5/9第60回教伝会 合気五大療法の公開 法術 竹之節 特別相伝 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2021.5.13

5/9第60回教伝会 合気五大療法の公開 法術 竹之節 特別相伝 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらをご覧ください。

お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます。

 

【整体セミナー活法1】

由田康二先生 東京都調布市

5月9日教伝会の参加報告をいたします。
記憶が飛んでいるところがありますのでご了承ください。

1月の一之活
2月の二天二応療法
3月の妙見エネルギー療法第三章
4月に四壱之角ときて

5月は五大療法です。こういう語呂合わせ好きです。

「円運動は縦横の動き」

一瞬「?」ですが、説明を受けると納得です。言われてみればその通りです。

シンプルですが、気が付かないことばかり。いーーーっぱいあります。

妙見法術は、自然界にもともとあるものを「発見」しただけ、と千葉先生はおっしゃいますが、発見の宝庫ですね。

時計回りの歯車が、隣接する歯車を反時計回りに回し、反転する。
ひとつの歯車が、無数の歯車を反転、反転、反転させ、全身を動かす。
このイメージが大事なんですね。

「釣り忍」
「竹の節」
「五大療法」
「井桁まわし」

今回の教伝会も盛りだくさんの内容を相伝していただきました。

「釣り忍」の作法は難しいです。
休み時間に、米R会員に痛めつけていただき、K林会員に釣り忍んでいただきましたが、
体の使い方も難しく、痛みは減りこそしたものの、ゼロにまですることはできませんでした。自分もまた然りです。

いつも貴重な臨床報告のメルマガ投稿をしてくださるB野会員に、
「あの臨床報告は具体的にどのような感じだったか」
を聞かせていただき、相伝の時間のみならず、休み時間も本当に実のある時間でした。いつもありがとうございます!B野会員!

おせんべいを食べながら、なかなか妻には切れ味よく活法をきかせられない、(牛蒡抜けないし、四壱之角れない)話をしたところ、M野会長もB野会員も「そうなんですよ」と共感の空気になりました。
相手側の感性の作用があることを知りました。

「どこか痛いところのある人~」と千葉先生に言われて、

Y下会員が「ヒザが痛いです」と言って、前に出てきたのが嘘くさい、とザワつきましたが、

僕は知っています。彼の所作はたしかに嘘くさいですが、

休み時間にヒザを曲げて痛がっていたところを目撃しました。
よってあれは芝居ではありません。
そして先生の術は確かに効いていました。さすがです!

皆様とのご縁を活かし、良い流れを作っていきたいと思います。

お読みくださり、ありがとうございました。

東京都調布市 由田康二

【整体セミナー活法2】

坂下武幸先生 東京都港区

5/9教伝会の参加報告です。

第5螺旋、玄義シリーズの総決算になる竹之節、水曜武伝会で先取りしていましたが、あんな風になるとは予想できませんでした。
見た目にも、竹之節で合気がかかった山下会員、阪野会員は微動だにしませんでしたね。

私も最近胃の疲れを感じていて、左の背中に違和感がありましたが、千葉先生から竹之節をキメテ頂くと、背中が緩々になったどころか、頭までスッキリして、疲労がポンっと抜けたヒロポンのガンギマリでした。

千葉先生の、
「妙見の立場は文系でも理系でもなく現実主義」
という言葉が非常に腑に落ちました。

妙見の教えについての認識は、道理学、人間工学、というものでしたが、更に現実主義という認識が加わりました。

「実際のところどうなのか、、」

妙見の教えに触れてから、こう反芻して検証する機会が増えました。

ウイルス騒動後は特に巷に流布する情報の真偽は限りなく判別しずらくなり、

第一次情報や実際的なデータに見たり触れたりしない限りは下手に判断しない方がいい情報ばかりになっています。

ナイチンゲールの「現実主義」が戦争の実相を知らしめたという話、

今では戦争の死者は病死者が大半ということは知られていますが、

それはナイチンゲールが地道にデータをとったことによるものでした。

今回の理論は非常に濃厚なものになり、

相伝を受けるようになってから触れた「妙連」「卍」「背反による拮抗」などが千葉先生によって眼に見える具体的な形で示されながら、

四角と円の働きについてお話しが進んでいく様は、超一流料理人のデモンストレーションを見るようでした。

また、以前少し話しが出た妙見式の姓名判断について、

より具体的にどうみるかレクチャーがありましたが、名の意義を見ていくという話は非常に興味をそそるものでした。

私は旧姓が坂本で、今は坂下武幸ですが、坂の下で武縁を拾うのに幸があるといったところでしょうか。

今までも色々トリッキーな武縁がありましたが、その究極とでもいえる妙見の教えにご縁を頂けたのは名前によるものかもしれません。

世間一般でみる画数について妙見ではどうみるかも説明がありました。

姓名判断は秘伝会にて詳しくやっていくということで非常に楽しみにしています。

どんな動作制限で、生活にどんな課題があるかを千葉先生が解説されていたのも非常に面白く、

うちの利用者に合った世界観なので早速活用させて頂きます。

最近、臨床で形象を色々試していて、丁度九字切を色んなアレンジで使っていましたが、

縦横から円の展開ということで説明があり、より具体的な認識を持つことができました。

玄義シリーズ総決算に相応しい術理と法術の相伝となり、よりしっかりした理解のためにはDVDで復習する必要がありそうです。

素晴らしい相伝を受ける機会を頂き有難うございました。

早速奥沢に戻り、メニエールの50代男性と、屈む時に強い腰の痛みが出る40代女性に施術しました。

メニエールの男性には竹之節で、2、3回試すと強く合気がかかったので3分程放置し解放すると頸肩背中が緩々になり、

目眩もなくなりスッキリということでした。頭蓋の内圧も触診するとしっかり減圧されて、

脊髄液も腰まで滞りなく巡っているフィードバックがありました。

竹之節、改めて凄い一撃必殺だと感じました。

腰痛の女性には私が千葉先生から受けた竹之節のバリエーションで対応しました。
竹之節の後に腰を触診すると、左腰にあった強い強張りが抜け、屈んでも痛みなく動けるようになりました。

どちらも竹之節だけで対応したので、施術時間は5分もかかりませんでした。

メニエールの男性は目眩がなくなりスッキリしながら実感なくぼーっとしていましたが、

腰痛が抜けた女性は何度か屈む動作をして、

「なんで痛みがなくなったの?」と驚いていました。

この1年ほどオステオパシーや気功を毎週受けてもスッキリ痛みが抜けなかったようです。

竹之節、次の相伝まで追究したいと思います!

東京都港区 坂下武幸

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。