3/5 奥伝会 空鍼整体療法の世界~不具合の原因 二律背反を消滅させる~奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.3.6

3/5 奥伝会 空鍼整体療法の世界~不具合の原因 二律背反を消滅させる~奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミねー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

阪野祐介 先生 愛知県大府市

3/5に開催されました奥伝会
「空鍼整体療法 奥伝 其弐」
が開催されました。

奥伝会に参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は奥伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

いつも感じることなのですが
教伝会でご教授いただきました内容に
まだこんなに奥があったのかと驚愕しました。

今回の奥伝会の内容は
「トーラスと温度」
について丁寧に解説いただきました。

【感想】

今回は間口が広く且つ奥深い内容を
詳細に公開いただきました。

空鍼~空振~空伸~ …

ひとえに空鍼と言えど
実に多くの要素が凝縮されている事が
よくよく認識できました。

まさか空鍼のトーラスの世界から
温度の世界に繋がっていた事は衝撃的でした。

これも本日公開される
第70回教伝会「三合整体療法の世界」
に繋がる序章である事がわかりました。

液体は温度によって
様々な状態に変化します。

固体ー液体ー気体
過去(後退)ー現在ー未来(期待)

に繋がる内容でした。

温度を高めるのか鎮めるのかで
膨張(開放)するか収縮するか
に変化します。

機能を高めるには縮ませ
機能を下げる=リラックスするには広げる…

説明を受けますと単純に思えるかもしれませんが
実に深いひと触れに昇華していました。

恐縮であると感じながら
奥伝会前にリクエストさせていただきました
股関節の痛みを改善する作法について
あまりの一瞬で質が転換したので
目が点になってしまいました。

ひと触れ、されどひと触れ…

認識次第で思い通りになる真意を
垣間見させていただきました。

妙見活法の山場の一つであるのが
「空鍼整体療法」の道理・術理です。

学理講座で記載されている内容を
しっかり読み込む事で更に切れ味が
研ぎ澄まされていくように感じました。

どのような認識を持って作法をお借りするのか…

シンプルですが非常に重要であると思います。

空間を伸ばす作法が
てんこ盛りに収録されています。

首、肩、腰、股関節、アキレス腱など
痛みであろうと可動域制限であろうと
何でも対応可能です。

ぶっ飛んだ内容が続いていますので
しっかり学び修得して還元してまいります。

本日の教伝会もめっちゃ楽しみです!

前野会長、千葉司家、由利司家秘書、
会員の皆様、

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院
阪野祐介

【整体セミナー活法2】

栴檀芳之妙乗 先生 千葉県習志野市

5日奥伝会の報告をいたします。

人間の寿命と車のバッテリー、どいちらも長持ちさせるには「温度」が深く関わっておりました。

また一般的に物質は、冷えれば凝固し温まれば液体化や柔らかくなります。

体積も冷えれば収縮し温まれば膨張します。

このような物理現象の法則を「空鍼療法」に上書きすることで更に効果の高い「空鍼」となりました。

股関節の荷重痛なども二点の触れと温度を意識した方向により瞬間的に消滅していくのを体感し、

千葉司家の治療中の所作も実は温度コントロールをしていたことも種明かしをされて分かりました。

体の緊張を緩めるのか機能をあげていくのか・・

術者の認識により「空伸」「空振」で使い分けができるというのも言語に言霊になぞられた

「空鍼療法」の奥深さを知ることが出来ました。

教伝会でいわれた「トーラス」というものがこの奥伝会で意外な方向性に集約されたのが

驚きでした。

千葉吉胤妙星司家 この度も大変貴重な内容の相伝誠にありがとうございました。

前野功妙経会長 貴重な内容の撮影ありがとうございました。

由利はるな司家秘書 参加会員からリモート会員の皆様まで細かなご配慮をいただきありがとうございました。

千葉県津田沼 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗

【整体セミナー活法3】

坂下武幸先生 東京都渋谷区

会員のみなさんお世話になってます。
東京都渋谷区office法玄坂下です。

空鍼整体奥伝会参加報告になります。

普段臨床ではトランスミッションや熱力学で説明することが多いのですが、熱力学的な世界観をかなり立体的にする奥伝会になりました。

トーラスは熱力学に還元でき、収縮と膨張が基準になる。

これは今までの術理が更に深化、立体化されました。

男女関係でも近過ぎると冷める、物も手に入るとどうでもよくなる。

距離が三元を満たすバロメーターになる。

全て熱力学的に説明出来るくらいの根理だと思います。

三つ巴で錯覚が入るとセンサーは反応できません。

三つは認識して操作しなければ片手落ちになってしまうことがわかりました。

空鍼の世界は全てが生じる点、ゼロ故に応用無限な世界でした。

三合の世界は熱力学の世界から開かれることになるようです。

加速度的に濃厚になっていく相伝、目が離せません!

千葉司家、由利司家秘書、前野会長、会長諸氏、濃密な相伝の機会を頂き有難う御座いました。

【整体セミナー活法4】

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。