5/7 奥伝会 四系合気整体療法の世界 奥伝其弐 活法整体セミナー参加報告 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

2022.5.9

5/7 奥伝会 四系合気整体療法の世界 奥伝其弐  活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

【整体セミナー活法1】

阪野祐介 先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

いつもお世話になります。
愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野です。

5/7に開催されました奥伝会
「四系合気整体療法 奥伝 其弐」
が開催されました。

奥伝会に参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は奥伝会に参加させていただき、
誠にありがとうございました。

いつも感じることなのですが
教伝会でご教授いただきました内容に
まだこんなに奥があったのかと驚愕しました。

今回の奥伝会の内容は
「筋交いと高さと認識と物語」
について丁寧に解説いただきました。

【感想】

今回は前回の奥伝会・妙見会・武伝会の
内容を更に昇華した内容となっておりました。

個人的には今回の内容も
神回であると感じました。

なぜなら普段意識していなかったことが
ここまで重要だったのかと
痛感した内容だったからです。

「筋交い」の認識と作法を
奥まで踏み込むとこれまでとは
別次元の質の転換を目にしました。

真空は抵抗がないので
エネルギーロスがないことを
これまでにもご教授いただきました。

しかし人間は手で真空を作ることができません。

ではどうすればいいのか…

その手があったのか!

答えは空の世界でした。

ただ空の世界と言っても
概念だけでは再現性はありません。

「言行一致」

今までにも重要な要素でしたが
ここまで重要だったのかと
改めて認識の大事を思い知りました。

そして時間軸も抵抗を持っていることを
再度確認できました。

楽しい時間はあっという間ですが
苦痛な時間は長く感じるものです。

これも真空の世界に通じていたのですね。

機能を高めるのか、低くするのか…

これを筋交いの作法で再現しますと
驚きの質の転換が生じました。

今回は有り難いことに
坐骨神経痛に関して
「四系合気整体療法」の
「筋交い」の作法を扱った
手技をご教授いただけました。

実際に体験させていただきますと
腰から足まで浮いているような
感覚になりました。

両膝を伸ばした状態で
持ち上げることも行いました。

当然上がりにくい訳ですが
筋交いを作法を受けますと
あら不思議、超上がりやすくなりました。

他にも頸椎症、足を真っ直ぐに付けない、
内臓の不調、肩こりなど
様々なバリエーションでの
症例を経験することができました。

筋交いの作法、ホント奥深いです。

法術の世界の内容が続いていますので
しっかり学び修得して還元してまいります。

本日の教伝会、どーなっちゃうのでしょうか!
めっちゃ楽しみです♪

前野会長、千葉司家、由利司家秘書、
会員の皆様、

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市
共和阪野活法整体院
阪野祐介

【整体セミナー活法2】

坂下武幸法玄 先生 東京都渋谷区

会員のみなさんお世話になってます。
東京都渋谷区office法玄坂下です。

四系合気奥伝会参加報告になります。

衝撃はラストの機能アップでした。
仰向けで足をまっすぐ伸ばしたままゆっくり挙げる動作。

参加者が次々軽く、空気で満たされたように挙げられるようになりました。

脳を、背椎を、液を、神経を、、解剖学的にいくら対象に手技を行なってもあのように変化は絶対に起きないと思います。

完全に法術魔術の世界でした!

私は胃が不調でしたが、筋交を受けると手でいくら痛みを探してもどこにもなく、更にどんどん元気が出ました。

床との関係性をつくるのに道具を使い、既成事実をつくってしまうという方法が昔からあるということで、葛飾北斎は脳卒中で2年間寝たきりから復活していますが、当時そういった方法を受けていたのかなと想像しました。

千葉先生は先代から、こーやればいいんだ、治る時は治るんだとかなり直観的、感覚的な教えを受けた?ようで、千葉先生自身幼少からこれらを自然科学的に構築する作業があったようです。

そのような千葉先生の大変な作業がなければ、教えを受けてもちんぷんかんぷんだったと思いますから、今相伝を受けている会員は奇跡的な状態だと思います。

一般には相伝を受ける機会すらない、桓武以来の千葉家の御家芸を伝えて頂く上に、千葉先生が科学的に構築し、現代的に出来上がったものを修得することができます。

筋交で高低をつくるだけで瞬間的に状態が変わってしまう。

このようなものが体系的に残っている上、わかりやすく説明も受けることができる。。

そんな上手い話、世間では転がっていないため、ネット上で情報を見かけても、9割が

「そんな上手い話ないだろ~」

「とびっきり怪しい」

「インチキか、カルトか」

となってしまいます。

私はちなみにネット上で見かけてすぐにピンとセンサーが反応し、すぐに教伝会に申し込んだかなり少数派の奇特なタイプなんだと思います。

先日、モーリーが電車にて

「妙見活法という凄いものがあり、、」

という拡め方をしていて、全く拡がらないというので、それはイケナイと話し、私は、

「頼朝公以来、日本の要人がずっと密かに受けている儀式」

「普通、一般の人は受ける機会がない」

「政治家が1回☆☆万円で受けていた」

「縄文以来の、現代では失われた技術による治療」

などなど話し、本来は誰でも受けることができることはできないものを、諸々の事情で今だけ受けることができると言った方が効果的。

という私の方法をシェアしました。

それ位、妙見活法は公になってしまうとたちまち怪しくなってしまうという、性質上しょーがないところがあります。

ましてや、手技療法の世界は○○○○○○○○や○○○○などは、石ころのような手技をネット上で撒き散らしているため、そこから玉を拾うのはよっぽど幸運な人だけになります。

玉の中の玉に辿り着いた規格外にセンサーの発達した会員は間違いなくイケてますね、イケイケです。

医学と違う、当たり前の部分を扱っていくんですよと利用者によく話しますが、今回の内容を利用者に体感させることができれば、本当に解剖学と関係ない世界があるんだという体験をして頂け、認識の書き換えができる機会になります。

今日から早速また新たな法術の世界を利用者に体験してもらおうと思います!

ぶっ飛んだ相伝の機会を頂き、

千葉司家
由利司家秘書
前野会長
会員のみなさん

有難う御座いました。

【整体セミナー活法3】

山下建妙恭 先生 神奈川県横浜市

奥伝会参加報告です。

腕をクロスし、ジャッキの要領で、

効果を高めたい、または高ぶっているとこを低めたいとの認識と行動が合致していれば良い。

妙見活法の面白いとこですね。

四系のまとめで、応用編もいろいろ見て体感することが出来ましたので、現場でお借りしていきます!

本日もありがとうございました~!!

【整体セミナー活法4】

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。