6/21妙見会 妙見信仰と玄義法道之活 合気整体 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2020.6.22

6/21妙見会 妙見信仰と玄義法道之活 合気整体 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます。
お申込みはこちらからどうぞ。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます。

【整体セミナー活法1】

【整体セミナー活法2】

坂下武幸先生 東京都世田谷区 

千葉司家、由利司家秘書、前野会長、会員のみなさんお世話様です。

玄義法道之活妙見会、武伝会参加報告になります。

妙見会、武伝会共に溢れんばかりの合気バリエーション大放出でした。

妙見会では「抜けなくなる手」から始まりました。この所作は天帝丁之活で相伝があった牽引にも繋がる内容で、

臨床でよくお借りしているのですが中々上手くいかず、千葉先生からいくつか要訣を教授頂くと随分やりやすくなりました。

いくつかのバリエーションがありましたが、要訣を押さえていれば臨床でも上手く使えそうです。
合気については、通常術理を教わる機会すらないので、術理を教わっただけでも気の遠くなるような労力を省略できます。

大東流柔術の道場では、何年も毎朝稽古に出ていても全く技に進歩がないということは散見され、

稽古に行くモチベーションが下がります笑

実際に、ある時点から次の技に進めずに7,8年かかることがザラにあります。

身体は粘りが付き、中々こちらの技がかからなくはなるのですが。

車輪についての縦横の考察、縦横の世界については成る程と思いました。もっと横の世界を濃厚に展開しようと思います。

数日前の転倒から、背中のアザ以外の尻や背中を貫通して胃の周辺に痛みや強張りが残り、自分で色々やりましたがとれずにいました。

千葉先生から、不動点と動点をつくる活をやって頂くと胃の周辺の強張りや痛みは完全にとれ

仰向けになる際に色んな所が痛くて連動が悪かったのがなくなりました。ほんのちょっとの所作で!

有り難う御座います。

これは使いやすく簡単にできますし、即効性を実感したので臨床では沢山お借りしそうです。

久しぶりの武伝会は引き続き合気のバリエーション続々でした。

今まで武伝会では合気に関する所作について色々解説がありましたが、まだまだこんなに次から次へバリエーションがあるのか、

と驚きしかないですね。

相手に悟られず微妙に違うベクトルを入れるのが課題だと感じました。

繊細な同乗者にはよく車のブレーキの掛け方が荒いと言われるので、

さりげないスピード変化を意識して生活しなければいけないと思いました。

押し引きの所作などはよくお借りしますが、今回の武伝会での相伝を整理し反復すれば、

臨床における術のキレは格段に変わるでしょう。

昨年の天帝丁之活では牽引についてかなり詳細な要訣の公開があり、私も臨床では必須な活法になっていますが、

牽引でしっかり「死に体」に誘導した上でしっかり覚醒させれば、活殺自在ということになります。

牽引一つとってもまだまだ要訣があることに驚きしかないですが、

臨床でもっと牽引については検証せて気付きを得なければいけないと思いました。

千葉先生、素晴らしい相伝有り難うございます。

練習に付き合って頂いた方々も有り難う御座いました。

東京都世田谷区 坂下武幸

 

