3/6 第70回教伝会 三合整体療法の世界 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2022.3.10

3/6 第70回教伝会 三合整体療法の世界  活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

整体セミナー

【整体セミナー活法1】

坂下武幸法玄 先生 東京都渋谷区

東京都渋谷区office法玄坂下です。

三合整体療法教伝会参加報告になります。

会場外で3を成立し、トライアングルに巻き込まれたな、、と思いながら相伝に参加するとなんと三角がテーマでした。

千葉先生から受ける拮抗は真空に入る体感がいつもありましたが、

なるほど3の世界が入ると受け手はゼロ点に入り込んだ感覚になります。

妙見様を参拝する際の所作にもこれは入っていて、自然を踏まえた所作は全てに含まれていることを再確認できました。

拮抗が更に立体的な拮抗になり、Vサインも更に立体的なVサインになりました。

立体的であること。3次元世界には3が1番フィットする。

3が基本になる所以ですね。

圧巻は最後に相伝頂いたリラクゼーションでした!

中身が入れ替わったかのようにスッキリします。

相伝後、下肢の痺れがある40代男性、ヘルニア、狭窄症と診断され背中が曲がった70代女性、

10年間疲労が抜けず特に頭が重いという女性

それぞれ仕上げに取り入れたところ、痺れはスパッと抜け、背中は真っ直ぐになり、

10年ぶりに身体が軽くなったため戸惑い混乱する程効きました!頭の内圧もスッキリ抜け、頭がサイズダウンしていました。

個人的には過去3本の指に入る究極リラクゼーションでした。

空鍼に続き、三元も盛り沢山の濃い相伝になりそうですね。

素晴らしい相伝の機会を頂き、

千葉司家、由利司家秘書、前野会長、会員諸氏

有難う御座いました。

正伝妙見活法協会

【整体セミナー活法2】

栴檀芳之妙乗 先生 千葉県習志野市

第70回正伝妙見活法協会 教伝会『三合整体療法』
テーマ  「三位一体が立体調和を誘う」
が6日に千葉吉胤妙星司家教導のもと
千葉県船橋市「高根木戸駅」ライツホールにて開催されました参加報告いたします。
三位一体とは、キリスト教であれば、父(神)と子(キリスト)と聖霊は、一つの神が三つの姿となって現れたものであるという考え方で、
転じて、
三つのものが、一つのものの三つの側面であること。
三つの別々のものが緊密に結びつくこと。
三者が心を合わせて一つになること。
などの意味合いとなります。
人体であれば
     「魂」「精神」「肉体」/
「個体・骨」「液体・血液リンパ液」「気体・気神経」
健康であれば「身体的側面」「社会的側面」「精神的側面」
時間軸であれば「過去」「現在」「未来」・・・
など、3つの要素が重なり合い大事なのはそれぞれが別個に存在
しているのではなく、3つが重なり合ったところにできる
もう一つの要素、それこそがそれぞれを結んでいる鍵となっております。
体の不具合・不調とは体が「三位一体」に連携・協調・一体でき
ていない状態です。
この「三位一体」という状態をヴェシカパイシスという形象の
重なり合いから数学・物理的に治療法を見出したのが
今回の「三合整体」の内容でした。
内容の深さに反比例し、操作法は至って簡単な操作法でした。
ある条件の整ったところなら体のどこでも問わずに「三合整体」
を行うことが出来、1~2秒で治療は完了いたします。
それまで可動制限のあった肩関節や腰、首、膝・・・
何処にでも対応可能な活法でした。
また精神の問題は「魂」「精神」「肉体」が三位一体が取れてい
ない状態と考えるのですが、それすらも一瞬で連携・協調・一体
化させてしまうカウンセリングいらずの精神療法も公開されました。
人体の難しい問題をあれこれ原因を追究することなく簡単な操作法で二律背反を消滅させてしまう「三合整体」。
今回も参加された会員は全員その技を修得することができました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。