木は花を咲かせたり実を付けたりしますが、

花は花粉を採取しにくる虫の為に造形をアピールしたり、

木の実はそれを食べる生き物が生命を繋いでいきます。

魚も卵は尋常じゃないくらいの数を生みますが、

それは他の魚に食べられる個体も見越して大量の卵を産みます。

自然界は遺伝子レベルでそうやって他の為に生命を育んでいるのです。

食物連鎖は遺伝子に刷り込まれた「他の為」が根底にある関係性なのだと思いました。

そしてこの奥伝会で私の血統の意義が良く分かりました。

苗字から植物の神様がついていらっしゃるというお話でした。

確かに治療院内の植木は枯れずに毎年花を咲かせてくれますし、

5年前に100円ショップで購入した当時小さかった観葉植物も巨大化しております。

その中で空間に合うオブジェとして縄文の「火焔式土器」を空間に添えることを

千葉司家よりアドバイスいただきました。

わざわざ奥伝会のお時間を割いていただきましたアドバイスを直ぐ取り入れ、

早速ネットで探し購入いたしました。

これでますます空間の緑に良い環境になると思います。

活法では「一瞬治療」の一瞬について掘り下げていただきました。

治療における患者さんの「感動」「喜び」というのは長時間持続しているものではなく、

一瞬の感情です。

その一瞬の整列するための「一瞬の作法」の相伝でした。

立体的な見方による一瞬は一般的に思う「より0秒に近づく時間」ではなく、

「一瞬で成立させる行動」であるということでした。

これが理解できることで感情に「我」が入ってしまってもそれを消滅させることが出来る作法でした。

「真武一之活」の最後の奥伝会もまた今後の認識の大きな転換となる貴重な相伝となりました。

千葉吉胤妙星司家 このたびも奥秘伝のご教示誠にありがとうございました。

千葉県津田沼 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗

【整体セミナー活法4】

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。