【整体セミナー活法3】

阪野祐介先生 愛知県大府市

6/21に開催されました妙見会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

前野会長、千葉司家、

この度は妙見会に参加させていただき、
誠にありがとうございます。

今回も妙見の教えから本質を学びました。

妙見会に参加させていただいた際に感じることは、

広い視点から包括的に妙見の教えを
妙見問答を交えて深い部分まで認識できる
ということです。

能動的に疑問点を質問したり発言したり
とても雰囲気の良い環境で
妙見医道を学ぶことができる魅力があります。

今回の内容は「合気と法道之活」について
深い部分までご教授いただきました。

今回もオンライン妙見会を
タイムリーに参加させていただきました。

参加人数が少なかったので
手取り足取り学べる環境となっており
参加できた会員は運がいいと思いました。

最初に「玄義法道之活」と「玄義豊受之活」の
連なりをご教授いただきました。

高いところとの接地を大切にして
借り方を解明していくのが「玄義 豊受之活」

合気のコツを細かく解説いただきました。

戦いには勝ち負けがあります。

負けるとは…負けないとは…

戦いには1日で勝負がつくこともあれば
何日もかかって勝負することもあります。

合気は勝つこともできるし負けることもできる
つまり両方もっている状態のこととのことでした。

個人的に驚いたのが動作上で
自然に殺が入ってしまうことがあるということです

膝倒しを例に解説していただいたのですが
そうだったのかと新たに認識しました。

縦ができると横に行ける…

十王の概念と似ていました。

圧巻だったのが坂下会員の
背中を強打した際にできた痛みが
ひと触れで質が転換した光景です。

アザができるほどの衝撃を受けての痛みが
瞬時になくなるのはおったまげました。

他にも栴檀会員が上がりにくかった腕が
スッと上がるようになったり、
山下会員のエキセントリックな姿勢での
首の痛みがなくなったりと見ごたえ抜群でした。

後半には「玄義豊受之活」についても
少し解説をいただきました。

宇宙からの作用を引き下げてくる豊受。

玄義から「いんよう」から「おんみょう」に変わり
五大の要素を活用していくことになります。

五大は自然界の中に存在しますので
その場に存在します。

他から借りてくることをしなくても
その場で作り出すことができます。

神仏との接点、患者さんとの接点、

この接点をの認識を新たにすることで
豊受の作用がバージョンアップするのだと感じました。

第五螺旋、また奥深い相伝が目白押しです。

たくさんお借りして患者さんのお役に立てますよう
精進してまいります。

余談になりますが、

妙見会の途中で以前に勤めていた同僚から
左膝がロッキングして痛くて座ったまま動けないから
来てくれないかとのヘルプの連絡がありました。

どうせならと思い遠隔治療を提案し
それでも治らなかった場合は後で伺うことで
了承していただきました。

「天帝五輪法」をお借りさせていただき
地と空の手印をお借りしました。

三輪会員のようにすぐには質が転換しませんでしたが
妙見会が終わって少し経ってから
折り返し連絡しようと思っていた矢先に
相手から突然治ったと連絡がありました。

手印をお借りしてから
20分程のタイムラグがありました。

全く動けない状態から急に動けるようになったので
質が転換するのに時間がかかることもありえるのか
お伺いさせていただきたいと思います。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市  阪野祐介

 

【整体セミナー活法4】

山下建先生 神奈川県横浜市

妙見会、武伝会ともに「合気」状態を体現できるようにご教示していただきました。

これまで合気というのは達人にしか使えないものだという刷り込みがありましたが、

千葉先生のお話により「日常にあるものなんだよ」

ということで既成概念が徐々に解けつつあります。

ありがとうございます!

「合気に入れよう」では合気状態にはならない。

うまく合気に入ってるときは自然~。

入っている時は自然と合気状態に自分もなってるので、コレはキテルなぁとわかりますがまだまだ精度が低いですが、

これから楽しみな課題です(*^^*)

膝倒しにも活殺がある。

千葉先生が腰を一瞬触れたら固くなりました。
背中もカチカチに。(殺の動作で、なにをされたのか、、)

そこから、活の動作をすると、くにゃくにゃになりました\(//∇//)\

シンメトリー(合気)/
鉄棒などは、シンメトリーな動作が多く合気に入りやすいので固まりやすいというお話がありました。

日常の動作や形状で考察してみると、

車のハンドルなどを持つとき。
自動車教習所ではシンメトリーに持つように指導するアホな教官もたまにいます。

左右崩してハンドルを持つと、初心者ぽくないので、
シンメトリーに持ち、やたらと肩が凝った覚えがあります。
シンメトリーな動きでいえば、北◯◯の行進とか^^
観てると息苦しさを感じます。
同じくな動作は洗脳するには好都合なのでしょう。

美を追究して、歯並びを良くしたいということで歯列矯正のワイヤーしている方もいらっしゃいますが、
反転して不具合が出やすいようです。

これなどはワイヤーで負の疑似合気がかかっている状態でしょう。

絵画もシンメトリーが強いと身動きできなくなってしまうそうです。

無傷とか、完全体だと傷に弱くなってしまう。
エリートとか、そんな感じですね。

適度に崩れているからいい。

動物なんで不安定と安定であれば不安定とお友達なはず。
倒れるまでは不安定だけど、雪崩れと一緒で倒れきったら安定する。

スキーなどは不安定の安定、安定のなかの不安定、
上手くなればなるほど虚実皮膜の動きが内包されています。

日常にある合気のコツを探してみます!

神奈川県横浜市 柿の木整体院 山下建

【整体セミナー活法5】

妙見会撮影記

今回の妙見会では、合気のとらえ方を、

妙見活法の妙見からの教えに沿った内容を、

物理現象でのとらえ方をリンクさせ、

玄義法道之活 合気整体の理を学ぶ機会となりました。

当初の学びから、

妙見さまからの「お借りする」事の意味や意義を合気のとらえ方と、

活殺自在にするための大切な「橋渡し」

をするお役割が重要な上達、うまく活かすための必要なコツ

五輪の学びから「接点」が重要なキーワードである講話などがありました。

講道館柔道の学びから源流である柔術の本物の合気の世界の実技がありました。

「引かば押せ、押さば引け」の合気で相手を不動にする術義の教授

「持ち手を変える」ことで相手を不動にする術義の教授

「地」の入れ替えで瞬間に体の緊張感を緩和させる不動にさせる活殺自在の術義の教授

今回も千葉先生からの手解きを頂き、

明日からの「触れ」の質の向上を頂けた貴重な学びの機会となりました。

参加会員の皆様 リモート参加の皆様、千葉先生 由利秘書

今回もありがとうございました<(_ _)>

DVDお申込みの会員の皆様お楽しみに(^^♪

以上撮影記でした。

令和2年6月22日

正伝妙見活法協会

前野功妙経

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。